FC2ブログ

走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

萩原朔太郎について

でんちゃんさま⇒おはようございます!今日は晴れで風が強いです。

1935年の早春。,堀辰雄は街角の裏通りでばったりと朔太郎に会い,
小さな出版社へ誘われ,そこで出来たばかりの詩集「青猫」にサインしたのを貰ったそうです。朔太郎は,,その表紙の絵を
「自分で描いちゃったんだ」と可笑しそうに笑った,とも。
ちょうど今頃は
朔太郎を思うとマンドリンの音と猫の鳴き声が聴こえます。

Commented by before_rain at 2006-02-27 09:13
追記:
「青猫」の初版はこの↑10年くらい前だと思います。
朔太郎が描いた表紙絵は「猫の絵」で。
本を貰った時,堀辰雄は療養所から出て来たばかりだったそうです。
笑顔の朔太郎が見えるみたいです。


スポンサーサイト





  1. 2006/02/27(月) 10:55:51|
  2. 日々のできごと|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

笑顔

 笑顔  いのうえ つとむ

お帰り!
ランドセルの子供達

道草を食いながら
追い越し 追い越されて

にっこり笑いながら
「ただいま」 と瞳を輝かせる

「おじさん乗せてよ」と
夕刊配達のでんどう三輪車の

ハンドルを握って
ペタるルを踏んでみた

少年の顔
少女の顔

嬉しそうなその笑顔は
はしゃぎまくるその顔は

少年の時代
遠き日の過ぎ去った日々

僕もこの笑顔をしていた
時には泣き笑いしながら

腕白していた
想いで

そして今も
この笑顔でいたい

(2006・2・27)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2006/02/27(月) 05:37:44|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6