FC2ブログ

走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

母を慕いて

/////心に残る詩//////////////////////////////////////////////////

 
  お母さん!お別れね    いのうえ つとむ

お母さん!お別れね
お母さん!お別れね

この緑の大きな船から
地球号という丸い船から
夜の明けるのを待たずに
降りてしまったね

太陽の軌道を回っていた
地球号の豊かな水も
二人で一緒に
もう飲めなくなったね

お母さん!お別れね
お母さん!お別れね

地球の引力も 
太陽の引力も
関係なく
広い宇宙に帰って行かれたね

満天の星の中を
先に行った家族と
手をつないで
ゆうゆうと飛んでいるんだね

お母さん!お別れね
お母さん!お別れね

大空の母さんと
朝も 昼も 夜も
いつもお話しようね
いつもお話しようね

  合掌(2005・11・30)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一周忌法要でで田舎に帰った。
一年の経つのがあまりに早く感じられる。
昨年の11月30日に旅たった母・・。
・・母の命日を前に・・夜の空を眺めた。
26日の東海地方の天気予報は雨という予報だったが少し降っただけで
夜には雨が止んだ。
夜中に何度も起床して空を眺めた。
雨の後なので特に三日月が冴えて輝いていた。
星も輝いていた。
「お母さん」と心の中で呼んで見た。
母の声も生前のまま・・深い夜の空の中から聞こえてきて笑顔で見守られているような気がした。

 (2006・1128)




拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




スポンサーサイト





  1. 2006/11/28(火) 18:40:12|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:8