走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

 影 いのうえ つとむ

秋の柔らかな日差しをうけた山の中を
小鳥の声を聞きながら歩いていた
草の種につきまとわれながら
獣道のような細い山道を歩いていた
人生の曲がり角
定年を迎えて自分の生き方を
一人考えて歩いていると
自分の影が木漏れ日の中を
歩調に合わせ無言で付いてきた

或る時は死の影の恐怖におびえ
或る時は言い知れぬ寂寥を感じた
その影が
伴侶のように
分身のように
山道を付いてきて
何故かいとおしく思えた
スポンサーサイト




  1. 2005/11/02(水) 13:54:54|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。