走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

街灯の句

街灯が星を奪いし秋の夜
(がいとうが ほしをうばいし あきのよる)

※ 推敲
(街灯が・口語・・秋の夜は季語として『冬浅し』が適切かと)


冬浅し星奪い去る街灯かり
(ふゆあさし ほしうばいさる まちあかり)

そぞろ歩き肩ふれあいて秋惜しむ
そぞろあるき かたふれあいて あきおしむ)

                                    つとむ

本郷台の駅から田谷温泉のバスに乗り
昨日も温泉で体をほぐしてきた。
3時から5時までゆっくりお湯に浸かり体をほぐして来た。
夕食を前にホット一息ついていると携帯が鳴った。
「今から行っていい?」
「いいよ」
美香ちゃんからの電話。

「今、20年ぶりに俳句を始めて楽しんでいるよ」
「じゃあ・・今から一句詠んで」
「ええ!・・一句かああ」
街灯の灯かりとマンションの灯かりが輝く中で星はない。
そこで咄嗟に詠んだのがこの句である。
※ 街灯が星を奪いし秋の夜
俳句は日記だと思って
ありふれた月並み俳句でも
心のありのままを記せばよいと思っている。
・・秀句など簡単にできるものではないから
・・楽しむとしよう。
ご訪問の皆さんに感謝して。(2015・11・8)





拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください

スポンサーサイト




  1. 2015/11/08(日) 06:25:36|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。