FC2ブログ

走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

泉の森の中へ

  泉の森の中へ  いのうえ つとむ

森は樹が生い茂っていて
太陽の光は木の葉でさえぎられ
昼間というのに薄暗かった
黒い鳥がホバーリングしていて
小鳥の声も物憂く
遠くで聴こえた
その細い道を一人で登って行くと
谷間のところどころに泉があって
清水が懇々と湧いていた
あそこにも 
ここにも泉があって
清水が懇々と湧いていた
それぞれの泉が僕を呼んでいた
ささやくような声でもあり
叫ぶようにも聴こえた
「私の話を聞いて」
「僕の願いを聞いて」と
湧き出る清水は何かを訴えていた
その辛い話を聞きながら
その苦しい話を聞きながら
両手ですくって見たが
泉の清水はどれも透明で
恐ろしいほど透明で
少しも濁っていなかった
湧き出るどの泉も
あまりにも純粋だった
ただ 昼間なのに
こもれ日も少なく
薄暗い森なのが気懸かりだ
木の枝を少し掃って
「太陽の光を浴びようよ」と
声を掛けたかったが
そっと泉の森を出た
そして何度も
足を運ぼうと決めた

(心象スケッチ・泉は心のことです)
(2005・7・30)

拍手喝采!・・パチパチ←ここをクリックみなさん応援してください!




スポンサーサイト







  1. 2005/07/29(金) 22:06:45|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する