走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

冬の空・三句

寒々と今日の雲行き切れ目なし
(さむざむと きょうのくもゆき きれめなし)

透明の傘越しに見る氷雨かな
(とうめいの かさごしにみる ひさめかな)

雪国なれば雪の夜かとふと思う
(ゆきぐになれば ゆきのよるかと ふとおもう)

                                   つとむ


薄暗く小寒い一日であった。
「都合がつきましたら会いたい」と
友達のKさんからメールがあり
何時ものオリンピックの食堂に行った。
電話をしてもメールをしても
返事が無いので心配していた。
・・話によると
約、三週間、病院に入院していたという。
趣味で仲間と雪国に行って
旅館に着いてから意識不明になり
気が付いた時には集中治療室で
酸素マスクをつけていたそうだ。
独り暮らしで迎えに来る者がいないので
歩けるようになるまで退院させてくれなくて
辛い思いをした様だ。
旅先で倒れるという事の恐ろしさを
・・痛感したと話してくれた。
奥さんに先立たれて家族がいない彼は
どんなに淋しく辛かっただろうか。
今更ながら・・家族の温かさ、有難さを思う。
ご訪問の皆さんに感謝して。
(2015・12・23)
  




拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください

スポンサーサイト




  1. 2015/12/23(水) 22:12:00|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する