走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

白粉花・二句

白粉花倒れ地面にひれ伏すを   
雨荒れて白粉花の蕊(しべ)乱れ
                     つとむ

※ 白粉花(おしろいばな)
午前中港南台へ買い物に行った。
午後から天気予報は大雨だという。
スーパーの大売出しがあり
雨でも店は混雑していた。
カメラマンが助士とカメラを据え付け
『報道』という腕章をつけていた。
お昼には急いで家に帰った。
間もなく雨が大降りとなり風が強かった。

夕方梅用のホワイトリカを買いに出た。
今日は雨降りで歩けなかったので
遠回りして歩いた。
街路樹の根元や屋敷の庭の白粉花が
ことごとく倒れていた。
※ 白粉花は夏から秋に咲く花・・秋の季語。
   (蕊からお白いを作る)
   あまり季語にとらわれないとしよう。

※ 秀句鑑賞
ねむりても旅の花火の胸にひらく   大野林火
『・・胸にひらく』という表現の素晴らしさ。
花火の余韻が読む者の心をとらえる。 (2015・7・1) 





拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください
スポンサーサイト




  1. 2015/07/01(水) 18:53:46|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する