走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

蝉の一声

  蝉の一声  いのうえ つとむ


林の木立は
蝉が奏でる交響詩

のっぺらぼうな
音階も

時にうるさく
時には悲しい

勢一杯
体を震わせ

恋の歌を
奏でながら

「さよなら」と一声残して
去っていった

もう二度と合うことは
無いでしょう

その短い命

 (82005・8・27)

スポンサーサイト




  1. 2007/12/04(火) 13:49:35|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。