FC2ブログ

走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

夕暮れの富士

12月28日
『リハビリテーション港南の樹』に12月3日よりお世話になって
7回となり、新しい出会いに12月は充実した体験をした。

・・それにしてもお迎えの時間の正確さだ。
11時前後に☎で連絡してくれて
「今日は、1時15分にお迎えに行きます。又は1時5分に行きます」と
その都度、時間道理にJRの電車の如く正確に迎えに来てくれることだ。
・・それは大変なことだと思う。5・6人の乗り合いである。
一度、1時5分の時間のお迎えの時不眠がたたりウトウトしてしまい
団地の3階のドアーの前まで迎えに来ていただいた。
皆さんが玄関の前でそれぞれ待っておられてご迷惑をお掛けした。

・・送迎のお迎えの車の中の会話で「右肩が寂しいから」とお洒落な言葉に感心した。
それというのは映画に「一人で見に行くのが良いか?二人が良いか?」という会話の中で自然に出てきた言葉だ。
『ふとした言葉』はその人の人生を物語るものだ。
言葉は人柄を表すと思う。

・・帰りの送迎の車の中で『夕暮れの富士山』を見た。
高台だろうか屋根の上に黒い雲と夕暮れの黒い富士山が見えた。
真っ赤に燃えた夕空の中に黒い富士が黒い雲と調和がとれて美しかった。
「五合目まで車で富士山に行って来たよ」と話しところ
「私も行ったよ、でも近くで見るより遠くで見る富士山が良いよね」と
同乗の看護師さんが言われた。僕もそう思った。同感だ。
「やっぱり富士山は五合目の近くより遠くで見る方が雄大で美しいね」と・・。

・・車の中は和やかな雰囲気の会話の言葉に包まれていた。




スポンサーサイト




  1. 2018/12/29(土) 00:05:40|
  2. 日々のできごと|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する