走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

麦踏(再・母の思い出)

 麦踏  いのうえ つとむ

北風が吹く
ビュウー ビュウー
北風が吹く
ビュウー ビュウー

麦畑は凍りつき
霜柱が立っていて
キュキュ ギシギシ
踏むと音がした

麦の芽は4・5センチ
青々と 青々と
小人の兵隊のように
行列で並んでいた

もんぺ姿の母さんが・・・
母さんが麦を踏んでいて
僕も並んで踏んでいた
双子の兄と並んで踏んでいた

母さんと一緒にいるのが
嬉しくて 嬉しくて

「麦踏しないと」
「弱い麦になっての」
「大きくなって」
「麦が大人になっての」
「倒れてしまうのさ」
「麦が実らないでのん」

母さんが話してくれたが
霜柱に浮いた麦のことだと思った
子供のときは人間も同じだとは
少しも思わなかった

「どんな出来事も 過去になり
 向かい合えるようになれば
 それは自分の糧になるということです」

まだ若い貴女の言葉です
悲しい辛い道を通ってきた人の言葉です

僕は母さんと麦踏したことを
・・・・・懐かしく思い出していた



(2005・7・24)

スポンサーサイト




  1. 2007/12/04(火) 14:03:15|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://densan.blog9.fc2.com/tb.php/804-cc7acae5
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。