走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

脚白し・一句

梅雨に濡れ少女駆けあし脚白し  つとむ

脚白し先き行く少女梅雨に濡れ
梅雨に濡れ先き行く少女脚白し
脚白く追い越す少女梅雨に濡れ 
 


俳句とは上五と下五と入れ替えるだけで
趣がまったく違ってしまう。
俳句の面白さであり難しさでもある。

※ 脚白し先き行く少女梅雨に濡れ 
と『脚白し・・』を前に持ってくると
少女の脚が強く印象に残り
白い足を見せて追い越していく少女も
雨に濡れていくのだなー・・という感じ。
※ 梅雨に濡れ先き行く少女脚白し  
と『梅雨に濡れ・・』を前に持ってくると
雨に濡れていく印象が強い。
後姿を見て足も白いなーという感じ。
また文語と口語とでは・・俳句としての重みが違う。
文語のほうが格調が高く・・口語は平易で親しみやすい。
最初は 脚白く追い越す少女梅雨に濡れ
として最後に梅雨に濡れ少女駆けあし脚白く
と文語や口語に推敲してみた。

夕食を済ませてポツポツと小雨の降る中を
歩け歩けと暗い街灯の下を歩いていたら
足早に中学生か高校生かと思われる
小柄な少女が追い越して行った。
素足が異様に白く見えたということである。  


※ 秀句鑑賞
乳母車夏の怒濤によこむきに   橋本多佳子 
『乳母車・・』は母性愛に満ちた
女性ならではの句である。
『・・夏の怒濤によこむきに』は
自然の厳しさが対照的で
『に』の使い方が絶妙である。
この俳人の気性の激しさが窺える。
20年前俳句を始めたころに
痺れた俳句の一句でもある。(2015・6・30)

橋本多佳子の俳句
七夕や髪ぬれしまま人に逢ふ
夫恋へば吾に死ねよと青葉木菟
月光にいのち死にゆくひとと寝る
白桃に入れし刃先の種を割る
雄鹿の前吾もあらあらしき息す
雪の日の浴身一指一趾愛し
雪はげし抱かれて息のつまりしこと



拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください

スポンサーサイト




  1. 2015/06/30(火) 23:38:15|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。