走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

秋の蝶・三句

残されし日々数えつつ秋の蝶
(のこされし ひびかぞえつつ あきのちょう)
よれよれの足取り怪し秋の蝶
(よれよれの あしどりあやし あきのちょう)
金色にせめて輝け秋の蝶
(こんじきに せめてかがやけ あきのちょう)
                          つとむ 

親愛なる人の告別式を終えて
めったに見ることのできなかった
秋の蝶を萩の花の中で見ることが出来た。
日が傾き夕日の中で地味だけれど黄色い蝶が
金色に輝くのを垣間見た。
命の最期を輝かせているのかも。

一万歩を歩いた時に比べて気温が下がったのか
足取りもおぼつかなくなった。
思うに80歳の年齢・・もう無理の利かないことを
・・自覚しなければならない。 (2015・10・4)





拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください

スポンサーサイト




  1. 2015/10/04(日) 17:37:32|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。