走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

落葉・三句

落葉散って一息ついてまた落葉
(おちばちって ひといきついて またおちば)

かさこそと眼を閉じゐても落葉かな
(かさこそと めをとじいても おちばかな)

落葉とは色濃きものと思いけり
(おちばとは いろこきものと おもいけり)

                                 つとむ

※ 落葉散って一息ついてまた落葉
(宇宙の空間と時間・・散って・ついて・・と『て』を重ねて表現してみた。 
※ かさこそと眼を閉じゐても落葉かな
(音の世界・・盲目の友人がいる、五感の中の音だけを頼りに生活している)
※ 落葉とは色濃きものと思いけり
(目の世界・・妻はローア者で友人とは反対に音のない生活をしている)

俳句は5・7・5の17文字で大きく宇宙を感じて詠むことが出来る。
正岡子規も石田波郷も病室という限られた生活の中で
優れた秀句を詠まれた。

※ 正岡子規・十句
糸瓜咲いて痰のつまりし仏かな
一重ずつ一重ずつ散れ八重桜
夕立の来て蚊柱を崩しけり
白萩のしきりに露をこぼしけり
薪を割る妹一人冬籠り
柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺
いくたびも雪の深さを尋ねけり
余命いくばくかある夜短し
鶏頭の十四五本もありぬべし
痰一斗糸瓜の水も間に合わず

正岡子規(まさおかしき)
糸瓜(へちま)・痰(たん)・蚊柱(かばしら)・冬籠り(ふゅごもり)


※ 石田波郷・十句 
綿虫やそこは屍の出でゆく門
バスを待ち大路の春をうたがわず
あえかなる薔薇撰りをれば春の雷
吹きおこる秋風鶴をあゆましむ
雁やのこるものみな美しき
はこべらや焦土の色の雀ども
白き手の病者ばかりの落葉焚
霜の墓抱き起されしとき見たり
雪はしずかにゆたかにはやし屍室
今生は病む生なりき鳥兜

石田波郷(いしだはきょう)
綿虫(わtたむし)・屍(かばね)・薔薇撰り(ばらより)・雷(らい)
・雁(かりがね)・焦土(しょうど)・鳥兜(とりかぶと)

僕は旅という遠出が出来ないので
限られた生活の中と
カメラマンの皆さんのレンズを通した世界から
俳句を詠ませていただいている。
※ 難解な語句は避けて(知らないから)句を詠みたい。
ご訪問の皆さんに感謝して。(2015・11・14)
 





拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください

スポンサーサイト




  1. 2015/11/14(土) 04:08:41|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する