走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

揚羽蝶・一句

ゆるやかに空飛ぶ夢よ揚羽蝶   つとむ

僕はよく空を飛ぶ夢を見る。
ゆるやかに田舎の風景を見下ろして飛ぶときもあり、
大きな家の屋根や樹の上を落ちそうになり
必死で飛ぶときもある。
どういう心理状態か知らないけれど
空を飛ぶ夢をよく見る。
目覚めてからも手を羽搏いていたりする。

※ 蝶・紋白蝶・紋黄蝶・・(春) 
※ 夏の蝶・揚羽蝶・黒揚羽・・(夏)
※ 秋の蝶・・(秋) ※ 冬の蝶・・(冬)。

※ 秀句鑑賞
しんしんと肺碧きまで海の旅  篠原鳳作 
この句は無季俳句の代表的な句であり、
季語が無くても夏を感じる。
この様な俳句が作れたら最高ですね。

僕は子供のころ肺結核になり
胸いっぱいに綺麗な空気を吸いたかった。
『肺碧きまで・・』が心に染みるほど感じる。
                 (2015・6・30) 





拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください
スポンサーサイト




  1. 2015/06/30(火) 05:00:22|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。