FC2ブログ

走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

サーカス

 サーカス 


ピアノ線の上を

綱渡りしてみると

解るのかもしれない

大切なものが


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


夢も野心も慈しみも

ちっぽけな下心も

見て見ぬふりをしてくれるかい


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「サーカス」の歌悲し。

薄闇を

飛び交う

蝙蝠

( 雨さんの詩より )


////////////////////////////////////////////////////////////////


 サーカス  いのうえ つとむ

テントの中から
サーカスの歌が聞こえてくる
それは「天然の美」
もの悲しく耳の奥から聞こえてくる

小人がいた
顔は大人の顔
大人のしぐさ
それが何故だか悲しかった

道化が笑わせた
その笑いの眼差しは
砂漠のように乾燥していた
それが何故だか悲しかった

馬が走った
女が乗り 鞭の音が響いた
同じところをぐるぐる回って
それが何故だか悲しかった

空中ブランコで
女は・・手を離した
一瞬・・男の手につながれていた
落ちるかと思ったのに

綱渡りをハラハラして見た
棒を持ってバランスをとっていた
細い綱を用心深く
・・見事に渡りきった

戦後の片田舎の
・・小さなサーカス
猛獣はいなかった
曲芸も上手ではなかった

けれど何故か心に残った
何処となく不安そうな顔が
心に残った
人生を教えられているようで

(2006・2・3)
(この詩は雨さんの詩に寄せて・雨さんに贈る)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください






スポンサーサイト





  1. 2006/02/03(金) 23:03:44|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

木の温もり

 きっと   


この木に

触ってごらん

きっと

あなたと,同じくらい温かいさ

(雨さんの詩より)

/////////////////////////////////////////////////////////////////


  木の温もり   いのうえ つとむ

伊良子岬の松の木は
海からの潮風に吹かれて
風の顔になったのか
大きく枝を傾けて立っている

樹齢何百年の
森のように見える樹も
荒波の強風に煽られて
炎のように見えた

故郷の日本画家
平川敏夫の絵を見たとき
伊良子の樹だと直感した
美術館が潮の匂で満ちていた

荒れ狂う風の中の木も
穏やかな公園の樹も
何故か温かい
人肌のように

(2006・2・3)
(この詩は雨さんの詩に寄せて・雨さんに贈る)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2006/02/03(金) 21:34:26|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2