FC2ブログ

走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

「黒猫」そして出会い

(撮影・くにさん)
c0112724_238690.jpg


 「黒猫」そして出会い  いのうえ つとむ

6月8日秋葉原で痛ましい事件があった日、
僕は有楽町で将来のある二人の青年に会うことが出来た。

一人は其の日の主役・『恵』ちゃんである。
恵ちゃんは『三行詩の詩人』、僕が思い描いていたような気さくな24歳の可愛い娘さん。
もう一人は恵ちやんのブログのお友達の『くに』さんである。
国際東京ホーラムで恵ちゃんがフリーマーケットを開く事を聞いて応援に来てくれたという。
二人とも孫のような若い人たちである。

沢山のフリーマーケットの中で恵ちゃんの店を探していたら、意外と早く見つけることが出来た。
足元のパネルに『TO YOU』と書いてあるのを見つけて娘さんの顔を見ると目が合った。
「黄色い帽子をかむっていくよ」と連絡してあったので恵ちゃんもすぐに「でんちゃん」と笑顔で迎えてくれた。
隣に青年がいたので「お友達ですか」と聞くと
「ブログでフリーマーケットを知って来てくれたの」と言って紹介してくれた。
恵ちゃんもくにさんとは初対面のようである。
「くにさんは写真が凄く上手でプロのカメラマンのような腕ですよ」と
くにさんの撮影した写真を見せてくれた。

「うまい!」とセンスのよさに驚いた。
話をしてみて耳が不自由なようだとすぐ感じ取った。
「僕の妻は聾唖者ですよ」と言うと「ほんとに」と目を輝かせた。
彼は補聴器をつけて耳の傍で話すと聞こえるようだと気がついた。
だからなるべく大きな声で話をした。
凄く誠実な好感の持てる青年であると僅かな時間であったが思った。

この銀座の街にも多くの人がいた。
だが言葉を交わして心を通じ合うことのできる人は限られていると思う。
『一期一会』とはよく言うが、人の出逢いとは不思議に思う。

この黒猫の画像はくにさんが何枚か撮影したものの一枚であるが、
くにさんのブログを開いて訪問し、詩と写真の優れた感性に小躍りするほど驚いた。
将来のある三行詩の恵ちゃんとくにさんの
若い二人の友達に出会えた事を心から嬉しく思う。

http://meguminouta2.blog121.fc2.com/  (恵ちゃんの to you )(リンク)
http://kunikuni31.exblog.jp/ (くにさん)
くにさんのブログはリンクに貼りましたが残念ながらサーバーの都合で表示されません
URLか恵ちゃんのブログからお尋ねくださいね。

(2008・6・17)



拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください

スポンサーサイト





  1. 2008/06/16(月) 23:57:12|
  2. 日々のできごと|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:10