走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

春の雪・三句

花びらと思えるほどの春の雪    つとむ
(はなびらと おもえるほどの はるのゆき)

肩の雪ほどなく溶けしその行方
(かたのゆき ほどなくとけし そのゆくえ)

ベタベタとガラスに口付け雪女
(べたべたと がらすにくちづけ ゆきおんな)


※ 花びらと思えるほどの春の雪
・・見たままのすなおな句
※ 肩の雪ほどなく溶けしその行方
・・形あるもの生きているものはいつか消える
・・人もまた何時か人生を閉じる何処に行くのだろう
※ ベタベタとガラスに口付け雪女
・・擬人法



 春の雪  いのうえ つとむ

ひらひら
ひらひら
桜の花が散るように
絡み合いながら
雪が降る

ひらひら
ひらひら
肩に降る雪
ほどなく溶けて
雪が降る

ひらひら
ひらひら
雪女の口付けか
窓ガラスに
雪が降る


✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾


2月10日・・暦の上では春というのに
例年のように2月になってこの季節に横浜では雪が降った。
午後になり桜の花びらほどの牡丹雪が
激しく絡み合いながら降ってきた。
夜勤明けの次男が
「温かい食事を食べに行こうよ」と
次男と妻と三人で藍屋に行った。
煮え立つすき焼きを食べながら
窓を見るとべたべたとガラスに雪が降り
雪女の口付けのように見えた。
・・寒い一日であった。


※ 秀句鑑賞
けふ一日ゆたかに臥して春の雪  森 澄雄
みな春の雪を見上げて歩きだす  夏井いつき


俳句は楽しい
心の日記
感動の記録
先ずは
・・5・7・5 

ご訪問応援の皆さんに感謝して!

有難う!ランキング2位 2月11日
有難う!ランキング2位 2月12日
有難う!ランキング2位 2月13日
有難う!ランキング2位 2月14日
有難う!ランキング1位 2月14日





拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください


  
スポンサーサイト




  1. 2017/02/11(土) 19:14:51|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

  

コメント

笑子さんコメント有り難うございます。

横浜は2月になると雪が降ります。
雪国の大雪と違いますが、積もると慣れないので大変です。雪の風景は憧れに近いほど好きですが、でも寒いですねー。

絡ませてみたき春めく指と指  笑子

素晴らしい句を拝見して感動しています。
創ろうとして出来る句ではありませんね。
長年の修練の結果生まれてくる俳句だと感じています。有り難う!。
  1. 2017/02/14(火) 09:25:40 |
  2. URL |
  3. 走れ!でんどう三輪車 #-
  4. [ 編集]

今回の寒波は西日本に多くの雪を降らせましたね・・・

ぼたん雪が空から舞い降りてくる臨場感を
思いながら俳句を読ませていただきました(*^_^*)

こちら北関東は毎日、乾燥してカラカラで
空っ風が吹いて晴れても外へは出たくない天候です
  1. 2017/02/13(月) 14:47:27 |
  2. URL |
  3. 笑子 #A.uUbU0s
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する