走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

燕・一句


胸の奥に燕帰りて叫びをり    つとむ
(むねのおくに つばめかえりて さけびをり)

※ 推敲・・胸の奥に・・として心の中の句としました。
吾胸に燕帰りて叫びをり

田舎を出てから半世紀も燕を見ていない。
軒先や鴨居に土を運んで巣を作り
子育てして啼き叫ぶ声が懐かしい。
「燕は広い太平洋を渡り帰って来るんだよ」と
燕は大切にされて・・子供の時から教えられた。
これほど愛おしい鳥はいない。
Minnieの「花鳥風月」さんの燕の写真を拝見し
僕の胸の奥にいる燕が羽を広げて
・・啼き叫んでいます。

Minnieさん有り難う!。
ご訪問の皆さん有り難う!。
ランキング・・応援ありがとう!。

(2016・6・2)




拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください
スポンサーサイト




  1. 2016/06/02(木) 23:06:40|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。