走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

戦場のピアニスト・一句


木枯らしや聴け戦場のピアニスト  
こがらしや きけせんじょうの ぴあにすと)

木枯らし・凩 
(冬の季語)



 戦火の中で  いのうえ つとむ

戦車が轟音を立てて
街に侵攻してきた
ナチス・ドイツ軍だ
オーバーの中に
顔を隠すようにして
人々はみな逃げた

戦火の中で
ラジオからピアノが
聞こえてきた
・・ショパンの美しいメロディーが
暗いポーランドの
星のない夜空に流れた

弾き続けた
弾き続けた
悲しくも
力強いメロディーを
戦場のピアニスト 
ピアニストは シュピルマン

   


『猫額に風~~』
・・ねこ眠りさんの記事から、抜粋し引用させていただいた。(僕のリンクの中)

ナチス・ドイツ軍が侵攻してきたポーランドに住む ユダヤ系ポーランド人
ピアニスト シュピルマンの弾く ショパンのメロディーが 哀しく美しくて
 心に強く響いて また聴いた時 ・・ 泣き伏しそうになったよ
(ラジオ局 爆撃の中を弾き続けた 「ショパン 夜想曲第20番嬰ハ短調」)
ヤヌシュ・オレイニチャク演奏  演奏ピアノは ペレツィーナ

※ 感動を俳句に
『猫眠りに風~~』さんブログに訪問して感動した。
・・その感動を俳句に詠みたかった。
『戦場のピアニスト』の言葉で5・5の語句が並ぶ。
どうしたら良いものかと思案した。
・・極端な話だが、
『優れた季語に・・語句を付ければ俳句になる』ことを
思い出して、『戦場のピアニスト』を生かして句にならないか。
解りやすくて良い季語はないか?。
季語は『木枯らしや』に決めた。
ピアノを聞いて感動したのだから
✾ 木枯らしや聴く戦場のピアニスト
・・と詠んでみた。
✾ 木枯らしや聴け戦場のピアニスト
・・心の中で何度も『聴け』と
・・自分に向かって『命令形』に推敲した。

ご訪問応援の皆さんに感謝して!。
有り難う!ランキング3位 12月6日
有り難う!ランキング3位 12月7日






拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください


スポンサーサイト


  1. 2016/12/06(火) 06:04:42|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3