FC2ブログ

走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

柘榴

  柘榴  いのうえ つとむ

鶏小屋の運動場の金網に
寄り添うように
一本の柘榴の木があった

秋になると柘榴が割れて
真っ赤な歯を見せて
笑っていた

それを鶏が金網越しに
飛びついて突き
何度も突き

さっきまで大きな口をあけ
笑っていた 柘榴が
急に大声を出して泣き出した

鶏の鳴き声と
柘榴の泣き声が
青い秋の空の・・・奥深く消えていった

  (2005・10・5)
この詩はシニアさんに贈ります


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください
スポンサーサイト







  1. 2005/10/05(水) 04:08:07|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する