走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

鴉(からす)の鳥除け


炎天下鴉のレプリカ羽根は無し
吊るされる鴉のレプリカ暑かろう
                     つとむ

文語体の句と口語体の句を並べてみた。

炎天下鴉のレプリカ羽根は無し (文語体)
炎天下鴉のレプリカ羽根が無い (口語体)

吊るされし鴉のレプリカ暑きかな (文語体)
吊るされる鴉のレプリカ暑かろう (口語体)

俳句は文語体が主であるが
時代とともに口語体の句もありかと思う。
文語体は引き締まり格調があるが・・難しい。
口語体は意を伝え易いが・・締まりがないかな。?


昨日(27日)の夜に
茨城の実家の帰りに美香ちゃんが
我が家に立ち寄りお母さんの手作りの
小女子の煮つけたお料理を持ってきてくれた。
美香ちゃんが帰られてから夕食を食べているとき
電話がかかってきた。
「つとむくんの家から帰る途中に19棟のところの木にね」
「鴉が吊るしてあったよ・・酷いことをするね」
「朝見てみて・・もし出来たら市役所に連絡してね」と。

朝、早速見に行ってみると・・鳥除けのレプリカであった。
鴉の姿をしていたが・・ヒヨドリほどの大きさだった。
しばらくして美香ちゃんが出勤の途中から電話をくれた。
「私も朝見に行ってきたけれど・・レプリカだったね」
「鳥除けのレプリカだったね」。

レプリカでも木にぶら下がっている姿は
異様なものを見たという気がした。






拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください
スポンサーサイト




  1. 2015/05/28(木) 09:33:06|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。