走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

葛(くず)の蔓・十句

  葛の蔓 十句

葛の蔓ゆく当てもなく夏の空

葛の蔓雲追いかけて夏の空

ゆーらりと揺れし葛の葉風薫る

枯れ木また緑や緑くずの蔓

野薔薇悲し葛の蔓に抱きつかれ

夏空や手を振る如く葛の蔓 

風薫る物言うており葛の蔓

葛の蔓道にはみ出し風薫る

やんわりと肩に触れるよ葛の蔓

夏鶯の声透き通る葛の中
                 
                   つとむ     


朝散歩をしていて近くの山に向かい坂道を登って行った。
途中で見たのは葛(くず)の蔓が枯れ木を這い上がり
空に向かって流れる雲を追いかけて揺らいでいた。
何という強い生命力かと感じいった。
花という花に抱き付いて
荒れ地を我がもの顔のように茂っていた。
今日は工藤さんと酒巻さんと三人で
センター北の難波さんの店に行ってきた。
夕食の釜飯は酒巻さんが支払って御馳走してくれた。
楽しい一日であった。 (2015・6・23)


秀句鑑賞
夏空やポプラは遠くでもわかる    上村 占魚

何という爽やかな句。十七文字の妙!。
俳句はこうあるべきだと思う。 





拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください
スポンサーサイト




  1. 2015/06/24(水) 00:03:40|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。