FC2ブログ

走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

江ノ島の寒椿

成人の日があまりの晴天なので、妻が「江ノ島に富士山を見に行来たいが午前中でないと雲が出るから」と言うので朝8時ごろ急いで家を出た。
大船からモノレールに乗って「ゴトン・・ゴトン」と独特のゴムの車輪の音に身を任せた。

木々に包まれた鎌倉の家並みを上から見おろして、その屋根の上の遠くに真っ白な富士山が見えた。反対側を望むと相模湾の水平線が青い空に線を引くように銀色に輝いていた。

モノレールの駅を降りて15分も歩くと鎌倉名物の江ノ電の踏切を渡った。古い家が建ち並ぶ中を見下すように新しいマンションが競い建っていた。

海岸に出て江ノ島の橋を歩いていると海風が強く吹いていて屋台のテントをなびかせていた。帽子が飛ばないように手で押さえながら橋を渡った。
朝、まだ早いのか人出は少なく外人さんが路上で絵画を並べる支度くをしていた。
誰かがパンくずを投げると輪を描いていた鳶が目の前を急降下してパンくずを銜えて飛び去った。その早業、羽根を翻した目の当たりの鳶の姿が衝撃的に心に残っている。

江ノ島は何年か前に来た時と同じように売店が並び静かに控えめな客寄せの声がしていた。
どこの観光地とも同じような品物が並んでいるかと思うと、やはり江ノ島はサザエやハマグリのような海産物が主役である。
家伝の海苔羊羹に目を奪われていると妻が袖を引くので立ち止まることなく石段を登った。

以前来た時には無かったエスカレーターが島の頂上まで石段を登って歩くこともなく体を運んでくれた。
まだ新設されたばかりの展望台が目立ってそびえていて登ってみる事にした。

見晴らしが素晴らしく良く遠くに富士山が少し雲が巻きつけるように見えた。小田原から綺麗な弧を描いた海岸線が見えた。ヨットの集団が白波を切つていた。双眼鏡に100円入れて覗くと横浜のランドマークタワーが小さな蝋燭のように見えた。僕の住む洋光台の近くの円海山を探したがどの山だか分からなかった。

お昼の蕎麦を食べてから、海岸に下りて与謝野晶子の歌碑があるという岩屋の洞窟を見てきた。
此れも欄干付きの木道が新設されていて岩を打つ波を見ながら洞窟に入った。何万年か年月を重ねて波に侵食され出来たと言う洞窟である。だが観光用に電飾を取り付けていて自然のままにして欲しいと思った。

江ノ島で一番気になった事は「野良猫がいない」と言う事だつた。あれだけ捨て猫の島と言われたほど多くのの野良猫は一匹もいなかった。
藤沢市で駆除したのだろうか「猫一匹もいない」というのは寂しいものだ。
どこかで子猫の声がするなと思ったら土産物屋さんのぬいぐるみの猫だった。

「見晴らしが良いですよ、一休みして食事は如何ですか」と言う呼び声を尻目に、帰り道は妻が「裏道がある」と言うので裏道を通った。売り子のおばさんに呼び止められることもなく静かに椿の枝をくぐって坂を下った。
その枝に痩せた椿の花が一輪咲いていた。崖の下を覗くと岩に白波が立っていた。「椿の花も潮騒を聞いているのだろうな」とふと思った。
白波も椿の花も妻には見えるけれど葉の陰でさえずるメジロの声も潮騒も聞こえない。妻には雑音の無い世界なのである。

* 潮騒に聞き耳立てて寒椿    つとむ

久しぶりに一句手帳にメモして俳句の吟行のような気持になった江ノ島めぐりであった。




拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2007/01/10(水) 23:59:20|
  2. 小説・エッセイ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:16

座右の銘に

2006年09月25日
カール・ロジャース
共感、無条件の信頼、自己一致。
この3つが揃っている人とのコミュニケーションがあれば、
人はその人自身の力で自ずと成長する。
            
これは、臨床心理学者であるカール・ロジャースの言葉。
彼のパーソンセンタード・アプローチは素晴らしい!


あなたを中心に、あなたの枠組みで共に感じ、
あなたのプロセスを信頼する。

だけど同時に、私は私自身を失わない。

私は自己一致を損なうことなく、あなたと共に在る。
そして、より新鮮な生き方や冒険に乗り出す。


なんと深くて、透明で、おごそかな存在の仕方だろう!
テクニックではなく、在り方を極める。

自分の行く方角を再確認。
うん、これでよい。

(真琴ちゃんの記事から)




  1. 2006/09/25(月) 11:09:57|
  2. 小説・エッセイ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

キャベツとダイエット

  キャベツとダイエット  いのうえ つとむ

先日テレビでダイエットの話をしていた。腹の出た超肥満の男性の写真と、スマートな同じ人の写真が並べられた。人気番組だからご覧になった人は多いと思う。その人はお医者さんでダイエットに無理なく成功したのである。それがキャベツを食事の前に生で食べて成功したと言うので、ハタ!と見当たる事があった。

それは厚木のタモ名人、鮎釣の師匠の河井さんである。昨年お会いした時、一見して糖尿ではないかと思い「糖尿は恐ろしいよ、僕の友人で失明して、透析をやり・・そして今は息をしているだけ」・・「もし友人の事がなければ、自分も後1年も手を打たずにいれば、失明は間逃れなかった」とくどいほど話した。

「失明は突然襲ってくる、朝まで何も無かったのが顔を洗ってタオルで拭いたところ真っ暗で何も見えなくなったと聞いている」と真剣に話をした。

タモ名人河井さんはその時74キロの体重で食前の血糖値が245であった。以前警察官であったころは確か80キロと聞き覚えている。血統測定器が2個あったのでお渡した。

後日鮎釣の時に車の運転をしながら「眼が見えなくなったらオレは自殺するよ・・と言うと・・うちの奥さんが凄く怒るんだよ・・眼が見えなくなったら好きな鮎釣に行けなくなるからなー」と話をされていた。
聞いていて心配でたまらなかったので病院に行くように話をした。

それから年が明けて鮎の季節が来てまたお世話になった。
本厚木の駅前まで迎に来てくれた師匠の河井さんを見て驚いた。人違いではないかと言うほど痩せている・・もしや糖尿病が原因で痩せたのではないかと尋ねたほどだ。
重度の糖尿病になると体重が激減すると聞いていたから。
そのような僕の心配をよそに、ニコニコしている河井さんは「食事で減量したんだよ」と言われたのでひとまず安心した。
「74キロの体重が今54キロ・・ここまで痩せると体力が無いので川の流れの強いところには入れないよね・・危なくて」と言われていた。

夕食の時「此れが僕の夕食だよ」と見せてくれたのは大皿に山盛りにしたキャベツの千切りに、ちょこんと乗せた魚のカンズメ。
お酒大好き・・甘いお菓子大好き・・間食は常・・此れが今までの食事だそうで・・今はお酒は控えて間食は無し・・その努力に感服した。

ダイエットは簡単ではない、急にするとリバウンドして元の木阿弥と言う人が多い。
河井さんの信念の強さに尊敬の念を抱いた。中々出来ない、苦労しているのが多くの人だ。

早速テレビの話しを電話して河合さんに現状を確認した。
「本当?・・キャベツがそんなにいいの・・じゃあ・・キャベツが良かったんだね・・今は61キロだよ・・54キロでは辛いからね・・血糖値は110~120だよ・・ああ・・それから・・かぼちゃも主食だったね・・毎食かぼちゃ1個の6分の1・・ぐらいかなー」
こともなげに話してくれる鮎釣の師匠の河井さんである。
「18日にうちのが(奥さん)おはぎを作るから来ない?」
「へー甘いものだねー・・18日は用事があるのだけれど」
・・考えた見ると用事は午前中だ、午後なら行ける、「甘いおはぎ」をご馳走になろうと思っている。

(2006・9・12)


 
拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2006/09/12(火) 21:17:39|
  2. 小説・エッセイ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

今日のの出逢い

  今日の出逢い  いのうえ つとむ

葉桜が風に揺れていた。孟宗竹の竹林にかこまれた白い家が見えてきた。
「ここだよ」と車から降りると
「おくさーん、大森です」
「はーい」
「今日は芹を採りに来たよ」
「どうぞどうぞ、何でも採っていって下さい。筍も又出ていますよ!」
明るい声がして奥さんが窓を開けられた。見ると品の良い白人の外人さんだった。
「お声だけでは外人さんとは解りませんね。日本語が上手ですね」と大森さんに聞くと
「そうだよ、日本語はぺらぺらだからなー、一年に一度はドイツに帰られると聞いている」と笑いながら話してくれた。

芹を少し採ってから玄関に来て
「これが芹だよ」と大森さんは芹を見せながら,トラックの荷台の中の新鮮な野菜を一箱手渡していた。
「有り難う!」と返事をしながら奥さんが出てきて嬉しそうに野菜の箱を受け取っていた。
大森さんは自分で作った野菜を何時も今日のようにお届けしているのだな?と思った。
「ここにも野蒜があるよ、井上さんこれ採ってもいいよ」と玄関脇の草の中を教えてくれ、大森さんは筍が生えてきたという庭の奥ヘ行った。

しばらく野蒜を採っていると一台の車が玄関前に入ってきた。
車から降りられた方がここのご主人だな?と思ったので
「今日は」と挨拶をすると
「どちらさんでしょうか」といぶかしそうな顔をされていた。
それもそのはず、見知らぬ爺さんが自分の玄関先で草を採っていては、 不審に思うのが当然だ。
「あの・・大森さんと」と言うと、すかさず
「あ!そう」とにこりと笑われた。この返事の一言で、大森さんの人柄の良さが分かった。

大森さんと奥さんが玄関に戻られたので、芹の食べ方や野蒜の食べ方を教えながら「美味しいよ」と話して、採った芹と野蒜を渡そうとすると
「せっかく採ったのだから持って行ってくださいよ、まだいくらでもありますから」と僕に譲ってくれた。 凄く感じの良い方だなーと思った。

「インターネットされていますか」と、なんだかパソコンをしているような感がしたのでそれとなく聞いてみた。
「うん、少しだけれどね」
「ああ!良かった僕もブログ書いているんですよ!」
「へー・・凄いじゃん、見たいナー」
「詩とエッセイだけれど、昨年の五月から始めて300編ぐらいになりました。拙いものですが・・」
「ぜひ読みたい、教えて!」
「ヤフーで、でんどう三輪車で検索して下されば出ると思います」
「おーい、ケンチヤン、メモ持って来て!」
中から小学校の5年生ぐらいの子供さんがメモの紙とボールペンを持ってきてくれた。
でんどう三輪車と自分の住所、氏名、電話番号を書いて渡すと、ご主人も同じようにご自分のを書いて渡してくれた。
「車の中で食べて下さい」と帰り際、奥さんの作られたケーキをポケットに入れてくれた。
今まで大和撫子のカップルは良く見掛けたけれど、今日、素晴らしいご主人に会って、外国の女性に好かれる、魅力のある日本男児の方が居られるんだなーと、ツクヅク思った。日本の男性が魅力に欠けるので、外国の女性にもてないのだという、今までの偏った思いを考え直した。

「ここのご主人は、音楽家なんだよ。俺は演歌だけれど演歌ではないんだ。クラシックを演奏されているんだよ。上智大学を出られているんだ」と運転しながら大森さんが話してくれた。
あの品格と人柄を思うと、なるほどと思った。

しばらく畑の中の道を車が走り、芹が一面に生えている休耕田で芹を摘んだ。
それから大森さんの知り合いの葡萄園の農家に立ち寄った。
明るい話好きの奥さんが、いろいろな庭の花を案内して見せてくださり、ハーブのミントを植えるようにと、一束お土産にくれた。
車の中でもハーブの良い香りが漂っていた。

4月の月初めに、箱根の姫の湯で山に登った帰りに立ち寄ったという大森さんと温泉で知り合った。帰りは電車で茅ヶ崎まで帰られるという事なので帰りを共にして電車の中で話が弾んだ。
「少しばかり畑を作っていて、会社は55歳で退職し、今は朝2時には起きてね、牛乳配達の仕事をしているんだよ」と自己紹介してくれた。自分も今、メール便の配達と夕刊の配達をしていると話した。
「雨が降っても風が吹いても仕事があるからなー」と同じ苦労話が一致した。
「僕は芹が大好きなんだけれど、どこか芹の出ているところは無いかねー」と話をして、自分の名前と連絡先をメモして渡した。

先日、突然・・大森さんから電話が来て、
4月23日、買ったばかりの980円の長靴を履き、茅ヶ崎の駅で待合せて、芹を採りに連れて行ってくれた。
車は街から随分離れて山の中に入って行つた。走っている車の窓の外を見ているとタンポポが咲き、どの農家の屋敷も蕗が生えていて美味しそうに見えた。
それが今日の良い出逢いになった切っ掛けである。

帰りも大森さんに茅ヶ崎の駅まで送っていただき、大森さんと又姫の湯で会うことを約束して別れた。
時間があったので、箱根の姫の湯で疲れを取って、ゆっくり家路に着いた。
今日の一日は、良い出逢いがあり、人生の一ページを飾れたことに感謝の思いで一杯である。

(2006・4・23)



拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください








  1. 2006/04/24(月) 16:40:48|
  2. 小説・エッセイ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:8

黒いチューリップ

 黒いチューリップ  いのうえ つとむ

四月半ば,春といっても寒い日が続くこのごろ、今日も寒冷前線が空を覆っていて自転車のハンドルを握る手が冷たい。
メール便の配達コースで庭に花が咲き競う住宅地がある。今流行のガーデニングというのだろう、三色すみれの鉢が並び枝垂れ桜も咲いている。四季を通じてそれぞれの花の競演で見飽きることは無い。
その住宅の通りに「いちご堂」という小さな看板がある。鍼灸院の看板で毎日のように配達する家である。
中年の婦人がチューリップを鋏で切っておられた。鍼灸院の先生である。「今日は、綺麗ななチューリップですね」と挨拶すして、メール便の封筒を手渡すと
「郵便やさんですか、お花をを持っているのでポストに入れて」
「メール便です、じゃあ、ポストに入れときますね」
「そうして下さい」
「大きなチューリップですね」
「でも、すぐ散ってしまうの」
「この黄色の花は芯のところが黒いのですね」
「そうなの?・・私は見えないのよ、だけれど紫の濃いのと違う?」
「そういえば紫かもしれませんね」
前にも挨拶をしたことが一度あったが初めて目が不事由だと知った。
普通の眼鏡をかけておられて外見では分からなかった。
「こちらの赤いチューリップのほうが濃い黒い色に見えますね」
「どれですか、これ?」
「よく見ると紫の濃い色ですね」
「オランダはチューリップの国でしょ、黒いチューリップで戦争したと言うからね」
「黒いチューリップ・・そんな謂われがあるのですか?」
「私は事故で見えなくなったの、最初は黄色い色や赤い色から見えなくなったのよ、色盲ってあるでしょう、ああゆう感じからね」
「大変ですね」
「私は見えないけれどね、お客さんが喜ぶと思ってね、ガーデニングの専門の方にお願いしているのよ。ところで貴方のお名前は?」
「井上と言います」
「どちらにお住まいなの。洋光台?」
「はい、五街区に住んでいます。うちの妻がローアなのですが、途中で失明されると大変ですね」
「いいえ、そうでもないわ。貴方手話されるの?」
「僕はしません、口話です」
「口を見て話すのね。私もね、点字しないのよ。小説もテープがあって聞けますからね」
「ああ!僕の同級生の仲の良い友達が、かれこれ20年ほどボランテアで小説など本の朗読をテープに入れていますよ・・夜中の2時ごろまで起きているとか」
「そう!有難いわね。人のためになることは良いことだわね。良い人生ね」
「なかなか出来ない事ですよね」
「お宅の近くに、・・・大嶋さんというローアの方がいるでしょう」
「妻の友達です」
「一度来られたのよ。災難にあったときに連絡できる会を作って市と話を進めているのだけれど中々はかどらなくてね」
「そうなんですか」
「でも最近は好くなったわね。ここのところ市のほうも好くなったわ。皆が変わってきたわ・・先日も二人の方が道案内をしてくれたの。以前は石をぶつけられたからね」
「今ははテレビでも手話をやるし社会の目が変わってきましたね」
「私たちは杖があるから外見で分かるから良いけれど、ローアの人は見た目で分からないから大変ね、張り倒されたことがあったと言うからね」
「以前はオシだのツンボなのと言われていたからね」
「私ね一度懲りたことがあるの。手話通訳が良くなくて誤解されてね。障害者同士でも意思の通じないことがあってね」
「手話も難しいからね」
「私パソコンをやっているのよ!文字が音声に変わるの!」
「そう!凄いね!僕もブログで詩やエッセーを書いているのです」
「何人の人が読んでくれているの」
「一日150人ぐらいかなあー」
「凄いはねー読みたいわ。今度機会があったら読ませてもらうわ」
「ぜひ読んでくださいね」
「私ね、目が見えなくなってからお声で人柄が分かるのよ。今のほうが前より人生が充実しているのよ。見えるときは見逃していたことが見えるのよ」
「目が見えると表面だけしか見ていませんからね」
「外見で判断するのではないのよ。心の奥が見えるのね。怖いわよ!フフフ」
「・・・・・」
「貴方いい人だわね」
赤いチューリップも黄色いチューリップも芯の周りが濃い紫色の黒い色であることを、このとき・・しみじみと見ることができた。
いつもは通り一遍の見方でたで「綺麗だだなー」と見ていた花である。

(2006・16)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2006/04/16(日) 02:59:57|
  2. 小説・エッセイ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)

花冷え

  花冷え  いのうえ つとむ

桜の花の蕾にも冷たい雨!
蕾が開かんとする時にも冷たい雨!
満開の桜にも冷たい雨!
散り行く桜の花にも追い討ちをかけるように
又冷たい雨が降り注いでいる。

桜にとって今年は試練の年のようである。
久しぶりに暖かい春の日差しを受けた枝垂桜を、先日妻と妻の友達と三人で見てきた。
其処は酒匂川の支流の中津川に沿った集落で「寄」と言う字の一文字で「やどりき」と読ませる珍しい地名である。
小田急の新松田の駅を降りてバスに乗ったのだが10時55分発ということで40分ほど駅前で暇をつぶした。
バスの案内所を訪ねたとき「寄に行くのには何処で乗るのですか」と聞いた。「3番のバス停です。今度は10時55分です」と教えてくれたので、バス停を確認していた。「桜を見に行くのですか、寄と聞かれたので」と親切にも案内所の受付の婦人が地図を持ってきてくれて道順を教えてくれた。

バスは時間どうり出発して新松田駅の街路を離れて、よく整備されたアスファルトの舗装道路の山道を登っていった。
山の道路が蛇行していて桜の花が思い出したように所々咲いていた。谷底は予想していたより深く「こんなに山奥だったのか」と思いながら窓の外の景色を眺めていた。
しばらくして山の谷間の少し開けたところに家が五・六軒見えたきた。
やがて家並みが揃い松田町「寄」の集落となって終点、寄のバス停に到着した。

バスの運転手さんに聞いたように、右に曲がり、左に曲がり、山のお茶畑を歩いて行った。お茶畑の向こう側に目当ての枝垂れ桜があるのか桜の木が見えないので、どれだけ登ると良いのか見当が付かない。下ってくる人に聞くと、「まだまだ先が長いよ」と言われてゆっくり坂道を歩いた。ゆっくり歩いたというよりも息が切れて足が進まないのだ。若い夫婦たちだろう。後から来て軽く追い越されると「年だなー」とつくづく思い知らされた。

畑の土手や道の畦を見るとタンポポが咲き、所々に野蒜が生えていて、「帰りに採って行こう」などと策をめぐらしながら急な上り坂を歩いた。

やがて眼下に一本の枝垂桜が農家の庭先に咲いているのが見えてきた。
急ごしらえの階段が畑の中に作られていて降りて行くと数人の人が桜の古木を囲んで記念写真を撮っていた。

農家の主人の話によると松田町の観光課が「土佐原の枝垂れ桜」と宣伝して桜を見に来る人が増えたという。樹齢150年と謳ってているのだが。切ることは出来ないので年輪を数えてみたのでは無く、本当のところは分からないと言っていた。あくまで推定だと話していた。農家の個人の好意で見せていただくもので、観光化されてい無い。自然のままだからこそ心の和む思いがした。
「茶畑で生計を立てているのですか」と聞くと「みんな兼業農家で横浜あたりまで勤めに行っていますよ」と主人の返事だった。この山村からの通勤では大変だなあと思った。農業だけでは生計が立てられないのだろう。

時計を見ると12時になっていた。スーパーで買ってきた弁当を広げて枝垂れ桜と山の見晴らしをご馳走にして昼食を食べた。
足元に生えていた3本ほどの野蒜を採ってその場で生で食べたがこれほど野趣に満ちた昼飯は外ではない。
また帰り際に野蒜とタンポポを採ってお土産にした。

箱根の近くまで、せっかく来たのだからと「姫の湯」の温泉に疲れを取りに立ち寄った。
温泉は空いていてゆっくり湯船に浸かりくつろげた。しばらくしてよく数えたのではないが15人から20人ほどの70歳の僕と同じ年恰好の人たちが狭い浴槽に代わる代わる入って満員になってきた。急に賑やかになったが礼儀正しく品の良い人たちだった。よく見ると目が不自由な人がほとんどで手を引いてもらいながら入ってきた。付き添いの人がこまめに世話をしていて楽しそうに温泉に浸かっていた。
熱めなお湯なのでそれが話題になり「この熱いのが良い」という人と「熱いのが苦手だ」という人がいて久しぶりの温泉のようで嬉しそうに温泉のお湯を堪能していた。

この団体さんが先に浴槽から出た後、しばらくしてから僕も出てソフアーに腰をかけて休んでいると、二階の休憩室の賑やかな談笑の声が聞こえてきた。
「さっきの目の不自由な方たちですか、賑やかで楽しそうですね」と管理人さんに聞くと「そうなんです、昨日連絡があり少しばかり割り引いて差し上げたんですよ。それがねえ・・何処も受け入れてくれなくて、困っていて、うちに来られたのですよ・・」それを聞いて「エエ!そうなんですか、あのハンセン病の人たちの差別と同じではないですか」とつい口に出した。
ニュースで聞いた元ハンセン病患者さんの差別の件もひどいもので、他のホテルでは自分のホテルでなくて好かったと密かに胸をなでおろしただろうと思った。

まだまだ体の不自由な人たちにとって日本という国は「花冷えの桜のように世間は冷たい」と思い知らされた。

(2006・4・12)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください





  1. 2006/04/12(水) 01:16:23|
  2. 小説・エッセイ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:16

袖刷りあうも・合席の人

  

  袖刷りあうも・合席の人  いのうえ つとむ

小寒い風を頬に受けながら大船駅のホームで下田行きの特急・踊り子号のスマートな電車を見送った。空は薄曇りであったが3月12日午後1時ごろ家を出て、いつものように洋光台の駅から根岸線に乗って来た。
しばらく待っていると東海道線の熱海行き普通電車が到着した。

乗車すると横並びの長い座席ではなく、珍しく4人掛けの合い席であった。
ほとんどの座席は空いているようには見えなかったが、よく見渡すと空席が一つあり其処に腰を落ち着かせた。
3人座っていて窓側の男性は二人とも知り合らしく会社の同僚のうわさ話をしていた。
前の座席の眼鏡をかけた男性は関係ないと見えて黙って俯いていた。
花粉症なのだろう憂鬱そうに時折り鼻の上に手をやりマスクを直して又元のように眼を瞑って俯いてしまった。
横の座席に4人組がいて中国人なのか何にやら中国語で話していた。
男女向き合い座って話していたが、大声で喋り捲る男が居り、言葉が解らないので煩くて仕方が無かった。

藤沢の駅に着くと後ろの座席が空いたので、これ幸いとばかり座席を移動した。
この座席は窓側に二十歳代の若い男女が向き合って座っていた。
話の様子ではどうも恋人らしく次のデイトの相談なのか、青年が女の子にどうしようかと聞いていた。
「ホテルが良いか、旅館が良いか」
「それとも民宿が安くて良いかなー」
男は選択を彼女に託すように聞いていた。
「民宿が安いから、民宿が良いわ」
小柄な若い女が頷きながら答えていた。
女は特別美人というのではなく、ごく普通のOLふうに見えた。
男のほうは最近流行の坊主頭であごひげを伸ばしていた。
「いつが良い」
「・・・・・」
「時間は、何時にしようか」
「・・・・・」
面白いカップルだなーと聞き耳を立てていたが、
眼と眼を合わせることで通じるのか、女の返事が小声なので聞き取れなかった。
二人は楽しそうに話しながらシュウマイ弁当を開けて食べ始めた。
「弁当のご飯・・うまいなー」と言いながら
男が蓋に付着したご飯を笑いながら舐めると
「よしてよ、みっともないよ」
女は上目使いでなじるように小声で言った。
「何処でも買えるけれど・・やはり横浜だね」
「この魚も美味しいよ」
二人はシュウマイ独特の匂いをただよわせ美味しそうに食べていた。
生唾を飲みながら弁当を横目で・ちらっと覗いて窓の外を見ると、梅の花が咲いて次々と後ろに消えていった。
小田原の梅の名産地「曽我の郷」だ、梅の花が白く家を囲むように咲いていた。
相変わらず空は曇っていて富士山は残念ながら顔を出さず見えなかった。
やがて電車が小田原駅に停車したので僕は二人の恋人達ちの話し声を耳に残しながら電車を降りた。
二人の恋人を乗せて電車は熱海に向かって発車して行った。

小田急の電車はすでにホームに来ていて急いで飛び乗った。
早川が流れにそって箱根に向かって電車は走った。菜の花と夏みかんの黄色い色がのどかな家並みの風景を暖く感じさせた。
しばらくして湯元の駅で二両編成の登山電車に乗り換えた。
少し並んだお陰で満員であったが幸い座ることが出来た。
隣に座った僕と同じぐらいの老人はワンカップのお酒をあをって
「一人で温泉かね。良いなー・・彼女が向こうで待っているんだろうなー」小指を立て一杯機嫌で話しかけてきた。
「いませんよ、そんなの」と答えると
「何、いない・・それは寂しい、貸してあげるよ」
「アハハ」と前の座席のご婦人を指差して愉快そうに笑っていた。
お酒というものは、こんなにも朗らかにするものかと思った。
絹のような細い雨が降って来て登山電車の窓を少し濡らしていた。
大平台の駅に着いたときは、いつか雨も止んで何とか温泉に濡れずに駆け込んだ。
日曜日なので姫の湯は平日より込んでいた。
例のように3時から6時まで長時間を温泉でくつろいだ。
小雨が落ちてきそうな空模様だけれど、窓から梅の花がちらほらと咲いて見えて、これ以上は無い贅沢な入浴だとつくずく思った。
箱根の山からの帰りの人達だろうか、若い人が多かった。

一時き降った小雨は幸い止んで帰りの電車にも雨に濡れずに乗れた。
登山電車から湯元の駅で小田急に乗り換へる時、大騒ぎをしている人達がいたので、それを避けて別の車両の座席に移った。
前の車両まで来て見ると数人の乗客で静かだった。
窓の外に眼を移すと、早川の清流が窓枠に動く風景画のように見えた。
「この川も鮎の川だな」と川の流に気を取られていた。
眺めているうちに瞬く間に小田原駅に到着した。

小田原でJRに乗り変えたが、東京行きの普通電車は満席だった。
コンビニで買った230円の弁当を食べながら隣の人の話が嫌でも耳に入ってきた。
「私はね、20年前のことだけれど、庭に生えているハコベを野菜代わりに食べてねえ」
60代の婦人が昔を思い浮かべるように言うと
「ハコベは食べられるのよね」
と向かいの座席の30代の婦人が合図地を打つように小声で返事をしていた。
「その浮いた分を貯金して2年で100万円ためたわよ」
年配の婦人はやや得意げな顔で話し続けた。
「ハコベは野草だから体に良いのよ」
「凄い!・・私は特売で何か買い、その浮いた分・・儲けた!と思って ケーキか何か買って食べてしまうわ」
若い方の婦人が苦笑いをしながら答えていた。
「それでは・・ほら!今テレビの大河ドラマの・・山内一豊の妻にはなれないわよ、駄目よ!そんなんじゃ」
年配の婦人が、主婦はこうあるべし、と諭すように言った。
母と子の年齢差ではあるが二人の話の様子だと実の親子ではなさそうだ。
どこかまだ少し遠慮がちな話し振りから思った。

国府津の駅に付くと反対側のホームに、新宿直通の快速電車が来て、この方が早く大船に着くので急いで乗り換えた。
東京行きの人はこの新宿直通の電車では行けないので東京行きの普通電車に残っていた。
乗り換えた車両には誰も乗って無く、新しいのでグリーン車に乗った良い気分だった。

大磯の駅で50代そこそこの婦人が両手に荷物を抱えて前の座席に座った。あまり汗をかいているので
「暑いですか」と聞くと
「今、お風呂に入ってきたばかりなの」
「この電車に間に合わないと・・と思って急いで走ってきたのよ」
「週末はこの大磯に来るの」
「家は恵比寿なんだけれどねー」と立て続けに話してきた。
「良いご身分ですねー」と言うと
「そうではないのよ、母がボケてきて心配だから来るの、普通の日は介護の人が見てくれるけれど、土日ぐらいは自分で見てあげないとねー」
「痴呆で一番心配なのは、火事が一番怖いのよ!火の不始末だよねー、ボケているから怖いのよ」
「私の本が無いので聞くと・シラン・・と答えるだけで、押入れに隠してあるのよ」と笑いながら言っていた。
よくしゃべる人だが嫌みは無く 感じの良い人だった。
親を見捨てる人が多いこの時代なのにと、この婦人の苦労話を聞きながら、まもなく大船駅に着いた。
「さよなら・・お元気でね」
「うん、又お会いできたら良いね、バイバイ」
又いつでも逢えそうな雰囲気のお別れだった。

外出すると人と出会う、ほんの一時だけれど、電車に乗って知らない人と座席が合席に成る。
感じの良い人だと人生を豊かにしてくれるような良い気分になるものだ。

狭い食堂に入った時
「お客さん合席でよろしいですか」と店員に聞かれ、
「はい」と答えて、何処の誰だか知らない人と合席でカレーライスを食べることもある。

 (2006・3・19)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2006/03/19(日) 10:01:22|
  2. 小説・エッセイ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:19

牛の涙

 牛の涙   いのうえ つとむ

戦争が終わって何年経っただろうか。のどかな三河地方とはいえ終戦後の生活は誰もが厳しかった。物不足だった。とりわけ食料難で誰もが食べ物に餓えていた。
爆撃の傷後がそのままに残った場所がところどころあった。豊川海軍工廠の爆撃の時に僕の家の田んぼにも爆弾が落ちた。幸い家屋敷には被害はなかった。その爆撃で擂鉢状の大きな穴が掘られた。その田んぼでの出来事である。
昼ごはんを食べていた。中学校の同級生にはラジオドラマの「鐘の鳴る丘」と同じような「海の家」という孤児院があって戦災孤児も同級生に何人かいた。でも彼らより貧しい人がいた。
隣の席の小林君の弁当の中身がいつものように米粒がほとんど入っていなかった。南瓜と人参と薩摩芋の弁当である。僕は農家なので麦飯だけれどお米のご飯だった。彼は父が戦死してお母さんと妹さんと三人で親戚を頼りに疎開してきた人だった。あまり気の毒なので「半分ずつにしまいか」と話しかけた。小林君は「僕はこれでいいよ」と遠慮していた。弁当を机に置かず膝の上で隠すように食べていた。その時に「井上君、田んぼの方へ帰るように、家からお電話ですよ・・牛が倒れたんだって!」と女の先生の声がした。

早引きして急いで蓮華の花を踏みながら田んぼに帰って行くと、田んぼの真ん中に牛が倒れていて、父や叔父さんや近所の人が集まっていた。僕が世話をして育てた牛なので知らせてくれた。「これが最後かもしれないから会わせたかったのだ、お前に合わせずに連れて行ってはなー」と父が言ってくれた。
農業といえば牛の働きに頼っていた。牛の糞は堆肥にして貴重な肥料となり、牛がいなければ農業は成り立たなかった。
牛はほとんどが和牛で田畑の耕作に、運搬にと欠かせない大事な家畜であった。たまに乳牛のホルスタインを飼育している農家もあったが何軒も無かった。
戦時中に朝鮮牛といって赤毛のおとなしい牛が日本に入ってきて、この赤牛を和牛と同じように農耕に使い飼育する人もいたが珍しかった。
どの牛にしろ牛の働きが便りであった。
まだ耕運機も無かった。自動車は消防車と病院にあったぐらいで見かける事はまず無かった。オート三輪車が牛車に変わりつつあったが農家では誰も持つ人は無かった。お医者さんも自転車かスクーターで往診する先生が多かった。そういう時代なので牛は大切な家畜であった。
その大切な牛が倒れたのだ。
「今まで牛が倒れたことは一度も聞いたことが無かったなあー」
「朝から元気がなったからのう」
「仕事がきつかったかのん」
「鋤で土を耕すのが重荷だったかのう」
「すぐに疲れたのか、ハッハアー息をしていたのでのう」
「どうしたら良いかのん」
「チョットやソットでは動かんでのん」
そんな話をしている時に獣医さんが来て、診察をしてから
「もう治りそうも無いよ」と小声で言った。
「足は折れているかのん」と父が聞いた。
「折れてはいないと思うが、内臓から来ていると思うが」
獣医さんは足は折れていないと診断していた。
「熱も高いようだし、諦めたほうが良いかのん」
父は諦め切れないようだった
「肉にしても・・これじゃあ・・安くなるでのう」
「しかたがないかのう」
祖父も叔父さんも近所の人も同じようなことを口々にしていた。
「それでも、もう一度立たしてみまいか」
「立ってくれれば良いけれど、やってみようか・・」
「それ!」
「よいしょう!」
「ボウ・・ボウウ・・シッ・・シッ」
「ボウ・・ボウウ・・シッ・・シッ」
どんなに手綱を引いても一向に立ち上がろうとはしなかった。
「やっぱり駄目かのう」
「ソリを作って他の牛で道まで引いて出してみるかん」
「そうするしか無いで」
「ほう・・あんたんとこの赤牛を借してくれまいか」
「ああ・・良いよ・使っておくれんよ」
急ごしらえに板と丸太でソリを作った。ソリといっても簡単なものであった。牛をソリに乗せるのがまた一苦労であった。
僕は牛の頬や首をさすってやった。牛の目は熱に浮かされているようで、苦しそうな息使いだった。
綱を牛にかけてその綱を担い棒にくくりつけて4人の大人が担いで牛をソリに乗せた。
おとなしい赤毛の朝鮮牛を連れて来てソリを引かせた。代掻きの前なので田んぼには水を張っていなかった。水が少ないので滑べりが悪く農道まで出すのに手間がかかった。黒牛はソリに横むきのまま乗せられ、よだれをたらして苦しそうに喘いでいた。赤牛は振り返り、振り返り、何度も倒れた牛を見ながら急ごしらえのソリを引いていた。

やっとの思いで農道に出した。しばらくしてオート三輪車が到着した。
屠殺場の人が来ると、どの牛も敏感に察知して、畜生の感が働くのか、その時はほとんどの牛が少し暴れて抵抗したものだ。
この赤牛もやはり屠殺場の人を察知したのか、目に涙を流していた。
振り返り、振り返り、田んぼの中でソリを引いていた時も泣いていたであろう。
牛も人間と同じように悲しい時は涙を流すものだと思った。
やがて牛を乗せた三輪トラックは、タンポポや蓮華の花が咲く夕暮れの農道を去って行った。
萌える若緑の木立の中に三輪トラックが見えなくなるまで、みんなで見送った。母や居合わせた女の人達は涙を拭いていた。
僕はこの時の光景を忘れることは出来ない。

夜になって牛小屋の前にたたずみ、いなくなった牛のことを思い返していた。この牛は僕が世話をしてきた。朝早く刈ってきた草と稲藁の飼葉に少々の小麦や雑穀と糠を程よく混ぜて食べさせた。今日はまだ少し食べ残しがあった。新しい敷き藁と牛乳そのままの牛の匂いが漂っていた。

どの農家も子牛を買ってきて成牛に育て上げ農耕に使った。頃合を見て売り払い現金収入にして来た。だが今までの牛と違って、この牛は太ってはいたが何処と無く丈夫では無いように常々感じていた。おとなしい雌牛で僕になついていた。

牛は人をよく見る。人を見て言う事を聞くのである。こちらの目を見て服従するか、しないかの判断をするのだ。
牛は自分より強いと思えば服従し、弱いと思うと従はない。それどころか、頭を下げて角をサクり上げて攻撃して来る。それを人を間違えてやると「なめたまねをシャーがって」と鞭や棒で打たれるのだが、そういう時に僕は逃げてしまう。僕は気の強い牛は苦手だった。角を出してくるので、気の強い牛を僕は避けていた。
その僕の弱気を今迄のほとんどの牛はよく見徹していて、僕を甘くなめ切っていた。だから今まで牛には近寄らなかった。兄は農家の後継ぎの自覚があるのか平気で牛を使いこなした。しかしこの牛だけはおとなしく僕によくなついた。だから僕が世話をしたのだ。可愛がって育てた。いろいろ思いめぐらして何時間も時間を忘れ牛小屋の前で過ごした。
「牛は処分されて牛肉となっただろうか。牛の命は何処に行ったのだろうか」・・と思いながら夜空を見上げていると、スーと流れ星が一つ東の空から西の空に消えていった。
牛の命と関係は無いだろうが、何故か気になって仕方が無かった。

 (2006・2・15)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください





  1. 2006/02/19(日) 23:41:16|
  2. 小説・エッセイ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:24

牛の涙

 牛の涙  いのうえ つとむ

「牛の涙」は修正して、発表いたしました。お読み頂き、またコメントを頂き有り難うございました。きちんとまとめましたので、またご一読くださいね。


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください





  1. 2006/02/15(水) 10:58:38|
  2. 小説・エッセイ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:10

空は晴れて

 空は晴れて  いのうえ つとむ

電車が大磯の駅の近くに来て、窓の外を眺めると、いつもは青い海が松の梢越しに見えるのだが、あれ!と思うほど海は鉛を流したように暗く灰色に見えた。

空を見上げると空もまた灰色というか薄黒い雲に覆われていた。朝、家を出るときは快晴で昨日に続き暖かな日だと思っていたのに小田原で乗り換え箱根の湯元の駅に着いたときには雨が降ってきた。傘を用意してこなかったので、これは「しまった」と思った。

登山電車が登って行くにしたがい箱根の山は雪になっていた。少しだけ雪をかむった樹も女の人の薄化粧のように良いものだと山や樹に見とれていた。

駅で傘を借りて出てみると霙に近い重い雪が斜めに降っていて、ふわふわと雪の舞うのは見られなかった。肩に舞い降る「雪舞」ではなかった。

昨夜、夜中に足がつりコムラ返しになって痛いお思いを久しぶりにした。前々から疲れがひどいので11日か12日の休みには、日帰りの温泉に行くことに決めていたのだが、これでは仕事が出来ないので何としても今日は温泉に行きたかった。

12時15分ごろ行き付けの姫の湯について3時頃まで約3時間ほどゆっくりと体をほぐした。
温泉の窓からは、石崖と囲いで外の風景は見られないが僅かに空を覗くことが出来た。「少しでも青い空が見えると良いねえ」と地元の顔なじみのお年寄りと話していると、やがて雪も止んで空が明るくなった。
この温泉は体に合うのかすっかり疲れも取れ痛みも取れた。

大平台の小さな駅について傘を帰し、ベンチに座るとすでに20代後半か30歳そこそこの女性が一人座っていた。
「雪が上がってよかったね」と声をかけると「よかったわねえ」と返事を返してくれた。「帰りに干物の工場に寄って徳安の干物を買う予定だったので、晴れてよかった」と独り言のように話すと彼女も親しげに話してきた。
「私は座間から来たのですが時々ストレスがたまると安い旅館があっていつもその旅館に日帰りで温泉に入りに来るのよ」とその旅館を教えてくれた。
「奥さんとこられると良いわね、家族風呂で貸切だからね、小さくて綺麗な旅館ではないけれど日帰りで500円で入れますよ」
「何・・混浴なの?」
「そうよ、ほとんどお客さんは来ないからね、今日も私一人だった」
「そんな温泉があるの」
「細かいお金がなくてね1万円札を出したら、そこのおじさんが「今度で良いから」ってただで入って来たの」と笑っていた。
保育士をしいて25人ほど面倒を見ているのだが、結構大変だと話してくれた。
湯元の駅に着き新宿行きの小田急に乗り換える時
「私も干物工場に付いていって良いかしら」
「ああ、良いよ、ビックリするほど安いよ、市販されない・はみ出し物だけれど・・ほんとに安いよ」
「この切符は湯元なら途中下車が出来るのだけれど箱根板橋の駅で出来るかしら」
「ああ、駅員さんに聞いてみたら、小田急だから良いと思うよ」
「改札で思い切って話してみようかな」
そんな話をしているとまもなく駅に到着した。

「座間まで帰りたいのだけれど・・ここで一度降りても良いかしら」
「ああ、いいですよ、どうぞ」
駅員さんの気持ち好い返事が帰ってきた。

鯵とホッケの干物を干物工場から田舎に送ってもらい、自宅で食べる分を買った。
彼女はホッケの干物と特製の塩を買っていた。

僕は小田原の駅でJRに乗り換えた。
親戚か娘のように親しく話をしてきたが、別れるときも名前も聞かなかった。
「またいつか会えるかもね・・さようなら」
「そうですね、今日は有り難うございました。またお会いすることがあ るかもね、さようなら・・」

一期一会かも知れない、また再会することがあるかもしれない、それは解らない、名前も電話も聞けば教えてくれたと思うが、敢えてしなかった。
縁があればまた逢うだろうし・・老人にはその必要はなかった。

(2006・12)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください





  1. 2006/02/13(月) 01:55:43|
  2. 小説・エッセイ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:8

バクチの木

バクチノ木

賭博で負けが入り,モロハダ脱ぎで…?

そりゃ,よく見ますよ,股引とかステテコ姿で。,なぜか腹巻はしてるヒトが

おととい,来やがれ~ポーーンて追い出される図はね。


でも,「木」がかわいそーじゃござんせんか!

そう,思いませんか?

この寒空に葉も落とさず,。  (雨ちゃんの詩文より)

/////////////////////////////////////////////////////////////////

1月29日新年会に呼んで頂いた。有山さんと大家さんが海老名の駅まで来て車で立ち寄って下さった。約束の6時15分を15分ほど遅れた僕を拾ってくれた。
テレビで「良い仕事をしていますねー」と多くの人の関心を寄せるようになった「なんでも鑑定団」の先生たちと、同じような仕事をされている古物商の河井さんのお宅にお伺いした。するとすでに僕の子供同然の年代の一番若い鮎釣のプロのライセンスを取った近藤君がすでに良い顔色になって座っていた。

みんなで今年も仲良くやりましょうと乾杯して奥さんの作られた御料理に「美味しい」「美味しい」と舌づつみをしながら話が弾んだ。
大家さんはまったくお酒は駄目で口にせずニコニコ相槌を打っていた。
僕もお酒は駄目だが口当たりは好きだ。これは美味しいというのでお猪口一杯ほどの清酒を頂き唇を濡らしてみた。

鮎釣りの仲間なので鮎竿やタモや仕掛けの話が弾んで、「何処の場所が良かったか」とか「何処に行きたいか」とかの話は夜が更けることも忘れて話は尽きなかった。

話の中でスロットとパチンコの話になった。7万円つぎ込んで一つも出なければ詐欺罪が成立するという話が出た。
有山さんは「学生時代はのめりこんでいたが、知り合いにパチンコ屋さんがいてその実態を知ってからは一切パチンコには手を出さなくなった」と話していた。

無我夢中にになるとブレーキが利かなくなり貯金通帳を片手に銀行へ足を運びながらお金を何万とつぎ込んでしまう。「麻薬みたいだ」と異口同音に話していた。

家庭崩壊の人を知っているので僕はギャンブルはまったくやらない。だから皆さんの話の聞き役になっていた。「目的を持って学んだり仕事をする者は、勝負事は禁物だ」と友人と話していた20代の頃をふと思い出した。木の皮がはがれて丸裸になった木を「博徒の木」と名付けられたのにはあまりに人間臭さく何故か木に失礼なような気がして木が可哀想だと思った。

有山さんと大家さんは午前1時過ぎになってお酒を飲まない大家さんの運転で帰宅された。近藤君と僕は残って泊まることになった。
寝しなに少し話をしたが二人ともすぐ眠りに就いた。朝起きてみると河井さんは熟睡されていたので奥さんに見送られて車に乗った。河井さんのご夫妻にすっかりお世話になった。帰りは八王子まで帰る近藤君が橋本の駅まで送ってくれた。良い釣り友達が出来て今年の鮎つりは楽しみである。


(2006・1・30)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2006/01/30(月) 12:49:29|
  2. 小説・エッセイ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:11

ア!坊主頭・これは本物。

これは本物  いのうえ つとむ

3時の約束が15分ほど遅れてしまった。昨日は雪でメール便は休み、その付けが今日来ていつもの倍以上の配達だ・・途中で事情を携帯電話で話しておいたが、あまり遅くなるといけないと思いながらサンデサンに入った。ブログで知り合った人と逢うのは初めて、僕は写真で彼の顔は知っているので一番奥で本を読んでいるのを見てすぐ解った。

親子ほど・・いや孫かもしれないほどの年齢差は何処へやら、話が弾んだ。彼は新人の野木太郎という役者さんなので以前読売のコラムに書いた夏木マリさんの話の概略を話した。そうしたら彼が帽子を取った。
ア!坊主頭だ!これは本物!と思った。少し前に坊さんの役をしたというのだ。夏木マリさんの事を書いたコラムのエッセイは次のとおりである。

/////////////////////////////////////////////////////////////////    
一線を越した者と越せない者     いのうえ つとむ

 夜中の1時ごろか2時ごろ・・・ふと目が覚めてテレビを見ると京都の街を歩いている黒い靴を履いた黒い服の尼さんが映っていた。よく見ると女優の夏木マリさんだった。どう見てもカツラではなかった。そうすると舞台の役柄で髪を剃ったと解説された。美人は髪があっても無くても美しい。しっとりと京都の町に溶け込んでいて、なぜか秘められた色気さえ感じた。しかしたいした度胸だと思う。芸人の中の芸人だと思う。役とはいえ髪は女の命。そう簡単に落とせるものではない。

 僕がいつも思うのは長髪に戦闘帽をかむった軍人の俳優だ。子供の時見た兵隊は将校もすべてイガグリ頭だった。その長髪を見ただけで興ざめしてしまう。それに反して夏木マリさんの芸に対する打ち込みには感心した。昔・「楢山節考」という映画があって、田中絹代が主演した。山に捨てられていく老婆を演じた。老婆を演じるのに前歯を全部抜いてしまった。それを聞いて一流の芸人の執念に驚いた。恐れ入った。だからこの映画は鮮明に記憶している。ある一線を越したものと越せないものこの差はここにあるように思う。

 僕は器用にこなせるが、何をしてもこの一線を越せないのはこの執念の無さだと思う。僕が始めて映画を見たのは、村祭りの神社の星空の下の野外上映だった。
お祭りと言えば毎年・田舎芝居だったが、村の青年たちがこの年は映画にした。題名は忘れたが新人俳優・三船敏郎だけは覚えている。地べたに筵を敷いて海苔巻きの寿司を食べながら見た。それからほど経ってから街に行き、「羅生門」と「無法松の一生」と「楢山節考」を見た記憶がある。近所の友達が名作だから見たほうがいいと教えてくれたので、それぞれ見に行った。今思うと見ておいてよかったと思う。街まで出るのが面倒なので他に映画を見た記憶は無い。

最近はテレビをつければ簡単にドラマも映画も見られる。だが良い映画が無いのかすぐに忘れてしまう。いや・年のせいかもしれない。

/////////////////////////////////////////////////////////////////

彼は初めてブログで知り合った人がどんな人か半ば恐ろしい気がしたと言っていたが正直なところだと思う。まったく見ず知らずのお爺さんと逢うのである。人の出会いとは不思議なものだ。増してインターネットという電波を通じて知り合った新しい出会いである。年齢の差は大きいけれどこの出会いは大事にしたい。新しい友人・野木太郎君の大成を祈りつつ筆を置く。
(2006・1・22)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください








  1. 2006/01/22(日) 20:40:47|
  2. 小説・エッセイ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:8

軍靴

 軍靴  いのうえ つとむ

日本は戦争に負けてすべてが一変した。
小学校で講堂に飾られ神として拝んでいた天皇陛下の写真がまず無くなり、教科書は軍国的な箇所は墨で黒く塗りつぶす事になった。小学校に駐屯していた兵隊はそれぞれ帰って行った。我が家の隣の家が昔、村長をしていた家で客用の別室があった。その離れの部屋に将校が間借りして綺麗な奥さんと住んでいた。やがて終戦と同時に帰っていった。将校は妻帯が許されていて子供心に「不公平だなあー」と思った。小学校の講堂や教室で寝起きしている兵隊と大きな差があるように思った。その軍隊がいなくなった教室や講堂に入ると蚤だけが残されていて、ぴよんぴょん這い上がってきた。

確か教室にはマッカーサー元帥の写真が飾られた。アメリカ一辺倒になった。あまりの変わりように誰もが戸惑った。
やがて父も復員してきた。父の一回目の召集は僕がまだ2、3歳ごろで支那事変の中国の戦地に行った。幼少の頃なので復員してきた事は何も覚えていない。二度目の召集は御前崎に駐屯した。父の話によるとアメリカ兵が国土に上陸してきた時に備えて兵隊を集めたようだ。父のように年齢のいった者や甲種合格にならなかった背の低い人もいたようである。
笑い事では済まされないかもしれないが武器らしいものは無く小銃すら不足していたようだ。食べるものが無く兵隊さんは手分けして農家に米やサツマイモや野菜を買出しに行ったそうだ。農家の長男で農業をしていた父がリュックを背負って買い出しに行ったと言うから皮肉な話だ。ひどい戦争である。まだ父は内地なので笑い事で済まされるが叔父さんのようにビルマで戦った兵隊は戦死した友軍の食べ物を食べ、蛇を食べ、トカゲを食べ、口に入るものは何でも食べて命をつないだようだ。

父が持ち帰った物で軍靴があった。軍靴は大事にしていた。それも牛革では無く豚皮の靴であった。毛穴が3ッ三角に並んでいて豚皮と一目で分かった。シナ事変の時も軍靴は最も大切なな備品であったと父は言っていた。歩兵は名前のごとく歩く兵隊である。厳しい環境の中で歩けなくなれば死を招く。今僕は何気無く自由に歩いているけれど歩けることは幸せなことだと思う。
人は足から弱るというが最近疲れると足先が痺れてくる。配達という仕事柄この足は大事だ。そして靴も大事だ。大げさに言えば兵隊さんの軍靴のように大事だと思う。履き慣れているので3度も修理をした。100円ショップで踵の底の修理用のゴムを買ってきて貼れば簡単に直せる。所々ほころびもあって妻は新しい靴を買うように言うが、もう少し履いてみようと思う。自分にとって父の軍靴のように愛着があるから手放せない。

(2006・19)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2006/01/19(木) 09:10:38|
  2. 小説・エッセイ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

雪に想う

 雪に想う  いのうえ つとむ

今年初めて雪を手にしたのは、1月8日、日曜日に田舎へ法事で帰る途中で立ち寄った箱根登山鉄道の小さな駅のホームに降りた時だ。大平台の駅のホームに植えて在る花壇の上に積もっている雪をつまんでみた。三,四日前に降った雪で表面は凍って滑らかになっていたが中は新雪のままだ。柔らかなさわり心地に思わず口に入れたい衝動に駆られた。見上げると崖の上から氷柱が7,8本垂れ下がっていて水晶のように輝いていた。2日ほど晴天が続き日のあたるところは雪も解けて日陰に残雪が山をまだら模様にしていた。

僕の育った三河の温暖な気候は年に2、3度雪が降り、10センチほど積もった。朝起きてみると銀世界で舞い上って外に跳び出た。新設を踏むと自分の足跡が残り気持ちの良いものであった。雪合戦をして遊び、雪だるまを作った。あたり一面の雪が解けても雪だるまだけは残って座っていた。かまくらの雪の小さな部屋がうらやましかった。
雪というと「雪の降る街を・・思い出だけが・・」という歌のように、肩に降りかかる雪を払いながら歩く、そういうイメージが強かった。
この冬は雪国が記録的な大雪で、吹雪が電車を転覆させた。又家が積雪で押しつぶされた。そして多くの犠牲者が出た。これほど雪の恐ろしさを思い知らされたことはなかった。
3メートル、4メートルもの雪が積もるとは、テレビの画面を見て驚くばかりだ。雪国の人たちの苦労を知るに付け、今まで描いていたのどかな温泉の野天風呂の雪景色と現実の厳しさとが心の中で葛藤している。
それでも2月までに又この横浜でも雪が降るだろう。
そのとき今までのように新雪を踏む心地よさを味わえるだろうか、どうだろう。

(2006・1・15)
(雪国の皆さんのご苦労を偲びながら)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2006/01/15(日) 02:30:34|
  2. 小説・エッセイ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

レモン一つ

 レモン一つ いのうえ つとむ

朝から日本晴れだ。雪国では大雪で大変だと聞く、横浜は温暖な気候でめったに雪は降らない。いつもメール便を配達する家に蜜柑や夏みかんや珍しい柑橘類を植えられた庭が在る。
「ああ!今年も立派なのが沢山実りましたねー」
「オレンジ?いやレモンだったよねー」
「そうレモンよ!レモンよ!よろしかったら一つ持っていくかね」
そう言いながら庭の草取りをしていたお婆ちゃんは鋏で大きいのを一つ切ってくれた。
「これが良いね、葉っぱをつけておくからね・・一週間ぐらい飾っておいて熟してきたら種を取ってジャムにすると良いよ」
「有り難う・・うれしいなー」
「奥さんにあげなさい」
笑っている顔は母を思い出すほどの年齢に見える。
頂いて手にしてみると、このレモンは夏みかんより遥かに大きい、洋ナシのような形をしている。
昨年の今頃だったと思う。
「この蜜柑見たことがないけれど何の蜜柑ですか」と聞いた。
「これレモンよ。ここへ越して来た時に植えたの・・苗を頂いて植えたのよ!こんなに立派な木になったの」その時も庭の草取りをしておられた。
毎日のようにレモンの木の家の前を通るのだが、時の経つのは早いものだ。レモンが今年も冬の日を浴びて黄色くたわわに実っている。もうお正月も目前だ。
庭で花の手入れをしている人、掃除をしている人、また赤ちゃんを乳母車に乗せて買い物に行く人、子供の手を引いている人、遇う人にその度事に僕は挨拶をして配達をしている。
挨拶を返してくれる人、知らん顔の人、それぞれだが、出会う人が何故か只すれ違っただけのような気がしないのだ。
出会いのこの一瞬が深い縁が在るような気がしてならないのは年のせいかもしれない。
レモンのお婆ちゃんもやはり声を掛けずにはおられなかった。
月日を重ねて一年経って「一つ持って行くかね」と言われるようになったのだ。まさか頂けるとは思って無かったので、今日はそれが非常にに嬉しいのである。
また新しい人間関係が出来た。人との関わりがこんなに温かいとは何故か嬉しい。いや友達が出来たのかもしれない。

(2005・12・22)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2005/12/22(木) 23:03:52|
  2. 小説・エッセイ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

小さな旅

 いのうえ つとむ

土曜の夜、話のついでに「疲れて足がしびれるので箱根の温泉に行って来る、疲れが取れるから・・行くかい?」とメールを送った。
すかさず、「行く!仕事が片付いたいたので明日は1日あいている」と返事が来た。10時に洋光台駅で待ち合わせと決めた。彼女は忙しい人なので土曜も日曜もまず空いていない。「行く!」という返事が来るとは思っていなかった。財布を見たら3千円だけしか入っていない。どこかに1万円札がないか探したが無い。待てよ?日曜日は郵便局も銀行も休み、カードが使えるだろうか?。妻は風邪で行けないと言うし、あいにく千円しか無いとも言う。「9時からならカードで引き出せる」と聞いて一安心した。待ち合わせを10時にして良かった。

日曜の朝になって9時半に妻と銀行に行きカードで軍資金が出来た。まだ早く寒いので駅前の喫茶店で待つことにした。
隣の席の青年がタバコをふかし煙をよけながら窓の外の駅に来る人たちを見ていた。ゆっくり来る人もいるが大方急ぎ足だ。日曜だというのに走って来る人もいる。
会社に勤めているときは朝の出勤は忙しかった。1分2分が勝負だった。よく走ったものだと思いながら窓の外を見ながら待った。

「私も毎朝戦争よ、これだけは学習できないのだなー。走るんだー」
と言う彼女と笑いながら駅に向かった。改札を入ってから「みかちゃんは常に切符を使わないから落とさないようにね、僕はこの前出る時に切符が見当たらなくて困ったよ」「そうね落とさないようにね」と話しながら階段を下りた。

大船で乗り換える時切符を念のため調べた。
「あれ!無い。切符が無い!確かに入れたはずなのに無い」みかちゃんはポケットもかばんも見ても何処を探しても無い「みかちゃんお財布と切符を入れたのを見たよ」「仕方が無い、きっと後になってから出てくるんだよね」そう話しながら熱海行きの電車に乗った。

電車は空いていて二人とも並んで座ることが出来て話が弾んだ。「うちの奥さんはね、猜疑心というのが無いよ、嫉妬もしないよ、普通いくらおじいさんとはいえ若い娘さんと日帰りの温泉に行くと成れば焼きもちで大変だよ」「そうだよねー・奥さんは心が綺麗なんだなー」それから、もっぱらブログの話が話題だった。話に夢中になって乗り越してしまい終点の熱海駅についてしまった「終点が熱海でよかったね、沼津だったら何処まで行ったかね」それほど話が弾んで又小田原まで逆戻りした。

「本間寄木美術館に寄りたいけれど、体験教室があって作りたいんだー」彼女はインターネットで調べてきたのだ。
小田原から湯元の間の入生田駅から10分ほど歩いて少し大通りの中に入った目立たない所にあった。

教室の予約時間前に美術館で説明を聞きながら江戸時代からの精巧に出来た寄席木細工の大小様々の工芸品に見とれていた。その美しさに感心するばかりだった。
教室ではオリジナルの模様のムクコースター作りを体験した。菱形の柄の違った寄木が12枚セットになっていて、思いのままのデザインで組み合わせる楽しい工作だ、子供心に帰って作った。話し好きの先生の話を聞きながら楽しい思い出になった。

「温泉は熱めだけれど大丈夫?」「うん大丈夫」「出る時間だけ決めよう、5時45分」2時間の長風呂、彼女は僕のペースに合わせてくれたけれど、ほんとに大丈夫かな?と思いながら、いつものように痺れる足をマッサージしながら、ゆっくりお湯に入ったり掛け湯をしてなじみのお客さんと話しながら疲れをとつた。

45分の時間前にタオルを巻いて休憩の椅子を見たら、彼女がすでにソファーに座って「あ!見たよー」と笑いながら声を掛けて来た。それから急いで洋服を着た。椅子に座りながら「待たせた」「ううん、今出たところ」
「これ呑むと美味しいよ」温泉をコップに汲んできて呑んだ、ほんのり塩分を感じるほどの無臭の温泉。「あ!美味しい・スゴーイ、美味しい」本当に美味しそうだった。

「これを毎日三度温泉に来て呑んで胃癌がよくなったというお爺さんがいるよ」「へー温泉て良いんだねー」と話していると隣に座って休んでいた70歳を越したかと思われるお爺さんが若いみかちゃんに話しかけてきた。

「温泉は良いなー温泉が一番良い、ところで世の中が悪くなつた、終戦後は人を見たら泥棒と思えと言っていたよ、人は信用したら駄目だよ、まず自分を守ることだよ、今もそうだ、株が上がったと喜んでいる人もいるが、とんでもない、日本はいつ破産するか分からないよ」戦時中のことからこと細かく数字を挙げて話していた。「へー」「へー」とお得意の相槌を打ってみかちゃんは返事をしていた。「人は悪い人ばかりではないと思うよ・・そう思わなければ寂しいよ、良い人と悪い人とをよく見分けなければね」と自分の意見を述べながら少々反論もしながら話を聞いていた。

温泉から大平台の駅まで約5分で着いた。
帰りの電車に乗ると「これ大船の駅に付くまでに詩を書いて、宿題よ!私も書くからね」そう言ってみかちゃんに下書き用のノートと寄木の貼って在る葉書を渡された。
「参ったなー・・こんな策略があったんだ、でも凄いね、とっさに考え付くんだね。企画力が在るんだなー」「うん、今を最高に楽しくしたいよね、と思うんだ」
二人は電車に揺られながら旅の詩人にになってボールペンを握った。
 
/////////////////////////////////////////////////////////////////

 湯上り   みか

ジュースじゃなくて

コーヒーじゃなくて

ビールでもカクテルでもなくて

差し出してくれたのは

なみなみ注がれた人肌の温泉

目じりをたれ下げきって

たれ下げ合って

ブタとペンギンのコップで乾杯

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 登山電車  いのうえ つとむ

ゆっくり ゆっくり
紅葉は散り始め

ゆっくり ゆっくり
枯葉が揺れて

ゆっくり ゆっくり
旅は二人ずれ

ゆっくり ゆっくり
登山電車は走る

ゆっくり ゆっくり
今日の一日

/////////////////////////////////////////////////////////////////

大船駅に下りて、「てんや」で夕食、安くて美味しいからと大船で食べる事にした。
出るとき食事代を渡したら「駄目よ、じゃぁ、このぶん奥さんにお土産
ね」といってケーキを買ってくれた。
「これからも自分のものは自分で持つ、割りかんよ」そう言って決して
おごらせようとしない娘さんである。金銭感覚が綺麗な娘さんである。
葉書に書いた詩を何度も読みながら「凄い宝だ、嬉しい、嬉しい」と喜んでくれた小さな旅であった。楽しい旅であった。

(2005・12・11)
(このエツせーと詩は心の友・みかちゃんに贈る)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2005/12/12(月) 06:22:35|
  2. 小説・エッセイ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:10

黒猫と白猫

  いのうえ つとむ

12月にもなるとさすがに朝は寒い、桜の落ち葉は意外と赤いものだとか、銀杏の葉は中々腰が強いとか思いながら、メール便の配達で街路樹の落ち葉を踏み少し奥まった家の前に来た。珍しく奥さんが白い猫を抱いて玄関に出てこられた。「真っ白ですね、可愛いですね」といつものように挨拶をしてから声をかけた。あまりに綺麗で品の良い猫なので「外国の猫ですか」と思わず口にした。「いいえ、日本の猫よ、それも野良ちゃん・・赤ちゃんの時、カラスに突付かれて後ろ足が動かなかったのよ」。よく見ると、なるほど後ろ足を引きずっている。「リハビリしてね、少しよくなって歩けるようになったのよ」。もし男なら貴公子、女ならお姫様、そう思われるほど気品の在る真っ白な猫である。僕が初めて見た交じり毛の無い白い猫だ。外に出たがるので玄関の柱に紐でつないでおくという。前に書いたエッセーの「三毛猫ミー」の鎖につながれた姿を思い出した。「放してしまうと他の猫の病気を移されるからね」「猫にもエイズが在るそうですね」「そうなのよ、猫にもエイズが在るのよ、怖いわねー」と話しながら真っ白な毛並みをなぜてみた。手入れの良い柔らかな毛だ。前の飼い主に捨てられカラスに襲われていたのを、幸運にも今の飼い主に拾われ、恵まれたごくまれな猫だと思う。

夕刊を配達している団地のゴミ置き場でいつも茶色の混じった黒い猫に合う。二ャーと鳴きながら僕の顔を見ると野生の性か垣根に隠れる。一度隠れてから、またでてきて挨拶をする.薄汚い猫だけれど可愛いものだ。言うなれば「猫のホームレス」だ。行動の鈍さを思うと年寄りのように見える。時々中学生の少女が背中をなぜているのを見かけた。在るとき二羽のカラスがこの猫を攻撃していた。僕が近くに寄って脅すとカラスは何くはぬ顔をして少しはなれたところでこちらを見ていた。年老いた黒猫は防戦一方で、もう少し遅ければ大怪我をしていたと思う。カラスの嘴は特に厚く丈夫だから、かなわないだろう。
それにしても最近は「黒猫ホームレス」の姿を見ない。どうしたのだろうか、心配である。元気ならば良いが、これから一層寒くなるのに。

(2005・12・9)
(このエッセーは愛猫家・水島美也子先生に贈る)

拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください



*「三毛猫ミー」は下の(read more)をクリックしてくださいね。
  このエッセーが読めます。



...read more

  1. 2005/12/09(金) 20:04:59|
  2. 小説・エッセイ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

朧月夜・四季

  朧月夜・四季  いのうえ つとむ

朧月夜はやはり春が一番よく似合う。満開の桜、桜吹雪の中の朧月夜、想像しただけでも得がたい趣を感じる。
そこへいくと夏は蚊に刺され、蒸し暑く明日の雨を予感してしまう。
秋は何故か寂しい、吹く風も襟元に寒さを感じ秋の夜は寂しい。
冬は寂しさを通り越して悲しみを覚える。

十代の頃父が読んだのか文学青年の叔父が読んだのか吉田絃二郎という詩人の書いた随筆が家にあって読んだ。悲しみを帯びた美しい文章であった。冬の朧月夜はこの詩人の筆になっても悲しいと言ったと思う。乾いた空気と背筋にジンと来る寒さと柔らかな朧月夜とが不似合いかもしれない。

貴女は「生きる」というより「生かされている」という思いがすると言われていた。考えてみるのに生まれてくること自体が自分の意思ではない。両親の快楽の賜物でこの世に生を受けた。人間として生まれてきたが自分の意思ではない。小さな虫も大きな象も雄と雌の交尾によって生まれる。何に生まれてくるか選択することは出来ない。親を選ぶことも出来ない。人間に生まれてきたことが不幸と感じるか、尊く幸福と捉えるかはその人の生まれてきた境遇によると思う。

太陽系そのものが宇宙全体から見ると小さな存在だと天文学は明かしている。巨大なエネルギーの宇宙がどうして在るのか不思議だ。少年の頃大空を見て自分が虫けらのように感じて友達に手紙を書いたことがあった。もしこの自分の生命が宇宙と隔絶したものであるならば虫けらと同じように虚しい。自分の生命が大宇宙と一体であると説かれ生命の本質を明快に解いている仏法哲学の深遠さに驚嘆する。生きることの喜びを感じる。生かされている大きな力(運命)から見れば自分でハンドルを操縦すること事態小さなことかもしれないが・・それでも喜びとして満足する。もう東の空が明るくなってきた。今日も元気によくぺタルを踏もう。

(2005・11・19)

〈雨さんと満月を見てくれた皆さんにおくる)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください






  1. 2005/11/19(土) 05:34:02|
  2. 小説・エッセイ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:5

裸の出会い

  裸の出会い  いのうえ つとむ

箱根の姫の湯で30代後半かと思われる青年と二人で湯に浸かっていた。感じの良い青年だったので声をかけた。笑顔がまた爽やかな青年だった。名刺を頂いて見るとコンピューターのプロだった。家に帰って教えていただいたブログを開いて見ると全国の温泉めぐりをしていて「温泉リラックス」に自分の歩いた記録を書かれていた。まさに裸の出会いだった。

裸の出会いといえば、一人思い出す人がある。それはドリフターズの加藤茶んである。テレビに顔が映るたびに思い出した。
箱根の姫の湯に行く前にテレビを付けたら、加藤・茶んがドリフの特集に出ていて苦労話をしていた。その裏話を聞くと あの笑いの影にずいぶん苦労をしているなと思って見ていた。「ある日、仕事が終わって家に帰ってみると お袋の返事が無い。お袋!お袋!と何度呼んでも倒れていて返事をしなかった。救急車を呼んだがもう駄目だつた。高血圧で前にも具合が悪くなったことがあって、大丈夫だというのでそのままにしたのがいけなかった。あの時、気がついておればこんなことになら無かった。自分が殺したようなものだ、俺も死のうと心に決めた。葬式のときお坊さんが『あんた死ぬ気だね』と言われぎくりとした。誰にも言っていないのに どうして分かるのですかと聞くと『顔に出ている』と言われ、『お母さんはあなたには未練は無いんだよ何にも未練は残すことは無いから逝ったんだ、あなたは自分の使命を果たしなさい』と諭されて本気で仕事に打ち込んだ」と話し終わった。そして彼のお母さんの遺影が映し出された。妻にテレビを見るように床を叩いて合図を送ると懐かしそうに見ていた。もう40年ほど前のことが昨日のことのように思い出された。

彼はまだ若く下済み生活をしていた頃のこと、キャバレーなどでドラムを叩いていると聞いていた。鶴見のアパートの近くに住んでいて僕も30代最後の年だと思うが。彼のお母さんと妹さんはよく遊びに来てくれて、生まれたばかりの長男を抱いたりおんぶして「可愛いね、可愛いね」とあやしてくれた。妹さんが悪気は無いが「お母さんがオシの赤ちゃん」と言っていたのがいつまでも耳朶に残っている。銭湯のおばさんが洗い場の掃除をしている頃、僕がお湯に浸かっていると小柄な青年が入ってきた。「今晩は」と挨拶を交わすだけで一言も話すことも無く「感じは良いが無口な青年だな」と逢うたびに思った。それがやがてブラウン管を一人締めして「ちょっとだけよ」と笑いを振りまいた青年であろうとはその時は思ってもみなかった。

彼はお母さんと妹さんと三人暮らしで楽な生活ではなかったように思う。お母さんも妹さんも良い人で、親思い、子思いの家族だた。・・・僕がアパートを家主から空けて欲しいと言われている時だった。「今度東京に越すので今いるアパートが空くから家主に話しておくね」とお母さんがずいぶん力になってくれたが「子供のいる人には貸せない」と断られてしまった。どのアパートも部屋が汚れるからと子供連れは嫌われ断られて苦労した。

加藤茶ンが急に売れるようになり、一躍有名人になってからお母さんが亡くなられたと知人から聞いたが、彼が後追いして死のうと思ったのがよく理解できる。それほど息子を思う母親であったから。

  (2005・10・10)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください



  1. 2005/10/10(月) 06:02:24|
  2. 小説・エッセイ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:12

白壁の土蔵の中に

 白壁の土蔵の中に( 古道具的人生 ) いのうえ つとむ

山梨の桂川から鮎釣の帰りに骨董屋さんの河井さんが運転しながら話してくれた。「友人の紹介で伊豆の或る方が裏に土蔵があるから自由に見て良いよと言われた。ただそこはマムシがいるから誰も行かないんだ。と付け加えられたが、喜んで友人と草が覆っていて通る道を切り開きながら坂を上り土蔵に着いた。言われたとおり二匹のマムシがどくろを巻いていて驚いて引き返した。この調子だと土蔵の中にも必ずいるから危なくて・・・」と話された。その時、道志村の道路の左側に白壁の少し傾きかけた古い土蔵が見えてきた。「あの鉄の扉の錠前も僕が値段をつけて買うなら、・・・・円ぐらいかな」と値踏みされた。役目を果たし土蔵を壊して捨てられるような錠前も、それを愛玩してくれる人がいるものだなと聞いていて思った。

先日、敬愛する精神科医の森下あゆみ先生が最近読んだ本の紹介をされながら「古道具的人生」なるものを話されていて、僕もまつたく同感だ。

古道具は、美術館に飾られている高価なものではない。古道具のように多くの人は生きていて誰からもいつか忘れらてしまう。
年を重ねれば・・がたが来る。だが一瞬の輝き、面白さ、ちっぽけな幸せがある。
古道具的人生はキラキラ輝く高価な芸術的な人生よりずっと味があり、かっこいい。
幸せは成るものではなく感じるものだ。
森下あゆみ先生は概略、以上のように話されていた。

僕には孫が4人いる。博子は高校2年生、恵子は中学2年生、二人とも鼓笛の練習で忙しい。湧作は中学1年生、野球部で坊主頭で真っ黒になって練習している。娘の子供の美穂は来年小学校だ。小児科のお医者さんになると張り切っている。
みんな将来は未知数だ。一生懸命になって頑張ることが大事だと思う。

野球にしても、野茂やイチロウや松井のように大リーグのスターになる人は限られている。素質と努力と運があってのことだ。甲子園にも行けなかった人は大勢いる。僕が定年まで勤めた会社のアオイネオンの同僚に斉藤君というデザイナーがいた。彼も甲子園の桧舞台に今一歩で行けなかった一人だ。彼が野球で鍛えたものは丈夫な身体と野球のチームワークの協調性だといつも思った。誰からも「トオル」「トオルちやん」と愛称で呼ばれる人柄は、甲子園には行けなかったが野球で身に着けたものだと今も思う。彼が年をとっても彼の人間性は、古道具的人生のいぶし銀のような味があるだろうと思う。

スターとして多くの人の注目を浴び生きる人もいる。大きな組織、また大会社の長として生きる人もいる。だが多くのほとんどの人は古道具的人生だ。何の価値も無いというのではなく、その人ならではの少しでも輝くものがあれば良い。身近な人から愛されればそれで良いと思う。白壁の土蔵の錠前のように役を果たしてからも・・誰かが愛玩してくれるように。

(2005・9・9)
 (このエッセイ森下あゆみ先生にお贈りします。)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください!



  1. 2005/09/09(金) 05:27:02|
  2. 小説・エッセイ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

不思議な部屋、純金が赤くなる。

部屋や壁には、古い絵はもちろん刀剣、火縄銃、そして古びた箪笥、火鉢、皿や茶碗、花瓶、その他いろいろ。
すべての物が遠い古(いにしえ)の人たちが愛用したものばかり。
時代というものを、深く考えさせられる部屋であった。
流れの激しい現代の表面的な物事ににとらわれて生活していて、この部屋に入り骨董品を眺めていると、「骨董品」を愛好される人の気持ちが、少しだけだが理解出来いるような気がした。それは静かに悠久の時の流れを感じさせられる品物だからである。

「この中で一番高価なものは何か分かりますか」と河井さんから聞かれたが、さっぱり分からない。おそらく小さな物だろうとは思ったが。
「通(つう)の人はここに来た誰もがぴたりと当てるよ」と言われながら、一枚の皿を示して「これですよ、これ」と手にとられた。
それは両手を並べたほどの薄い小さな皿であった。柿右衛門の朱色の
美しい絵が書かれている最も古い九谷焼である。
深いところから、滲み出てくるような奥ゆかしい色彩である。プラスチックの派手な色に見慣れている目には不思議な感情がこみ上げてくる。

これは、「お酒を飲むぐい呑みだよ」とテーブルの上に置かれたのは小さな焼き物である。手に取り見れば見るほど惚れ惚れする色合いで形も良い。

次に箱から出され並べられたのは、「これもぐい呑みだよ」と同じようなやきものである。二つ並べてみると色彩や形が、最初のよりどこと無く、美しく素人ながら僕でもその良さが見分けられる。

3個目の「ぐい呑み」を並べられて、また遥かにこれは美しく、品の良さといい、奥ゆかしさといい、その違いが歴然としていた。

新旧の時代順に並べられたのであるが、明治時代の物、そして秀吉時代のお殿様たちが使った「ぐい呑み」、それより古い品物。
いろいろ話をを聞いていても、次代が混乱して、これは明治、これは
江戸、これは桃山、これは縄文と頭の中の整理がつかない。

とにかく最初の一品だけ出されて、時価1万円の品物を「これは明治時代の物で簡単に手に入りませんよ」と言われば、素人は15万円と骨董屋の言値で買ってしまうのだが、商人はそこが狙いだという。3個並べると最初に出されたものが誰が見ても見劣りする。

「骨董品を買うときは必ず専門家に相談すること」と注意されたが、高価なもので僕のようなものには遠い存在である。はまると底知れない麻薬的な魅力があるものと思う。投機的な考え方の人もいると思うが偽者が横行している業界である。欲に掛けて火傷をしてもつまらない。

テーブルの上に2個のグラスが並べて置かれた。形は双子のように良く似ている。ワインを飲んだものか、高級なお酒を飲んだものであると思うが、一見して優劣がはっきりして見える。
一つは現代のもので透明なガラスであるが、何処か白みを帯びた濁りを感じた。もう一つはやや黄色みを感じる、すこぶる透明感が強くすっきりしている。底に赤いコスモスの花びらを散らしたような綺麗な色で、これが明かりに透かすと別世界のように輝く。黄色実を帯びた透明感はガラスに鉛を混ぜているのだそうだが、そして問題は赤色である。何を混ぜているかと言うと純金をガラスに混ぜて高温で焼くとこの不思議な色になるのだそうだ。現代のものは河井さんが値段をつけると100円で、もう一つのコスモスのような赤い花柄のグラスは平安時代だか桃山時代だか聞き忘れたが古いもので150倍すると言う。同じような外見のグラスであるがその値打ちと値段に天地の開きがある。しかし不思議なのは、純金が赤くなると言うことだ。

玄関を出るとき気がついて見ると、梅の古木の日本画が飾ってある。玉堂とサンインがあり、雅印を読むと川合玉堂と読める。本物の肉筆である。名品とは見る者の心を和ませる不思議な力を輝かせ、時代を経てもその輝きは失わないものだと思った。

  (2005・8・11)

拍手喝采!・・パチパチ←ここをクリックみなさん応援してください






  1. 2005/08/12(金) 07:02:07|
  2. 小説・エッセイ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

晴れた日に

  晴れた日に  いのうえ つとむ

ある日、平沢君という営業部員と仕事先の会社へ訪問した時だった。
彼は、駅を出るとき、精算をせず、サラリと改札を出てきた。まだ自動改札の無い時代の事、駅員が一人一人チェックしている時代である。
「あれ!ここの定期券を持っているの?」と僕が聞いた。彼はにやりと笑って「そんなの持つていないよ。どこでもこの定期券一つで行くんだよ」と得意そうに続けて話した。「悪いことをしていると思わなければ、顔に出ないよ。駅員は、定期券を見ているのでは無く、顔を見ているんだよ?。井上さんは良心がとがめて顔に出るから、やめときな。僕は悪いと思っていませんから」と、不正乗車の名人だった。

僕は彼のようなことは出来ないが、現場に出たときキセル乗車をした、現場から会社に帰るときである。要するに一番近い駅の安い運賃の切符を買い、改札を入り、電車に乗り、何時も使っている定期券で駅を出て会社へ帰るのである。キセルのタバコと吸い口までが空洞のパイプなのでこの名が付けられたようだ。皆がしているからと安易な気持ちでやった。一度味を占めると「これでコーヒーが一杯飲める」と快感を感じて、浅はかなもので一度が二度、三度・・・と続た。しばらくして心に痛みを感じ初めて悩んだ。こんなことではいけない。正直な人生を送らねばと思い悩んだ。ある時、意を決して悪魔の甘いささやきと、誘惑に負けず。キッパリ縁を切った。

心理学では深層心理のことだと思うが、仏教では業とか宿業といわれているようだ。心の奥深く命の奥深くが不正をした行いで薄す汚れて、やがて真っ黒に染まってしまうのである。良い行いをすれば反対に清らかな命に浄化されていく。それが「一寸の眼」に現れるというのである。眼は心の窓でその人の行動や思想が現れるのである。その人の心が、性格や、人生が眼に現れ、眼に集約されるのだ。幼児の眼の何と清々しく澄んでいることか。年と共に怒りや、恨みや、妬みや、憎しみが、いつか積み重なって眼が濁って来るのである。不正や悪事は論外であると思った。そう考えたからキッパリ止めることが出来た。

最近、読んだ話{心の癒し}の中で、ある学生が不正乗車をし悩んでいて次のような話を聴き心が晴れたというのである。

「君の心の安らかさを買うためにお金を支払うの。そのために切符を買うんだったら、もったいなくないでしょ?切符はおまけだよ」と。(メンタリヘルスRanking{心の癒し})

台風の去った後の晴れた日の空のような透明な心でありたい。
幼児のような清々しい澄んだ瞳でありたい。
どんな時でも晴れた日のようでありたい。
それが残された僕の人生の最高の宝であると思うから。

 (2005・7・25)
(うつ・でない方も次のサイトを一読されることをお勧めします。私たちの人生にとって有意義だと思います。
(メンタリヘルスRanking{心の癒し})と(。(メンタリヘルスRanking{うつ病サラリーマンの復職日記)です。

拍手喝采!・・パチパチ←ここをクリックみなさん応援してください!








  1. 2005/07/25(月) 09:09:59|
  2. 小説・エッセイ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

清流の中で

  清流の中で   いのうえ つとむ

朝から空は曇っていた。山に囲まれた岐阜の付知川(つけちがわ)の清流で鮎を釣っていた。口に含みたくなるような綺麗な冷たい水の流れの中で鮎を釣っていた。見えないほどの細い釣り糸に付けた、オレンジ色、ピンク色、黄色の三色の蛍光色の目印が、木々の緑を背景に川面より浮き出て見える。囮鮎が動けば目印が動く。時間を忘れてその動きを見ていた。忘れてというより時間という観念はまったく遠のき、無くなっていた。身も心も自然の中に抱かれたような思いだった。目印は野鮎に追われる気配は少しも無く、さらさらと流れて行く水の流れに揺らいでいる。目印をじっとを見つめていた。

ふと、インターネットで知った鬱病の16歳の少女や心を病む若い人たちの事が僕の心をよぎった。そして僕の頭から離れなくなった。目まぐるしい動きの喧騒とした都会生活より自然の中の生活のほうが住み良いだろうな、と思ったりした。鬱病で悩む人を何人か知っていたが、皆、優しい心の持ち主で正直な人であった。小さなことでも胸に受け止めて、くよくよと思いつめるところがあった。受け流すとか、聞き流すとかが出来なく、要するに、誤魔化すことが出来ない、ずるさが無いのだと思った。或る青年は線路に入って命を捨た。彼も真面目で正直な青年だった。その前の日に我が家の縁側で普通に話をしいたのでショックだった。妹が勤めていた同じ刈谷の日本電装をしばらく休んでいたところだった。後から鬱病であることが分かった。

最近は、お年寄りを狙った悪徳商人が多い、俺・俺・詐欺が多い。目新しいところでは、インチキ・リホームで高齢者の住宅を狙う悪徳建築屋が出てきて、次から次と悪知恵を働かせてくる者が多い。鬱病で心を病む人たちとは正反対の人たちだが。心を病む人には、この悪人の多い社会の中でギヤーを合わせる事が、一体全体、無理なのかも知れない。

僕は上京して今の妻と結婚した。そのことは、そっと胸にしまって置きたい事だけれど・・・木村さんという妻の友人から話があった。木村さんも妻と同じように、ローア者であった。「牛久さんをどう思いますか?」「牛久さんは良い人だから結婚してください」「井上さんは私たちを助けるために、この佐田被服の縫製工場に来てくれたのですね。・・・だから結婚して下さい」と紙に書いての単刀直入の要望の筆談だった。これが運命の一枚の紙になった。

さすがに即答は出来なかつた。三日三晩考えた。牛久という彼女は20人ほどの女子寮の責任者であり、同じローア者の面倒をよく見ていた。目の綺麗な清純で優しい娘だった。縫製の技術は高度な技術者として120人ほどの縫製工場の特別班で指導的な仕事をしていた。紳士服の工場であったが、婦人服も、子供服も全部こなせると、友人の工場長の自慢の社員であった。耳が聴こえなく言葉が不自由で或るというだけで、親の援助も無く、一人で生活をしている。立派な社会人である。ローア者というだけで断ることは差別である。差別する事は出来ないと思た。

小学校5年生のとき、当時死の病と嫌われた肺結核になり、人から恐れられ嫌われた。担任の教師でさえ近寄らなかった。差別される眼も言葉も恐ろしかった。だから結婚の話を承諾した。親の反対は覚悟の事だつた。手紙を出したところ、案の定、猛反対してきた。「そういう娘さんは同じような人と結婚するのが一番幸せなのだ」「妹の結婚に差し支える」等々、ありとあらゆることを並べて反対をしてきた。「何もそ言う娘さんを寄りによって・・」と反対をされた。

彼女は、ローア者と結婚することは両親から反対されていたので、結婚はしないと決めていた。まさか健常者と結婚できるとは思いもよらなかった。親に手紙で報告した。両親も驚いたことだろう。コロンビヤ工場の元労働組合の委員長をしていたという親戚代表の人が、結婚詐欺では無いか?と不審に思い、僕を訪ねてきた。僕に直接あってそのような者ではないと親に伝えた。両親は喜んだ、特に母親は嬉しかったと思う。しかし僕を見に来た叔父さんが一言付け加えた。「そんなに喜んでいるが井上君のご両親は猛反対だから普通の嫁入りは出来ないよ、そのつもりで」と言われた、その一言が胸に突き刺さってしまった。喜びが大きかっただけに、心配も大きかつたのだろう。夜も眠れない日が続いたようだ。或る朝、鶴見川の土手を歩いて滑り落ちてしまった。「母、急病、すぐ帰れ」と彼女に知らせが届いた。翌日僕も病気見舞いのつもりで尋ねた。家の前を喪服を着た人たちが出入りしていた。変だなと思った。事情を知り驚いた。彼女が僕の膝に泣き崩れて来て涙を一杯流して泣いた。悲しい思い出である。桜木町駅の大きな電車事故のあった同じ日であったと記憶している。

もし話を聞いてあげる人がいて、胸に刺さった一言の「言葉の釘」を抜いてあげることが出来たら、一人思い悩んで川の土手を歩き回らなくてもよかつたのにと思った。話を聞いてくれて絡んだ糸を解いたり、突き刺さった釘を抜いてくれる人が大事だと思った。

今多くの人が、インターネットで心の病を訴えて、同病の人を求めている。「同病相哀れむ」と言うことか知れないけれど、僕は社会の人々に鬱病と言う心の病を知り、理解してほしいと言うサインだと思う。普通のサラリーマンであったり、学生であったり、外見では分からないから、何とか理解して欲しいのだと思いながら、川面を見つめていた。
川の流れは穏やかに流れていて、蛍光色の目印が囮鮎の動きに合わせて、緩やかに揺れていた。鮎は一向に釣れなかった。

                    (2005・7・22)


拍手喝采!・・パチパチ←ここをクリックみなさん応援してください!




  1. 2005/07/22(金) 02:36:31|
  2. 小説・エッセイ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:7

三毛猫 ミー



三毛猫 ミー  いのうえ つとむ

三河の田舎町の小高い山の裾にある僕の生まれ故郷は、温暖な蜜柑畑に囲まれたのどかな20軒余りの集落で、松が茂っていて「茂松」と呼ばれていた。元々僅かな田畑を耕していた小作農で、蜜柑と米と麦と野菜と蚕の飼育用の桑を耕作する平凡な農家だった。

終戦後マッカーサーの農地改革のおかげで、借りていた田畑が自分のものになった。祖父や父をはじめ、家族のその喜びようは譬えようが無い。何故かと言うと我が家の家系を遡れば、農地などまったく無い武士の端くれのようだった。井伊直弼が桜田門で襲われたとき、雪の降る江戸まで家族が消息を尋ねて行ったと子供の頃に聞かされた。明治になり、生活の糧にと水車小屋を創めて、玄米を精米にし、吉田の町まで荷車を引いて売りに行ったことを祖父からよく聞かされた。吉田といえば今の豊橋である。東海道線の駅、愛知御津、西小坂井、小坂井、そして豊橋と続く。およその距離は想像できると思う。

先祖を尋ねてみると、甚作、兵作、繁造、信久、そして僕となる。
水車小屋は兵作の代からだと思う。焼き鏝(ごて)が兵の字に山の形を乗せて「ヤマヒヨウ」と言う商漂であったからだ。
曽祖父の兵作は酒が好きで腰にひょうたんの酒ツボをぶら下げて、お喋りで、頓知がよく、ひょうきんな人だったようだ。そのひょうたんが残っていた。当時、「顎兵」と渾名され三河では有名な人物だったと伝え聞く。おかげで祖父の繁造は、子供のときから荷車を引いて働いた。わらじを何足も履き替えたという。祖父とお祭りなど親戚に行くとき、一緒について歩いていると「道を歩くときは下を向いて歩け、道には何か落ちている。釘1本でも役に立つからな。」と必ず言われた。質素な生活だった。

終戦後、父はしばらくしてから結核で倒れた。そのとき僕も父と枕を並べて療養した。叔父や叔母が帰ってきて次々と結核で倒れた。12人家族のうち5人が病に伏した。父はやがて田畑の耕作は祖父と父の弟に任せて 50羽の鶏を飼育した。療養をしながら卵で栄養を摂るためと養鶏で生活の目途を立てるためであった。当時、卵は高級品だった。食料が無く薩摩芋が主食代わりの時代だ。やがて50羽が100羽になり200羽になり300羽になった。300羽でも卵は高値でかなりの現金収入になったようだた。鶏の餌があるから鼠が多く鼠対策に猫を飼った。白黒の猫が多かった。

白黒の猫は「ぶち猫」と呼ばれ並みの猫とされていた。。白黒茶の三毛猫の雄は少なく、たまに三毛猫がいても雌だったりした。縁起を担ぐのか鼠をよく捕るのかは知らないが、雄の三毛猫が重宝がられた。ぶち猫が続いた後 、やっと雄の三毛猫が我が家の一員となった。早速「ミー」と名付けられた。ミーは頭もよく鼠獲りの名手だった。鼠を獲るときミーは物置や屋根裏でジット根気よく動かずに鼠の来るのを待ち伏せしていた。獲った鼠は得意になって家族の者に見せにきた。2年、3年と経つうちに成長して大きな猫になった。鼠では飽き足らず鶏を獲るようになった。味を覚えてしまい一度や二度ではすまなかった。隣近所の鶏も狙うようになった。さすがに父も我慢できずミーを処分しなければと言い出した。食糧難の時代なので犬でも猫でも肉屋に持って行けば買ってくれたが、殺すのは忍びないので豊橋を流れる豊川まで自転車に乗せて捨てに行った。

二ヶ月ほど過ぎた頃、聞きなれた猫の声がする。「あっ!ミーだ。ミーが帰って来た。」家族のものがあちらこちらで歓声を上げた。「よく帰ってきた」「よく帰ってきた」みんなで喜んだ。
犬が帰ってきたことは聞いているが猫が帰ってきたことは聞いたことが無いと近所でうわさになった。

しかし、このままにしておけば、前のように鶏を襲う。どうしたらいいものかと考えた挙句、犬のように鎖で繋ぐことにした。
鎖に繋られたミーは、鶏の飼料を撹拌している僕の足元に来て体をこすりつけていつも甘えていた。

 (2005・7・)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください











  1. 2005/07/13(水) 07:04:59|
  2. 小説・エッセイ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

女のセュクスは子を産んでから

  セックス その喜び  いのうえ つとむ


「大学の先生って自分の時間があって良いナー」
そんなことを思いながら よく夕食をご馳走になった

奥さんは元バレリーナー
先生より10歳ぐらい若かったと思う

二度目の若い奥さんだった 僕より3歳上のお姉さん
身のこなし方 歩く姿 常にバレリーナーそのもの

その足がよく肉離れした
結婚してバレーをしなくなったから

「一日練習を休むと後が大変
取り戻すのに10日も20日も 掛るのよ」

「結婚して たまにレッスンするとこれだから」
そう言いながら太ももを見せてくれた

お 酒が回ってくると 話がだんだん H 未知の世界?
童貞君は 先生の講 義を聴いた

「 ネェ つとむさん 女のセックスなんて
子供を生む前は ままごとよッ 」「 ホント 」

「 私ほんとにそう思う 女のセックス奥が深いのヨ 」
「 うフフ 嘘じゃないてバー 奥が深いの 奥が深いの 」

男 に は分からない 女性の身体 奥さんの話のように
女性のセックス その喜びは 計り知れないのかも

花には 雄 蘂 と 雌 蘂 虫も動物もみな 雄と雌
今更ながら不思議に思う ほんと不思議

どこを向いても 男 と 女 ほんと不思議
右向いても 左向いても 男 と 女
 
  (2006・6・15)




拍手喝采!・・パチパチ←ここをクリック
みなさん応援してください!





  1. 2005/06/15(水) 05:58:04|
  2. 小説・エッセイ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<< 前のページ