FC2ブログ

走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

裸の出会い

  裸の出会い  いのうえ つとむ

箱根の姫の湯で30代後半かと思われる青年と二人で湯に浸かっていた。感じの良い青年だったので声をかけた。笑顔がまた爽やかな青年だった。名刺を頂いて見るとコンピューターのプロだった。家に帰って教えていただいたブログを開いて見ると全国の温泉めぐりをしていて「温泉リラックス」に自分の歩いた記録を書かれていた。まさに裸の出会いだった。

裸の出会いといえば、一人思い出す人がある。それはドリフターズの加藤茶んである。テレビに顔が映るたびに思い出した。
箱根の姫の湯に行く前にテレビを付けたら、加藤・茶んがドリフの特集に出ていて苦労話をしていた。その裏話を聞くと あの笑いの影にずいぶん苦労をしているなと思って見ていた。「ある日、仕事が終わって家に帰ってみると お袋の返事が無い。お袋!お袋!と何度呼んでも倒れていて返事をしなかった。救急車を呼んだがもう駄目だつた。高血圧で前にも具合が悪くなったことがあって、大丈夫だというのでそのままにしたのがいけなかった。あの時、気がついておればこんなことになら無かった。自分が殺したようなものだ、俺も死のうと心に決めた。葬式のときお坊さんが『あんた死ぬ気だね』と言われぎくりとした。誰にも言っていないのに どうして分かるのですかと聞くと『顔に出ている』と言われ、『お母さんはあなたには未練は無いんだよ何にも未練は残すことは無いから逝ったんだ、あなたは自分の使命を果たしなさい』と諭されて本気で仕事に打ち込んだ」と話し終わった。そして彼のお母さんの遺影が映し出された。妻にテレビを見るように床を叩いて合図を送ると懐かしそうに見ていた。もう40年ほど前のことが昨日のことのように思い出された。

彼はまだ若く下済み生活をしていた頃のこと、キャバレーなどでドラムを叩いていると聞いていた。鶴見のアパートの近くに住んでいて僕も30代最後の年だと思うが。彼のお母さんと妹さんはよく遊びに来てくれて、生まれたばかりの長男を抱いたりおんぶして「可愛いね、可愛いね」とあやしてくれた。妹さんが悪気は無いが「お母さんがオシの赤ちゃん」と言っていたのがいつまでも耳朶に残っている。銭湯のおばさんが洗い場の掃除をしている頃、僕がお湯に浸かっていると小柄な青年が入ってきた。「今晩は」と挨拶を交わすだけで一言も話すことも無く「感じは良いが無口な青年だな」と逢うたびに思った。それがやがてブラウン管を一人締めして「ちょっとだけよ」と笑いを振りまいた青年であろうとはその時は思ってもみなかった。

彼はお母さんと妹さんと三人暮らしで楽な生活ではなかったように思う。お母さんも妹さんも良い人で、親思い、子思いの家族だた。・・・僕がアパートを家主から空けて欲しいと言われている時だった。「今度東京に越すので今いるアパートが空くから家主に話しておくね」とお母さんがずいぶん力になってくれたが「子供のいる人には貸せない」と断られてしまった。どのアパートも部屋が汚れるからと子供連れは嫌われ断られて苦労した。

加藤茶ンが急に売れるようになり、一躍有名人になってからお母さんが亡くなられたと知人から聞いたが、彼が後追いして死のうと思ったのがよく理解できる。それほど息子を思う母親であったから。

  (2005・10・10)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください



  1. 2005/10/10(月) 06:02:24|
  2. 小説・エッセイ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:12

銀杏拾い

(10月9日・銀杏拾い)銀杏が落ちる季節になって「秋だなー」としみじみ思いながら新しいブロックの友の記事に吸い込まれるように読みふけった。

義弟が銀杏を拾いに行くから朝5時に迎に来るというのだが、2時に起きて窓の外を見た時、まさに秋雨、これでは銀杏拾いは中止だと決め付け4時半にパソコンから離れて床に入った。

しばらく、うとうとしていると「ピンポン」とお迎えだ。眠い目をこすりながら「雨やんだの?」と聞きながらドアーを開けると「降ってないよ」と義弟の返事。急いで車に同乗して金沢区の街路樹を見たが小粒で食べるのには向かない。昨年は良いのがあったが今年は何故かない。

横浜球場の近くに大粒のがあったというので車を飛ばした。しかしお目当ての銀杏の木にはもう無かった。それではと山下公園の海岸道りの大きな銀杏並木を目指した。あった!これならば食べられる!

二人でスーパーの袋に五袋はあるだろう。・これだけは早い者勝ち!
・・・・・「そんなに拾ってどうするの?」・・・てなわけ。

(2005・10・9)でんどう三輪車


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください



  1. 2005/10/09(日) 22:56:28|
  2. 日々のできごと|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

いのちの旅

 いのちの旅  いのうえ つとむ

永い旅だった
多くの星をめぐり旅をしてきたように思う
どの星も溶岩がむきむき出し
そして青い地球を見つけて来たように思う
若くて美しい一人の女性の胎内にたどり着き
それは運命のいたずらかも知れないが
そこが僕の母の胎内だった
けれど胎内の扉を開けて初めて地球を見たとき
太陽がまぶしくあまりにも美しいので
今まで旅をしてきた数々の星のことも
前に地球に来たことも
一瞬にして記憶を失った
どうしても思い出せない
それが記憶喪失というのだろうか
そうしたら 人は皆・記憶喪失者かも知れない
誰も前世のことは知る人がいないから

ああ!この緑豊かな地球で新たな旅の出発!
苦難もあるだろうがどんな苦労も乗り越えて
幸せを満喫していこう!
思う存分楽しんでいこう!

 (2005・10・9)
この詩は麻律己さんの「生まれ変わり」に寄せて


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2005/10/09(日) 08:10:16|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

朝の光に

  朝の光に  いのうえ つとむ

真っ赤な太陽が
真っ赤に空を染め

真っ赤な太陽が
真っ赤に海に輝く

真っ赤な太陽が
まるく・心の中に

真っ赤な太陽が
胸の中で・燃え

真っ赤な太陽が
血となって

真っ赤な太陽が
生きる喜び

 (2005・10・9)
この詩はランタナさんの「生まれて初めて」に寄せて、ランタナさんに贈る、なおこの詩が150作の作品となりました

  

拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2005/10/09(日) 06:39:37|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

人生はブーメラン

  人生はブーメラン  いのうえ つとむ

激しい言葉を突きつければ・・・
         うるせい・の一言

優しい口調で囁けば・・・
         有り難う・の一言

憎しみを心に持てば・・・
         胸の中は冬の海

愛を心に抱けば・・・
         胸の中は春の海

空に投げた・・・ブーメラン
胸元に帰ってきて
嗚呼 ! 人生はブーメラン

 (2005・10・9)
(この詩は伊月さんに差し上げます)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください
          




  1. 2005/10/09(日) 06:11:28|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

水の宝石

    水の宝石  いのうえ つとむ

 赤い木の実の悲しみか
 赤い涙をこぼしおる

 青い木の実の悲しみか
 青い涙をこぼしおる

 ああ、朝からの雨は静かに止んで
 ポタリ!

 一瞬の水の宝石

 もう 泣かないで
 疲れるだけだから

(2005・10・8)
(この詩は、かぜくさ・さんのカメラアイに寄せて、かぜくさ・さんに 贈る。以前、まゆみの赤い実から滴が水の宝石のように美しく、はかなく、見とれたことを思い出しました。そして・人の涙も悲しく、はかなく、純で美い。)


拍手喝采!・・パチパチ>←ここをクリックみなさん応援してください



  1. 2005/10/08(土) 23:01:51|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

青い空

青い空  いのうえ つとむ

嗚呼 あまりにも透明な
雲ひとつない
青い空
こんなに汚れのない空は
僕には不似合い

あからさまに
この胸の中を広げれば
よこしまの思いも
意地悪な心も
一人前に備えている

嗚呼 この透明な空は
誰が似合うだろう
純粋な心の持ち主
それは山下清
放浪の画家 山下清

僕もこの青い空に
よく似合う
純粋な心を持ちたい 
いつか・・・
地球とお別れまでに

 (2005・10・7)
(この詩は雨の匂いの雨さんに送る)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2005/10/07(金) 17:49:24|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

青いコスモス

 青いコスモス  いのうえ つとむ

夕日も沈み
コスモスは美しい色彩を喪い
影絵のようにゆれている
それは青くも見え
・・・静寂の中
黄昏時の
光の魔術

昼と夜の狭間
明と暗の狭間

昼の激しい活動から
開放されて
夢の床に就くまでの
人に与えられた
僅かな時間
その落ち着いた安らぎは
至福のとき

黄昏時の光の魔術
青いコスモス
 
(2005・10・7)
(この詩はnicoさんの写真に寄せて・nicoさんに贈る)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2005/10/07(金) 12:31:54|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

  蝶  いのうえ つとむ

悩むということは生きている証拠!
そして馬鹿でない証拠!
そして馬鹿でも或るか?
違う意味で?

後から振り返ると
そんな思いもありますね

蝶は悩むことはないだろうね
花に囲まれて

 (2005・10・5)
(nicoさんの蝶の写真に寄せて、この詩はnicoさんに贈る)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2005/10/06(木) 13:43:04|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

夕映えに

 夕映えに  いのうえ つとむ

キララ キララ
キララ キララ

オレンジ色の
波は静かに
小さな漁港は
黄金色に輝き

漁船は波濤にもまれ
やがて大漁の旗をなびかせ
エンジンの音を
轟かせて帰ってくる

漁港の堤防は
大漁の漁船の帰りを
受け入れる
母の腕のよう

疲れた子供たちは
母に優しく抱かれ
母の胸の音を聞きながら
安らかな眠りにつくだろう

ああ ! 海よ !
瀬戸内の小さな漁港よ !
慈愛に満ちた母のように
夕映えに輝け !

明日の希望を満たしながら

 (2005・10・5)
 (この詩は風遊さんの瀬戸内の写真に寄せて・風遊さんに贈る)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2005/10/05(水) 20:09:06|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

案山子の家族

  案山子の家族  いのうえ つとむ

田んぼの畦道で一休み
案山子の家族が一休み
稲穂を背にして一休み

お父さんはタバコを吸い
お母さんはお弁当の支度
子供二人は楽しいブランコ

もうじき稲穂が実るでしょうね
ほんとの家族のような
案山子の一家

空にとんびが輪をかいて

(2005・10・5)
(この詩はよしたかさんの写真に寄せて・よしたかさんに贈る)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2005/10/05(水) 05:28:11|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

夕日

 夕日  いのうえ つとむ

空と海との境界線が
一本の弦のように張られていて
昼間・奏でていた賑やかな音楽も
静かな曲に変わりつつ・・・

やがて無音の世界に入っていく
この弦は見えないけれど

 (2005・10・5)
(この詩は、よしたかさんの写真に寄せて・よしたかさんに贈る)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2005/10/05(水) 05:01:34|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

柘榴

  柘榴  いのうえ つとむ

鶏小屋の運動場の金網に
寄り添うように
一本の柘榴の木があった

秋になると柘榴が割れて
真っ赤な歯を見せて
笑っていた

それを鶏が金網越しに
飛びついて突き
何度も突き

さっきまで大きな口をあけ
笑っていた 柘榴が
急に大声を出して泣き出した

鶏の鳴き声と
柘榴の泣き声が
青い秋の空の・・・奥深く消えていった

  (2005・10・5)
この詩はシニアさんに贈ります


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2005/10/05(水) 04:08:07|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

emさんの慈悲へのコメント

「最悪から最善まで} emさんの詩は奥が深いですね。感心!

人の心には10の命があると言われます。
地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天・声聞・縁覚・菩薩・仏・とあり、すべての一人一人に、洩れなく内在していると言われます。

そして相手の心の状態により、怒っていれば、こちらも修羅界の命が現れて不愉快になり腹立たしくなります。

縁にふれて自分の10界のそれぞれの命が出るというのです。この仏教・法華経の生命論の基礎を知ったとき、大変驚きましたました。

僕は「生命を語る」(聖教新聞社)の本で知ったのですが、宮沢賢治の
詩の深さはこの法華経が基底にあるからですね。

田舎で一軒、泥棒夫婦がいました。似たもの夫婦というけれど、その人の境涯に相応した命が寄り添うのでしょか。だから境涯を高めなければね。
心の!
82005・10・4)




  1. 2005/10/04(火) 13:22:11|
  2. 渓流に鮎を求めて|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

白い雲

  白い雲  いのうえ つおむ

もう泣かないで
もう苦しまないで
このコスモスの咲く丘に来て
大きく背のびして
空を見上げてごらん
白い雲が流れていくよ

あの白い雲のなかに
悲しみも
心の憂いも
・・苦しみも
みんな包み込んで
遠くへ吹き飛ばそうよ

青い秋の空のような
清々しい気分で
一緒に走ろう
一緒に歌おう
風にそよぐ
コスモスの花の中で

 (2005・10・4)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください





  1. 2005/10/04(火) 05:54:32|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:8

距離

 距離  いのうえ つとむ

体と体が触れ合う距離と
心がつながっている距離

二つの距離があるのですね
・・僕らは後の距離ですね

いつまでもこの友情は
切りたくないね

切られたくもないね

 (2005・10・4) 

(麻律己さんの「距離」に寄せて)
(ブログのお友達の皆さんに贈る)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2005/10/04(火) 05:18:30|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

猫じゃらし

  猫じゃらし  いのうえ つとむ

耳に入れてコチョコチョ
鼻に入れてコチョコチョ
首に入れてコチョコチョ
遠い昔・・・
子供のとき
君と遊んだ
君で遊んだ

それは楽しい
猫じゃらし

(2005・10・3)
(風遊さんの写真に寄せて、風遊さんの写真は何処で見ても綺麗、この詩、風遊さんとランタナさんに贈ります)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください





  1. 2005/10/03(月) 08:00:38|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

二羽の鳩

 二羽の鳩 いのうえ つとむ

人はめぐり会い
二羽の鳩の番のように
睦まじく愛を交わしても
それはひと時

いつか訪れる
愛別離苦
この荒縄から
逃れるすべは

ほとばしる
胸の中の愛
温かい手の
ぬくもりを感じながら

 (2005・10・2)
(雨の匂いさんの夕空によせて)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください





  1. 2005/10/02(日) 15:45:00|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

コスモス

 コスモス  いのうえ つとむ

頬をそっと撫ぜて行くような
そよ風にゆれ
赤色 ピンク色 白い色の花が
絡み合うように咲いていて
秋の野原を飾っています

個性の強い女のような花も
魅力があるが
どこか控えめなやわやわとした
言葉少ない
女も魅力がある

コスモスは咲き乱れていても
いっぱい咲いていても
控えめな女のように咲いている
だから僕は好きなんです
そのやさしさが

  (2005・10・2)
(この詩は、日本の風景・ゆきおさんに贈る)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2005/10/02(日) 07:21:31|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

笑顔

 笑顔  いのうえ つとむ

若いときは
若さで美しい

明るく
明るく
笑顔で暮らしてきた人は
年を重ねてからも
温かく
美しい

心から
にじみ出た笑顔
いつも
そうでありたい

(2005・10・1)
(麻律己さんの『笑顔』に寄せて、この詩は麻律己さんに贈る)


拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください





  1. 2005/10/01(土) 23:02:54|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<< 前のページ