走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

時間におわれて

  時間に追われて  いのうえ つとむ

人が自然児のときは

自然の時間と共に生きていた

自然から離れ

自然を忘れ

人間社会の歯車が

あわただしく回り始めて

せかせかとした

目に見えないものに追われて

自分を見失ない

どこか不安におびえながら

生きている

生かされている

もう一度

自然に帰ろう

 (2005・10・20)
  (この詩はemさんにおくります)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください
スポンサーサイト




  1. 2005/10/20(木) 13:22:12|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

  

コメント

ありがとうございます

すてきな詩をありがとうございました。
でんどう三輪車さんは着実に詩を書き続けておられる
のが良いですね!
がんばろう!って思いつつ、最近は詩に向かう時間が取れなくて^^;
でも書ける時に少しづつでも書いていきたいです。
これからもどうぞ宜しくお願いします。
  1. 2005/10/23(日) 17:39:33 |
  2. URL |
  3. em #SFo5/nok
  4. [ 編集]

啓発されて

emさん、喜んでいただいて嬉しいです。
貴女の簡潔な詩の行間に哲学のような地下水を感じます。・・・啓発されて詩を書かせていただいています。有り難う。
  1. 2005/10/21(金) 05:49:20 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する