FC2ブログ

走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

雨の中の音

  雨の中の音  いのう えつとむ

雨が降る
車が走る

雨が降る
雨の中を車が走る

シャワー シャワー
シャワー シャワー

朝だ 窓の外は雨
しきりに降っている
小鳥の囀る声も低く小声だ

道路を走る車の 
雨水を切っていく音が
シャワー シャワーと聴こえてくる

背骨の芯まで染み込むように
ひ切りなしに聴こえてくる
シャワー シャワーと聴こえてくる

梅雨の雨を割るように
爽やかに聴こえてくる
シャワー シャワーと聴こえてくる

宇宙の中の 地球の中の
日本という島の 
横浜の地の片隅で

自分が今日 生きていることを
僕という一人の人間が 生きているという事を
確かめながら

道路を走る車の 
雨水を切っていく音を
静かに・・・静かに聴いている

紫陽花は
雨に濡れてうつむき加減
六月の梅雨の雨は
シトシトと甘い感じ

真夏の夕立は
サッと悩みも洗い流すが
六月の梅雨の雨は
シトシトと甘い感じ

六月の梅雨の雨は
シトシトと甘い感じ


  (2005・6・25)
 


拍手喝采!・・パチパチ←ここをクリックみなさん応援してください!



スポンサーサイト





  1. 2005/06/24(金) 13:55:28|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

まだこれからだ!

  まだこれからだ!

「 己(おの)が名をほのかに呼びて
涙せし
十四(じふし)の春にかへる術(すべ)なし 」

この詩を書いた啄木は20代の若き天才詩人だ。

でんどう三輪車・・・
時期(とき)すでに遅し・と思う。
いや待て!
時期(とき)すでに遅からず・と思い直して
・・まだこれからだ!・と気力を振り絞る。

啄木も宮沢賢治も知らない世界?
パソコンに向かいキーを叩いて
詩を書いている。
若き心の友を胸に描いて・・・

『青空文庫』を開いていたら
「詩人・井上 勤」とある

驚いた!ブッタマゲタ!とはこのことか
よく見たら・同姓同名

過去の詩人だった

作家名: 井上 勤
作家名読み: いのうえ つとむ
ローマ字表記: Inoue, Tsutomu
生年: 1850-09-15
没年: 1928-10-22

作品不明

なんと僕は生まれ変わりか?
それにしても不思議なもの。



  (2005・6・24)でんどう三輪車


拍手喝采!・・パチパチ←ここをクリックみなさん応援してください!




  1. 2005/06/24(金) 07:04:40|
  2. 日々のできごと|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0