走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

引きこもりの君へ 籠の鳥

   籠の鳥       いのうえ つとむ

「 籠の鳥 」 といったら昔 女性のことを言った
自由の利かない 女性のことを言った

僕は子供のとき 小鳥を飼った
メジロが可愛いので メジロを飼った

メジロはよく馴れ よく囀った
小指につけた蜜を 美味しそうに吸った

籠の中の狭い世界が メジロの世界になった
籠の中が安全な 世界なのだろう

山に返してあげようと 戸を開けても
なかなか外に 出ようとしなかった

メジロの話を いつか話してあげたね
君は僕にだけ心を開いてくれて 聞いてくれた

君の鳥かごは 白い壁
君の鳥かごは 父母の愛

勇気を出して 飛び出してごらん
勇気を出して 勇気を出して

社会に 飛び出してごらん
社会の歯車は 早いけれど

自分の歯車に 社会の歯車を 
合わせればいいんだと

前に話してあげたね 
うん うん と君は頷いていた

先日 スウパーの袋を提げて
お母さんと歩いていたね

もう君も30歳過ぎたよね

  


三輪車を応援する!←ここをクリック
みなさん応援してください!



(2005・6・10)
スポンサーサイト




  1. 2005/06/10(金) 00:34:20|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

  

コメント

こんにちは。
2日の記事にトラックバックさせていただきましたが
今日の詩の

社会の歯車は 早いけれど

自分の歯車に 社会の歯車を 
合わせればいいんだと

――を読み、こちらでも良かったと感じています。
私のところ、字が小さくて申し訳ありません。
  1. 2005/06/10(金) 11:05:09 |
  2. URL |
  3. 美也子 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する