走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

梅一輪

 梅一輪  いのうえ つとむ

暖かな日が続いて箱根は雲ひとつ無い青い空であった。
日帰り温泉「姫の湯」の見慣れた梅の木はまだ固い蕾であった。
初めて会ったお客さんと談笑しながら、ゆっくりと温泉で体を温め心身を癒した。
夕刊の配達があるので2時半には家に帰らなければならない。
大平台の駅までは歩いて数分かかる。
細い道の崖の上でひなびた宿の庭にポツリポツリと白い梅の花が咲いていて暫らく見とれていた。
湯本行きの電車は出たばかりなのだろうか。
駅に着いて時計を見ると次の12時47分湯本行きの電車が到着するのにまだ数分あり、木の椅子に腰掛けて電車の来るのを待った。
先に来たのは反対側の強羅行きの登山電車であった。
大平台の駅で登山電車は急な山を登るためスイッチバックをするのである。
「まだ来ないのかなあー」と思いながら鞄の中から蜜柑を一つ取り出して皮をむいていると、2歳か3歳ほどの女の子が僕を見ていた。
突然「蜜柑・蜜柑」と抱かれている若い父親の袖を引くと、父親も母親も気が付いて微笑みながら軽く会釈してくれた。
子供が両手を振っているので、僕も笑顔で手を振って返した。
強羅行きの登山電車は車輪の音をきしませてゆっくり動き出した。
子供はバイバイと見えなくなるまで小さな手を何度も振ってくれた。

幼い少女は老人が椅子に座って蜜柑の皮をむいていることも、バイバイをして手を振った事もいつか忘れ去る事ことかもしれない。

人生にはいろいろな人との出会いがあり、恋人や夫婦のように深い絆を結ぶ人もある。
多くの人とかかわり、友達になり、また親友として喜びや悲しみを分かち合い生涯を通してお付き合いする人もある。
愛し合ったり慰めあった人とも、いつか別れる日が来て、悲しみを味あう事もある。
時には裏切られ、傷つき、打ちのめされて辛い思いをする事もある。

出会いというものは不思議なものでこのような幼い少女との数分の出会いも特に心に残った。
僕は爽やかな思い出として終生忘れる事は無いだろう。
まだ開きつつある一輪の白い梅の花を抱くように大事に胸の中にしまってある。


2月3日節分の日の思い出
(2007・2・6)
 




拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください

スポンサーサイト




  1. 2007/02/06(火) 09:18:16|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:12

  

コメント

夢風千さん「まいど」コメント有り難う!

毎度・毎度有り難う!・・最近は根気が無いのか・・時間が無いのか長い文章は少なくなりました・・でんちゃんの生き様を知って戴くにはカテゴリーの『小説エッセイ・・コラム・・自然との・・等を開いていただけたらと思います・・但しお時間があるときにね・・拙文ですがよろしくね。・・今から配達に行ってきますね。
  1. 2007/02/16(金) 09:17:55 |
  2. URL |
  3. でんどう三輪車 #-
  4. [ 編集]

まいど ですww

文才がある・・すごいですね。
あっという間に読み終えていた。
そして、心に残る。

出会いは不思議ですね。
会えてよかった人も居れば、そうでない人も中には居ますからね。
そのとおりだな・・と、ちょっぴりしんみりしましたね。

強羅には何度か行きましたね。
>スイッチバック
懐かしい言葉だな・・って。
いつもあの急勾配を上り下りする
外の景色を見逃さないように、まるで子供のようでしたね。ww
毎度でポッチ、また来ますね。。



  1. 2007/02/16(金) 00:30:39 |
  2. URL |
  3. 夢風千 #Z7LMGkjQ
  4. [ 編集]

雨ちゃんコメント有り難う!

*芥川龍之介の「蜜柑」が思い出されました。

でんちゃんも前に青空文庫で読んで・・さすが天才!・・凄いなーと感激しました・・研ぎ澄まされた簡潔な文体と・・読む先を想像させながら読ませていく短編小説の極意に感激の極みでしたね・・子供の時学校に行けなくて裏山でメジロなど小鳥と遊んでいたので・・今でも誰にもまねの出来ない高音の口笛で小鳥を寄せる事が出来ますよ・・それは特技かもね。
  1. 2007/02/07(水) 13:29:19 |
  2. URL |
  3. でんどう三輪車 #-
  4. [ 編集]

ふいに
芥川龍之介の「蜜柑」が思い出されました。
開かない汽車の窓を懸命に開いて兄弟たちに蜜柑を投げる光景が
もう20年以上も前に読んだのに
ありありとよみがえって来ます。

でんちゃんの文も,自然のただ中にいると
よぎることがあります。
「これは,メジロだよ。賢い鳥なんだ…」
たくさんの鳥の名や樹木の名前を
ここで,覚えました。
たくさんの思い出の数だけ。
  1. 2007/02/07(水) 00:52:34 |
  2. URL |
  3. 雨 #-
  4. [ 編集]

さき ちゃんコメント有り難う!

無垢で天真爛漫・・さきちゃんにも・・でんちゃんにもこういう可愛い子供の時があったんだよね。

理屈ぬきに周囲が明るくなる・・やっぱり幼い子の笑顔は良いですね。

夕刊を配達していると・・生まれた時から知っている子ですが・・会うたびにバイバイをしてくれます・・以前水溜りを楽しんでいた詩を書いたことがありましたね。
  1. 2007/02/06(火) 22:37:30 |
  2. URL |
  3. でんどう三輪車 #-
  4. [ 編集]

師匠も甘いものが好き

度々ありがとうございます・・甘いものが大好きなのですね・・時には良いけれど体調気をつけてくださいね・・でんちゃんも大好きですが「こらえて」います・・内緒の話ですが・・小田原の駅の売店で・・味見用の饅頭を・・一口・二口・三口と口に入れてしまいます・・奥チャマがそれを卑しいと嫌うのです・・常に食べないので美味しい事・・美味しい事。
ワカサギ美味しいですね・・楽しみにしています・・有り難うございます。
  1. 2007/02/06(火) 22:28:31 |
  2. URL |
  3. でんどう三輪車 #-
  4. [ 編集]

小さい子供

久し振りのコメントです。

小さい子供は無邪気で可愛らしいですよね。
その時その時「今」を目いっぱい楽しんでいる姿は見習わなきゃなぁと思います。
またそんな子供達に元気をわけてもらえるような気がします。
先日会社のお客様の子供がとても可愛くて
目を離せませんでした。
周りの空気までも和やかになって
子供ってすごいなぁと思いました。
  1. 2007/02/06(火) 20:02:33 |
  2. URL |
  3. さき #-
  4. [ 編集]

先月一人でワカサギ釣りに行ってきました。朝は寒くて凍えましたが、なんとか釣りになりました。冷凍庫にキープしてありますので、こちらに来た時までとっておきます。1月は呑みすぎて体重がかなり増えましたが、これから又少しずつ食事で減らしていきます。今はなにしろ甘い物が食べたくて仕方がありません。おはぎとか大福を沢山食べている夢を見るんですから
  1. 2007/02/06(火) 17:25:08 |
  2. URL |
  3. またまた鮎太郎 #-
  4. [ 編集]

昭雄さん今入れ替わり

コメント入れた所です・・いつも応援有り難う!・・東京で桜が咲いたとテレビで言ってきたけれど・・異常気象ですね。
  1. 2007/02/06(火) 12:58:46 |
  2. URL |
  3. でんどう三輪車 #-
  4. [ 編集]

梅一輪

でんさん
日帰りの温泉を満喫されたのですね(^^)
微笑ましい光景って良いですね。
梅の蕾のもうすぐで膨らむのでしょうね‥‥。
こちらは100年に一度の暖冬少雪だそうです。
でんさんもご自愛くださいね。
応援ぽっち。
  1. 2007/02/06(火) 11:38:02 |
  2. URL |
  3. 昭雄 #2tnoHdy6
  4. [ 編集]

師匠・・孫・孫・ですね

コメント有り難うございます・・有さんも二人ともお孫さんで毎日・日が暮れそうですね・・でも鮎のシーズンになれば落ち着いていられなくなるでしょう・・それを期待して今日も配達に行ってきます。

トラックバックしてくれた*リンクの『真プライベート・ロード』の美也子先生の所をクリックして見てくださいね・・「親友」について・でんちゃんのコメントがあります・・お世話になった奥様によろしく。
・・あ!・・それから飲み過ぎないようにね。
  1. 2007/02/06(火) 10:37:28 |
  2. URL |
  3. でんどう三輪車 #-
  4. [ 編集]

お久しぶりです。小さな子供は可愛いものですね。特に女の子は?私にも孫が出来て週に一度くらい会いますが「じいちゃんと言って良くついて来ます」7月に又生まれますが、又女の子を望んでいます。孫にべったりだと今年の鮎釣りも行く数が減りそうです。楽しみは釣りよりも孫になってしまいましたね。有さんにも先月に孫が生まれたようですが考えは私と同じでしょうかね?
  1. 2007/02/06(火) 10:19:24 |
  2. URL |
  3. 鮎太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://densan.blog9.fc2.com/tb.php/640-c837ebd2