fc2ブログ

走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

いのちのいろえんぴつ

今朝、読売新聞を広げて『編集手帳』に目が釘付けになった。

/////////////////////////////////////////////////////////////////

たどたどしい鉛筆の跡に、震える指先が見えるようである。
「糸とおし/玉結び/ゆっくりだけど/一人でできたよ」
            「2003年6月11日17時00分」、

日付と時刻のあとに「加純」となまえがある。これまで、時刻の記された詩を読んだことがない。近刊の詩画集「いのちのいろえんぴつ」(教育画劇)を開いている。
その少女、北海道厚岸町の豊島加純さんは10歳の時に脳腫瘍がみつかり、体が徐徐に麻痺して行った。通っていた小学校の先生から12色の色鉛筆とノートをもらった。加純さんは詩を書き、絵を描いた。

「12色/ここは12色のいろがある/目立たない色もあるけれど/みんな/がんばっている/ひとつ、ひとつ」。

利き腕の右手が動かなくなり、慣れない左手で描いた色鉛筆の美しい線が時々振るえ、色と色が交じり合っている。

日ごとに病勢が進んでいく中で、最後まで「生きるのをがんばる」と話していたという加純さんは、2年半前の2003年(平成15年)9月、11歳で亡くなった。

「先生がこのノートを見てなみだを/流してくれた/自分が/書いたもので/人が泣いてくれる/うれしかった/だから/がんばってかく/2003年・6・15/13時54分/豊島加純」。残り少ない命の時間をいとおしむような、分刻みの時刻が目にしみる。

/////////////////////////////////////////////////////////////////

この記事は、詩を書くものとして、詩の原点に帰らさせてくれたと思う。何の飾り気もない、ありのままの、命をいとおしむ素直な心が詩を書くのに一番大切なことだと思う。
ともすれば言葉の綾や文体や構成にとらわれがちな詩作に、加純さんの詩は今一度自分の足元を見直させてくれた。

(2006・4・19)(9時34分22秒)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください

スポンサーサイト







  1. 2006/04/19(水) 09:34:21|
  2. 日々のできごと|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:14

  

コメント

miko さんこちらこそ

こちらこそ勉強させていただいています・・宜しくね・・有り難う!
  1. 2006/04/20(木) 13:07:49 |
  2. URL |
  3. でんどう三輪車 #-
  4. [ 編集]

いつも応援、感謝

でんどう三輪車様
おはようございます。
mikoです。

いつも応援、ありがとうございます。
でんさんの記事、心が安らぎます。

楽しみに読みにきます。
応援のぽち。

  1. 2006/04/20(木) 10:34:03 |
  2. URL |
  3. miko #-
  4. [ 編集]

さくらみかんちやん有り難う!

何時も早起きだね・・健康に恵まれているがゆえに・・そのありがたさを忘れている・・感謝・感謝・・欲というものが無い・・純粋な心・・この原点に気がつきました・・ランクも二人がよく並んでいますね・・お互いにいつまでも仲良く・・宜しくね。
  1. 2006/04/20(木) 08:23:43 |
  2. URL |
  3. でんどう三輪車 #-
  4. [ 編集]

分刻み

たった10歳の女の子が書いたとは思えない、重い言葉ですね。
命の重さをひしひしと感じていたからこそ、紡ぎ出せた言葉なのだと思います。

分刻みで消費されている命は、わたしたちも同じなはずなのに、どこかそれを無視しているのだと思います。
かけがえのない時間を浪費して、やりたいこと、やるべきことをおろそかにしている。
加澄さんの失ったものを持っているのですから、今一度、原点に立ち返らないとならないと感じさせられました。
  1. 2006/04/20(木) 07:56:30 |
  2. URL |
  3. さくらみかん #bXefcIJo
  4. [ 編集]

嶋本彰 ちゃんコメント有り難う!

大きな坂を乗り越えてきた彰ちゃんが・・加純さんの詩を読んで感動してくれて・・紹介して良かったと思います・・つたない詩を書いているでんちゃんにとって加純さんの詩は原点だと思いましたね・・お互いに頑張ろうね。
  1. 2006/04/20(木) 02:58:53 |
  2. URL |
  3. でんどう三輪車 #-
  4. [ 編集]

ぼうしさんお久しぶり

コメント有り難うね・・ぼうしさんが来てくれて嬉しいな・・疲れたときは時々遊びに来てね・・同じぐらいの年の方がなくなられると辛いですよね・・命をいとおしむことをこの詩は教えてくれました・・ぼうしさんも辛いことが有っても明るく前向きに生きていこうね・・でんちゃんも遊びに行きますからね・・今は凄いネット友達でしょう・・有り難う!お元気でね。
  1. 2006/04/20(木) 02:46:18 |
  2. URL |
  3. でんどう三輪車 #-
  4. [ 編集]

いい詩ですね

読み手にまで、命の輝きを伝え、頑張って生きねば、と思わせてくれる、いい詩ですね。
私も入院していて、右手を思うように動かせなかったとき、利き腕だっただけに困りましたが、それでもすぐによくなると分かっていたので、乗り越えられました。
どんどん悪くなるというのが分かっていて、ここまで前向きに、ひたむきに生きてらっしゃった姿には感動しました。
いい詩をありがとうございます。
  1. 2006/04/19(水) 23:06:36 |
  2. URL |
  3. 嶋本彰 #-
  4. [ 編集]

お久しぶりです。

つい昨日、生きていたら自分と同じ年の人が亡くなる少し前に作られていたサイトに当たりました。
その方は酷いうつ病に悩まされていたようですが、それすらもどこかで冷静に観察しているようで、どこか浮世離れした文に心を打たれました。

その方は、結局亡くなられましたけれど、自分も愛を欲しながら、人にも愛を与えようと必死に活動されていたようにも見えました。

この加純さんも、自ら病魔に冒されながら、時を愛していたのですね。

人を愛する事、命を愛する事に、時は関係ないのだなと、ここでも痛感しました。
  1. 2006/04/19(水) 22:51:35 |
  2. URL |
  3. ぼうし #-
  4. [ 編集]

miko さんコメント有り難う!

詩の原点!・・作為はいらないね・・泉のように湧いてくる・・それぞれの持っている色鉛筆で書けば良いと・・教えられました・・何時も応援有り難うね。
ここのところ疲れが取れません・・でんちゃんも年だなーと思いますが・・其処からふけていきますから・・まだまだこれからだと頑張ります。
  1. 2006/04/19(水) 19:37:48 |
  2. URL |
  3. でんどう三輪車 #-
  4. [ 編集]

絵夢 ちやんコメント有り難う!

厳しい闘病生活の中・・なんと純粋な!・・人間で一番大事なものを教えられました・・絵夢 ちやんは病と闘っておられる・・強く生きて生きて生き抜いてくださいね・・自分の弱さに負けないでね。
  1. 2006/04/19(水) 19:29:00 |
  2. URL |
  3. でんどう三輪車 #-
  4. [ 編集]

凪さんコメント有り難う

自分の命の終点は・・いつか誰も知らない・・しかし限られた命であることを知って・・「分刻み」「秒刻み」胸が締め付けられる思いで読んだよ・・でんちゃんも平凡な人生だけれど・・自分の人生を大事にしてあげようと思いますね・・凪ちゃん頑張ろうね。
  1. 2006/04/19(水) 19:16:18 |
  2. URL |
  3. でんどう三輪車 #-
  4. [ 編集]

いのちのいろえんぴつ

でんどう三輪車様
mikoです。

>この記事は、詩を書くものとして、詩の原点に 帰らさせてくれたと思う。
こんなすばらしい詩を、誰が書けるでしょうか。
自然に湧き出る命の泉。
詩とは、そういうものなのでしょうね。

皆、それぞれ命の色の鉛筆を持って生きているのですね。
ありがとうございました。

応援のぽち、またきます。
  1. 2006/04/19(水) 18:31:59 |
  2. URL |
  3. miko #-
  4. [ 編集]

色鉛筆

>残り少ない命の時間をいとおしむような、分刻みの時刻が目にしみる。

分刻み っていうのがとても辛いね。
作為もなく素直に表現しているから、より分刻みが胸に痛いね。
  1. 2006/04/19(水) 17:30:58 |
  2. URL |
  3. 絵夢 #-
  4. [ 編集]

いとおしい。
そんな風に感じました。命がとてもいとおしい。
短いけれど、素晴らしく純粋に愛情に溢れて、可憐で・・なんていうか、とても命を大切に、そして愛して亡くなって行かれた・・そんな感じがします。

今日はやっとHPが出来たのでそのお知らせにやって来たのでした。
でも思わず読みふけってしまいました。
紹介して下さってありがとうございました。感動しました。

新しいHPはタイトルは同じなので、URLだけ変更お願いしますm(_ _)m
http://kyoto.cool.ne.jp/nagiuta/

どうぞ、これからもよろしくお願いします。
  1. 2006/04/19(水) 10:33:02 |
  2. URL |
  3. 凪 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する