FC2ブログ

走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

砂時計

いのちなき砂のかなしさよ
さらさらと
握(にぎ)れば指のあひだより落つ

          石川啄木
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
石川啄木は僕の詩の原点・・三大栄養素の一つである。
少年時代に岩波文庫のページを開いて感動した。
自分と同じ病で27歳でこの世を去った薄幸の天才詩人の・・ありのままの心に触れて感動した。
僕も27歳まで生きたいと思いながら。

北原白秋から・・透明なリズムを!
高村光太郎から・・純愛を!
宮沢賢治から・・奥深い宇宙観を!

飾らない言葉で・・僕の詩心を育ててくれた。
もう一度この原点に帰ろう。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 砂時計  いのうえ つとむ


さらさらと
さらさらと
音もなく
小さなガラス瓶の中の
細かな砂たち

細い管を潜り抜けて落ちていく
・・少年の指先の思うままに

何度も
何度も
繰り返し
時を忘れて
繰り返し

指先の温もりが伝わって
いのち無き砂も
・・いのちがあるように

お見舞いにいただいた砂時計

(2006・6・1)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




スポンサーサイト





  1. 2006/06/02(金) 07:58:28|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:14