走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

少年期

 少年期  いのうえ つとむ 

朝が来るのが恐ろしい
夜が来るのが恐ろしい

眠れない夜が来て
眠れない朝が来た

風の音にもおびえて
太陽も恐れた

死の不安におののいた
小さな胸の少年期

***********************************************************

歳を重ねて、70歳を越え、少年の頃の悲しみは遠い思い出です。

けれど少年期の心の形成は骨の髄まで沁み込んで今があると思う。

***********************************************************
 
老年期  いのうえ つとむ

鳥のように羽ばたき
朝が来るのが楽しい

揺り籠に揺られるような
夜の眠りが嬉しい

花が笑顔に見え
小鳥の囀り笛の調べに

星に夢見て
月に癒され

皴だらけの老年期

(2007・3・7)
この詩は夢風千さんへのコメントのお返しから。






拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください
スポンサーサイト




  1. 2007/03/07(水) 07:38:24|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:17

  

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/03/09(金) 01:10:19 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

ああ~dorothyさん

何時もコメント有り難う!

ああ~・・円熟なのはドロシーさん

でんちゃんはしなびた蜜柑

見た目は悪いが・・中身は甘いよ。
  1. 2007/03/08(木) 21:27:52 |
  2. URL |
  3. でんどう三輪車 #-
  4. [ 編集]

ああ~

ナイーブな少年期。円熟の老年期。どちらも豊かですね。
  1. 2007/03/08(木) 20:55:49 |
  2. URL |
  3. dorothy #-
  4. [ 編集]

アンジェリーナ さん元気出してね

生きて行くということは・・辛い事や哀しい事が多いよね・・だから喜びもひとしお大きいのですね・・アンちゃんも自分だけが悲しい辛い星の下に生まれて来たと思わないで・・みんな同じ星の下で生まれて来て生きているのですね・・元気を出してね・・何時も応援有り難う。
  1. 2007/03/08(木) 18:21:13 |
  2. URL |
  3. でんどう三輪車 #-
  4. [ 編集]

「老年期」の詩には優しさと穏やかさを感じます。
「少年期」は哀しみと心の痛みが伝わってきます。
そしてその言葉に共感を覚えました。

 朝が来るのが恐ろしい
 夜が来るのが恐ろしい

 眠れない夜が来て
 眠れない朝が来た

 風の音にもおびえて
 太陽も恐れた

まさにこんな毎日を過ごしてきたから。
ずっと。そして、今もそんな夜と対峙しながら
生きているのです。
でも、でんちゃんや優しい皆さんの詩に心癒され、
尖ったナイフが少しずつ抜けていくような気もす
るのです。
今日朝を迎えられたこと、生きていることに感謝
できるようになったのです。
ありがとうございます。
  1. 2007/03/08(木) 16:21:48 |
  2. URL |
  3. アンジェリーナ #-
  4. [ 編集]

夢風千さん有り難う!

かぜくさ・さんと仲良しになれて良かったですね・・素晴らしい『かぜ草・博物館』を知っていただいて・・こんなに嬉しいことはありません。
・・よろしくね
  1. 2007/03/08(木) 13:55:52 |
  2. URL |
  3. でんどう三輪車 #-
  4. [ 編集]

なりたか&miko さん有り難う!

もっとも多感な子供達と接して・・大変ではあるけれど尊いお仕事ですね・・寺子屋の子供達は・・大きな将来があり夢があり・・其の子供達と共に涙を流して共に喜ぶ・・素晴らしい人生を送っておられると何時も感心しております。
  1. 2007/03/08(木) 13:50:31 |
  2. URL |
  3. でんどう三輪車 #-
  4. [ 編集]

megumilk の恵ちゃん有り難う!

恵ちゃんも子供の時苦労をしたのですね・・人生の後半は必ず良くなりますよ・・お仕事は慣れましたか・・デザインの仕事は自分の力を発揮できますから張り合いがありますね・・お体だけは無理なさらないように。
  1. 2007/03/08(木) 13:31:12 |
  2. URL |
  3. でんどう三輪車 #-
  4. [ 編集]

昭雄さんいつも有り難う!

でんちゃんも少年の頃が有ったんですよ・・人生って長いようで短いようで不思議ですよね・・それぞれドラマを演じてきたのですね・・有り難うね。
  1. 2007/03/08(木) 13:21:40 |
  2. URL |
  3. でんどう三輪車 #-
  4. [ 編集]

少年期の感性

でんどう三輪車さん
おはようございます。

少年期の感性は、誰しも忘れがたい感性があると思います。不安定な時期ですが、その繊細さに憧れます。
そして豊かな老年期の詩は、
~花が笑顔に見え
~小鳥の囀り笛の調べに
のように、自然と融合するゆとりが生まれるのですね。

でんさんの詩は、いつも心癒されます。

Livedoorのサイトはコメントの不具合が多くて困ります。どうぞ懲りずに、お出で下さいね。
楽しみにしています。

応援のぽち。
  1. 2007/03/08(木) 07:13:16 |
  2. URL |
  3. なりたか&miko #-
  4. [ 編集]

コメントを心に留めて頂いて・・

ありがとうございます。
重い大切な言葉だと、受け止めました。
少年期の記憶は永遠ですね。
私も色々あり、あまり思い出したくも無いです。
でも、立派ですね。
怒りもせず、当たりもしないで、生きてこられて・・
詩もその人の心を写しますね。

PS
今日、かぜくささんの所に訪問し、
探していた物を見つけました。
本当に、素敵な写真・・
心のレンズで撮られる方だと・・
でんどう三輪車さんの言葉・・
写真はその撮る人の心を写すと・・
その通りだなと、実感しました。
枯葉にもあの優しい眼差しを送る・・
  1. 2007/03/07(水) 23:35:18 |
  2. URL |
  3. 夢風千 #Z7LMGkjQ
  4. [ 編集]

私は、少年期の詩に共感します。まあ老年期はこれからなんだけど、そう、ちょうど少年期の詩のような思いをずっとしてきたから…朝も夜も24時間辛かった。生きる事のありがたさを今は噛み締めています☆ポチ♪
  1. 2007/03/07(水) 21:29:33 |
  2. URL |
  3. megumilk #-
  4. [ 編集]

少年期

でんさん
共感します。
年齢をいくつ重ねても少年期の思いは永遠ですね。
いつも応援ありがとうございます。
応援ぽっち。
  1. 2007/03/07(水) 15:59:07 |
  2. URL |
  3. 昭雄 #2tnoHdy6
  4. [ 編集]

はれるやんさん有り難う!

お久しぶりですね・・有り難うございます。
ところで例のフレーズ初めて見ました・・聞いた事もありません・・テレビの会話に同じような言葉があったのですか・・銀行の体質をこの言葉がずばり言っていますが・・商品化されている言葉ではないと思いますが・・中々的を得た耳新しい言葉ですね・・遠慮しないでいいのでは・・でないと言葉など使えなくなるように思うし・・どうなんでしょうかね・・はれるやんさんが・・老人の言葉を聴いたのだから・・それを作品に入れてもいいのでは・・たまたまドラマの中で同じ言葉があったので仕方が無いよね・・巷で使い古された言葉では無いと思いますよ・・著作権とか面倒な問題は美也子さんにお任せします。
  1. 2007/03/07(水) 13:45:52 |
  2. URL |
  3. でんどう三輪車 #-
  4. [ 編集]

美也子さん有り難う!

早速ハルレやさんを訪問して拝読しましたが配達が有るので・・配達に行ってきました・・これから昼ごはんです・・はれるやさんからのコメントを頂きましたので・・ご返事ははれるやさんのほうにしますね。
・・少年もいつの間にか老人です・・でも気持だけは美也子さんと同じように若いよ。
  1. 2007/03/07(水) 12:55:18 |
  2. URL |
  3. でんどう三輪車 #-
  4. [ 編集]

時の流れを感じました

おはようございます。
でんどうさん、ご無沙汰しております。

「少年期」と「老年期」……読み比べてみて、前者では鋭く光るガラスの破片を、後者ではふっくらと咲く白い牡丹を思い浮かべました。
私もとてもいい詩だと思います。

ところで横レスですが、美也子さん、わざわざありがとうございます。
私が気になっているのは、とある医院で耳にした男性のお言葉。 ↓
「銀行ってやつは晴れている時に傘を貸してよこすくせに、雨が降るとそいつを取り上げちまうんだ」

とても印象的で、いつか創作に使いたいと思っていたのですが、先日ドラマの中で全く同じ台詞を聞きました。
有名な言葉なのかどうかが気になっているのです。
もしかしてでんどうさんならご存知なのかなと、私も思いました。
  1. 2007/03/07(水) 10:26:12 |
  2. URL |
  3. はれるやん #-
  4. [ 編集]

いい詩ですね……

「老年期」
こんなふうに日々を過ごせれば、それだけで幸せですよね。
年齢は関係ないかもしれないけど、この心境
若い時はなかなか味わえないものかもしれません。

ところで、はれるやんさんが抱いている疑問
でんどうさんならご存知かもと思い、呼び出しに参りました。
リンク上から4つ目にお出かけいただければ幸い。
  1. 2007/03/07(水) 09:17:12 |
  2. URL |
  3. 美也子 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://densan.blog9.fc2.com/tb.php/683-2bcf78e8