走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

虹の階段(再)

 虹の階段  いのうえ つとむ

さよなら さよなら
さよならとも言わないで
君はどこかに行ってしまった

今 君は何処にいるの
あの空の遠くにいるのなら
虹に階段を付けて降りておいでよ

でもそんな無理を言うのは止めようね
君が残してくれた思い出が
大事にしまってあるから

その思い出を その思い出を
君が残してくれたその思い出を
時々取り出して会うことにしようね

ああ ブランコに乗ったね
後ろから背中を押したら
髪をなびかせ揺らしたね

小さかった君の笑顔を見に
又 母さんと二人で
あの公園に行ってみるよ

寂しくないといったら嘘だね
悲しくないといったら嘘だね
それは辛い嘘だね

寂しくても悲しくても
それを乗り越えて生きるよ
明るく強く君の分まで生きるよ

朗らかに 
いつも朗らかに
  
 
(2005・6・11)


最近は悲しい殺人事件が多い・・なかでも痛ましいのは多摩川の河川敷で無残に殺害された少年のこと・・親はどんなに悲しかろう・・そんなことを思って以前書いた詩を読み直して亡き娘を偲び・・心が痛む。・・心が痛むとは・・錐で心臓を突きさされている感じ・・子に先き立たれた親の悲しみ・・それは計り知れない。・・ただ少年のご冥福を祈るのみ。  (2015・2・28) 




拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください
スポンサーサイト




  1. 2015/02/28(土) 11:57:17|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する