走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

葛の花・五句



何処からか尺八聴こゆ葛の花
(どこからか しゃくはちきこゆ くずのはな)
生まれ来て生い立ち如何に葛の花
(うまれきて おいたちいかに くずのはな)
吾もまた強く生きよと葛の花
(われもまた つよくいきよと くずのはな)
如何にして生き延びるかと葛の花
(いかにして いきのびるかと くずのはな)
葛の葉の「左様なら」は風の中
(くずのはの さようならは かぜのなか)
  
動物と違い自ら生まれてきた土地から
一歩も場所を変えることのできない植物たち。
それゆえ葛の花の繁茂する生命力は凄い!。

よくよく考えると人もまたこの世に生まれて来て
環境を努力で変えることはできても
根本の宿命を変えることが出来るだろうか。
やはり植物と同じように宿命という箱の中で
一生を終えるのかもしれない。

いつも思う・・俳句は難しい
・・作為がありすぎてはだめ
・・作為が無くてはだめ
・・自然に口ずさむように詠いたい。(2015・9・28)




拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください


スポンサーサイト




  1. 2015/09/28(月) 07:10:44|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する