走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

赤とんぼ・五句

赤とんぼ垂直の枝選択し
(あかとんぼ すいちょくのえだ せんたくし)

赤とんぼこの指とまれ指立てて
(あかとんぼ このゆびとまれ ゆびたてて)

赤とんぼ君の発明かホバリング
(あかとんぼ きみのはつめいか ほばりんぐ)

赤とんぼ夕焼けの中消えるとは
(あかとんぼ ゆうやけのなか きえるとは)          

追いかけて想い出楽し赤とんぼ
(おいかけて おもいでたのし あかとんぼ)

                              つとむ

「夕焼け小焼けの赤とんぼ・・」
懐かしい童謡のように
赤とんぼは子供のころの思い出が深い。
精密機械の代表的な昆虫・・トンボ。
残念ながら僕は赤とんぼのように
・・飛ぶことはできない。
ましてやホバリングという
得意の技術を見せられると
・・脱帽だ。
進化とはいうけれど
小さな生命の神秘を深く感じる。
※ 小学生でも理解できるような俳句!をこころみた。
※ 推敲(すいこう)

赤とんぼ 垂直の枝選択し
垂直の枝選択し 赤とんぼ
何度も何度も置き換えてみた・・微妙な違い。

赤とんぼこの指とまれ指立てて
赤とんぼこの指とまれ指を立て
「て」を何度も置き換えてみた・・微妙な違い。

赤とんぼ君の発明かホバリング
ホバリング君の発明か赤とんぼ
何度も何度も置き換えてみた・・微妙な違い。

赤とんぼ夕日の中に消えるとは
赤とんぼ夕焼けの中消えるとは
『夕焼け』のほうが印象が強いか?。

追いかけて想い出楽し赤とんぼ
追いかけた想い出楽し赤とんぼ
「て」と「た」の違い。
「て」は現在追いかけていながらの思い出。
「た」は過去の思い出。

(20015・10・22) 



拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください

スポンサーサイト




  1. 2015/10/22(木) 00:09:13|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

  

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/10/22(木) 21:45:58 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する