FC2ブログ

走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

鼻炎と蓄膿症とリハビリ

12月20日
S病院の耳鼻咽喉科の予約で診療を受け長女に送ってもらい10時前に到着した。
待ち時間が長く鼻水が喉に降りて来て辛い時間だった。

12月21日
鼻水との戦い!1時間おきの塩水のうがいで睡眠不足!。
『リハビリテーション港南の樹』の13時5分のお迎えには
団地の階段下の入り口まで出なければいけないのに
・・『ついウトウト』。
3階のドアーまで上がって来てもらった。
ご迷惑をかけてしまった。

・・新入り紹介。Hさんは男性(70歳~80歳?)
実に綺麗な字を書く人だと思った。僕がしていただいたようにコーヒーを入れてあげた。

・・「テクノタワーホテルの鉄板焼きがおいしい」とkさんとTさんの話を横で聞いていて
(Tさんは先日来た時に自宅の地図を書いて教えてくれた人だ)そのTさんにお年を聴いてみた。
「90歳だ」という。少し耳が遠いのだが補聴器が嫌いなようだ。
スタッフの先生が「最高の年齢の方は96歳の人が来ている」と教えてくれた。
Tさんはベテランの人のようで・・利用者さんのことをよく知っていてお話相手のKさんのことも話してくれた。

・・横に座っている品の良い紳士(別のTさん)の透明なファイルを見ると漢字の書き取りがあり、
「こんなに難しい試験があるのですか」と聞いてみた。
テストではなく問題を借りて自宅で自発的にリハビリしているのだそうだ。
「脳梗塞の手術をしてリハビリの病院を退院してから『リハビリテーション港南の樹』に来て3年になる」という。
最初は何もできなくて『休養室」で休んでばかりとの事。・・「今は1万歩は歩くようにしている」と万歩計を見せてくれた。
見ると13000歩以上だった。
・・帰りの送迎車の中でTさんは3年通っているそうだと話したところ
「私も3年になるよ」とKさんが言われると前の座席の方も「私も3年になる」という。
・・皆さんがこの『リハビリテーション港南の樹』を愛し信頼して希望をも持っていることを確信した一日でした。
・・これは親しみやすい『先生方スタッフ一同の人柄の良さ』が一番だと思う。


(H・樋口  K・川口  T・高橋  T・富田)

スポンサーサイト







  1. 2018/12/22(土) 00:29:09|
  2. 日々のできごと|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する