FC2ブログ

走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

東京の空

   東京の空  いのうえ つとむ

風を切って高速道路を車は走る
ベイブリッジを渡ると東京だ

爽快 ! 爽快 !
爽快 !そのもの !

次男の運転は、急発進 !急ブレーキ !
それでも気を使って運転している

「 親父 大丈夫 大丈夫 」
と言いながら

橋を渡ると急に排気ガスで淀んだ空気
空もぼんやり ぼやけている

「 千恵子は東京には空は無い」・・・
と高村光太郎は詩っていたが

あの時はもっと綺麗だったはず
今だったらなんと言うだろう

「 よくこんな所で生活が出来るね!」
「 北海道は綺麗だった!」

「 空気が澄んでいるので 」 
「 山が近くに見えたよ! 」と

運転しながら・・・
途切れ途切れに次男が言う

どんよりとした空の色
みんな排気ガスの仕業

知事が怒るのも解かる
本当に汚れている

洋光台の小高い山の上から
・・・東京を見ると

どんよりと曇ったスモッグの中から
高層ビルが立ち並ぶ

今 その中を走っている
風を切って走っている

慣れとは恐ろしい
毎日毒を吸っていても

それほどなんとも思わない
習慣とは恐ろしい

そんな中を友達は住んでいる
「 体があまりよくない 」と年賀状にあった 

心配だった
それでも何とか元気そう

「 数日前まで入院していたのよ 」
「 車椅子でなくてよかったね 」

10年越しの再開
懐かしいやら 嬉しいやら

書道学校のときは
溌剌としていたけれど

病気をするとやっぱりやつれる
年を重ねると何処かネジ緩んでくる

病気になって
どう受け止めるか

どう乗り越えるかが
人生のゴール前の最後の勝負 !

「 千恵子は東京には空が無い 」・・・
と光太郎は詩っていたが・・・それは昔のこと

今の東京の空をなんと言うだろう
どんより濁った空の下


   (2005・25)



拍手喝采!・・パチパチ←ここをクリックみなさん応援してください!
スポンサーサイト




  1. 2005/06/27(月) 06:38:49|
  2. 日々のできごと|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する