走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

サーカス

 サーカス 


ピアノ線の上を

綱渡りしてみると

解るのかもしれない

大切なものが


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


夢も野心も慈しみも

ちっぽけな下心も

見て見ぬふりをしてくれるかい


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「サーカス」の歌悲し。

薄闇を

飛び交う

蝙蝠

( 雨さんの詩より )


////////////////////////////////////////////////////////////////


 サーカス  いのうえ つとむ

テントの中から
サーカスの歌が聞こえてくる
それは「天然の美」
もの悲しく耳の奥から聞こえてくる

小人がいた
顔は大人の顔
大人のしぐさ
それが何故だか悲しかった

道化が笑わせた
その笑いの眼差しは
砂漠のように乾燥していた
それが何故だか悲しかった

馬が走った
女が乗り 鞭の音が響いた
同じところをぐるぐる回って
それが何故だか悲しかった

空中ブランコで
女は・・手を離した
一瞬・・男の手につながれていた
落ちるかと思ったのに

綱渡りをハラハラして見た
棒を持ってバランスをとっていた
細い綱を用心深く
・・見事に渡りきった

戦後の片田舎の
・・小さなサーカス
猛獣はいなかった
曲芸も上手ではなかった

けれど何故か心に残った
何処となく不安そうな顔が
心に残った
人生を教えられているようで

(2006・2・3)
(この詩は雨さんの詩に寄せて・雨さんに贈る)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




スポンサーサイト




  1. 2006/02/03(金) 23:03:44|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

  

コメント

ぼうしさんコメント有り難う

中国雑技団も一種のサーカスですね・・子供の時に見ただけで・・テレビで見るサーカスはライオンがいて像がいて・・技も完璧ですね・・でも何故かサーカスは悲しいですね・・厳しい訓練の上に見せる技ですが・・道化は一番哀れを感じます・・失敗を見せて笑いをとるのですからね・・人形のような化粧と衣装も何故か悲しいですね。
  1. 2006/02/06(月) 01:39:53 |
  2. URL |
  3. でんどう三輪車 #-
  4. [ 編集]

サーカス、見た事がないのです…。

中国雑技団なら、学校の行事で見た事があるのですが…。

でも、ピエロは苦手です。
人形も人間も絵ですら。
テレビで見ても、何故なのか怖いのです。
まるで亡霊を見ている気分…。

本物をみたら、違うのかもしれません。
どうしても、サーカスは避けてしまいますが…(^_^;)
  1. 2006/02/05(日) 21:39:42 |
  2. URL |
  3. ぼうし #-
  4. [ 編集]

こちらこそ有り難う

雨ちゃん・・送信しても消えてしまった・・残念ですね・・素晴らしい詩をお借りして本当に有り難う・・これからも宜しくね。
  1. 2006/02/04(土) 23:05:29 |
  2. URL |
  3. でんどう三輪車 #-
  4. [ 編集]

ありがとうございました。

長いコメントを書きました。
でも「送信」を押すと
消えてしまいました(^^ゞ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
サーカスを眺めるでんちゃんさんの眼差しと
「サーカスの歌」や
「バケツにごはん」のことを書きました。

思いを的確に文に出来るでんちゃんさんが
羨ましいです。

ほんとうにありがとうございました。


  1. 2006/02/04(土) 14:02:51 |
  2. URL |
  3. 雨 #-
  4. [ 編集]

悲しさだけが残るのは

ドロシーさんコメント有り難うね・・サーカスは・・悲しさだけが心に残っているのは何故でしょうか・・タータラ・タータタタ・・やっぱり「天然の美」でしたね・・今のような豪華なサーカスではありませんでした・・食べることで精一杯でしたからね。
  1. 2006/02/03(金) 23:48:40 |
  2. URL |
  3. でんどう三輪車 #-
  4. [ 編集]

私も一度だけ、子供のころ、おおきくはない町でサーカスを見たことがあり、思い出しました。
>道化が笑わせた、その笑いの眼差しは、砂漠のように乾燥していた
<本当にそうですね。眼が決して笑っていないのです。
子供心に、物悲しい印象だけが残りました。
  1. 2006/02/03(金) 23:29:11 |
  2. URL |
  3. Dorothy #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する