走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

海渡る蝶


秀句鑑賞  渡辺むくさんの俳句
綺麗な写真に添えられ・・高度な俳句を唄われている
写真と俳句のコラボはともすると写真に頼りすぎたりするが
俳人むくさんは俳句の土台がしっかりしているので
美しい写真と俳句が
ピッタリ呼吸を合わせていて
何の違和感もなく楽しませてくれる。
ぜひリンクの中から『渡辺むく俳句ブログ「蕎麦の花」を
ご鑑賞ください



旅をする秋蝶翅の浅葱色
(たびをするあきちょう はねのあさぎいろ)

海渡る秋蝶翅のほころびて
(うみわたるあきちょう はねのほころびて)
    

外つ国へ浅葱まだらの秋の旅
(とつくにへ あさぎまだらのあきのたび)

鳥兜はしゃいで通る五六人 
(とりかぶと はしゃいでとおるごろくにん)

啄木鳥の耳傾ける木穴かな
(きつつきのみみかたむける きあなかな)
         

青げらのレディかベレー帽小ぶり
(あおげらのれでぃか べれーぼうこぶり)
   

探鳥の手庇癖に秋深む
(たんちょうのてびさしくせに あきふかむ)      

手庇やはちくま三羽さしば二羽 
(てびさしや はちくまさんわさしばにわ)
  

 「はちくま(八角鷹)」も「さしば(刺羽)」も
 鷹の種類の名前です。

    
※ 蝶が海を渡る」ということを
初めて聞いた時は驚きでしたが
昆虫の生命力と自然の力には脱帽ですね。
「むくさんの・秋の蝶」を拝見して
以前詠んだ俳句をアップしました。(2015・10・11)

   


   海渡る蝶ありと聞く千切れ雲    つとむ

僕は沖縄にも行ったことが無い。ましてや海外に出て富士山を外から眺めたこともない。幼少のころから双子に生まれて体が弱く、特に気管支が弱く、小学五年の時に死の病と言われた肺結核を患ってからは病との戦いで義務教育も人並みに受けていない。・・僕の青年時代は、多くの人から切り離された『千切れ雲』であった。蝶でさえも海を渡るというのに、まさに世間知らずの『井の中の蛙』でもある。
・・ただ夢だけはいつも海を渡っている。
いのうえ つとむ (2015・5・12)
   





拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください



                     
スポンサーサイト




  1. 2015/10/11(日) 20:04:39|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

  

コメント

ご謙遜を

蝶の句は大きな発見だし、トリカブトは「あら!毒があるわよ」なんて声が聞こえるようで素晴らしいですね。啄木鳥は首をかしげる様子が見えるようです。ベレー帽の句は観察力に脱帽です。手庇の二句は探鳥のご苦労が目に浮かびます。・・これからも良い句を楽しみにして・・勉強させてもらいます。有り難う!。
  1. 2015/10/13(火) 13:48:30 |
  2. URL |
  3. 走れ‼でんどう三輪車 #-
  4. [ 編集]

御礼

拙句の過分なるご紹介、心より御礼申し上げます。
ほめ過ぎのお言葉に少しでも近づけるよう、これからも精進したいと思います。
ありがとうございました。
  1. 2015/10/12(月) 21:38:25 |
  2. URL |
  3. むく #E0P7TXCk
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する