FC2ブログ

走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

林檎の季節

  林檎の季節  いのうえ つとむ

林檎が
たわわに実り
枝は重たそうに
しないながら
温かい日差しを浴び
芳しい香りを放っている
それは
熟しきった女の魅力
豊かな知性と
衰えを知らない
熟れた肉体の
50代の女の魅力
ああ!
林檎が
たわわに実り
枝は重たそうに
しないながら
温かい日差しを浴び
芳しい香りを放っている

まこと
50代の女の魅力

(2005・11・7) NO・191
(この詩は・めざせ!麗しき50代のmarilynさんに贈る)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください



スポンサーサイト





  1. 2005/11/07(月) 13:04:23|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

宮本輝

命の器
宮本 輝 / 講談社
ISBN : 4061838571
スコア選択:
宮本輝氏のエッセイ集
----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*
上記「命の器」より・出会い~
「運の悪い人は,運の悪い人と出会ってつながっていく。
やくざのもとにはやくざが集まり,へんくつな人はへんくつな人と
親しんでいく。
類は友を呼ぶという,ことわざが含む以上に,奥深い法則が,人と人の
出会いをつくりだしているとしか思えない…」
外観は全く違っても
「…目に見えぬその人間の基底部に,同じものを有しているのである。
それは,性癖であったり,仏教的な言葉で言えば宿命とか宿業で
あったりする。
事業家にしても,伸びて行く人は,たとえどんなに仲がよくとも
知らず知らずのうちに落ちて行く人とは疎遠になり…」

「企んでそうなるのではなく,知らぬ間に,そうなってしまう。
抗っても抗っても,自分という人間の核を成すものを共有している
人間としか結びついて行かない」

出会いは偶然ではない,どんな人と出会うかは,
その人の「命の器」次第である。




  1. 2005/11/07(月) 05:25:36|
  2. 日々のできごと|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0