走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

鮎釣りの句


鮎釣り師草分け入りて草の道
鮎釣りや草分け草分け急ぎをり
激(たぎ)つ瀬に折り重なりし芹の花 
遠目には鮎竿だけが見えており   つとむ



※ 鮎釣り師草分け入りて草の道 
この句は鮎釣りは穏やかな川ばかりではなく
丈の長い雑草を分け入って行くが
すでに釣師たちが通った河原は獣道のように
草が分けられている。

※ 鮎釣りや草分け草分け急ぎをり
この句は広い河川敷で・・どこまで行っても
生い茂る草の中を歩いていく
その状態を『草』『草』と重ねてみた。
・・この二句は別の意味になる。

※ 激(たぎ)つ瀬に折り重なりし芹の花 
白波の激しい瀬の流れに芹の花が折れ重なって咲いている。

※ 遠目には鮎竿だけが見えており 
生い茂る草や大きな岩に隠れて釣り人は見えないけれど
9メートルもある長い鮎竿だけが見えていることがよくある。

健康を取り戻して体力をつけ・・今年は鮎を釣りたいものだ。





拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください
スポンサーサイト




  1. 2015/05/27(水) 06:53:34|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。