走れ!でんどう三輪車
齢70にしてブログなるものに挑戦!人生まだまだこれからですよね(^^)//。俳句や詩歌を趣味として又釣り人として、 、、、、、はたまた「でんどう三輪車」として、日々の出来事を綴ります。

●人気blogランキングへ参加中●ここをクリックして応援して下さいね!

伊香保温泉


  山法師  いのうえ つとむ

雨上がりの
六月の山々は
生き生きと
若緑に燃えて
心に迫った

ホテルの玄関に
真っ白な山法師が咲き
その白い花が
一枝部屋を飾り
燕が飛び交う山の宿

六月六日~七日
妻と次男の運転で
伊香保温泉の
「喜びの宿しん喜」に
一泊した。
食事が格別美味しかった。
帰りにドライブして
榛名山にロープウエイで登った。
遠足の小学生たちの歓声に
心を奪われた。




スポンサーサイト


  1. 2018/06/12(火) 18:38:41|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

赤い椅子


  赤い椅子  いのうえ つとむ

赤い椅子
赤い椅子
赤い椅子

赤い椅子が並んでいる
デパートの片隅で
・・・3台ひっそり並んでいる

疲れ切ったお年寄り
スマホに夢中のお嬢さん
買い物帰りの若奥さん

それぞれの人生を背負って
赤い椅子で一休み
僕も疲れた足で一休み


  (5月25日)



  1. 2018/05/24(木) 10:18:16|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

何処から来たの

  
 何処から来たの   いのうえ つとむ

顔も小さい
眼も
鼻も
口も小さい

眼はパッチリと見ひらいて
何かを見詰め
鼻はピクピク
口はパクパク

生れたばかりの 赤ん坊

小さな手で
小さな足で
「貴女は
・・何処から来たの」

「そう言えば」
「おじいちやん『心』の時も」
「同じことを言っていたね」
ママになった孫に言われた

また新しい命が生まれた



曾孫の
『心』が生まれて
一年半
また新しく
曾孫の
『奏』が生まれた

 (5月15日)




  1. 2018/05/18(金) 09:14:09|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

五月の雨

 五月の雨  いのうえ つとむ

粛々と
粛々と
降り続く雨
五月の雨は
降り続く

肌寒く
肌寒く
心の隙間に
五月の雨は
降り続く

年を重ねて
83歳

生き生きとした
松の緑に
雨の中の松の緑に
我が心を
奮い立たせる

 (5月13日)




  1. 2018/05/13(日) 20:24:27|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ご訪問を頂き有り難う

長い間・・更新を休んでいました。
にもかかわらず、ご訪問応援をありがとうございました。
・・またコメントを頂き・・感無量です。

体調を壊して・パソコンから離れていましたらパソコンがストライキです。
・・こうなるとどうにもなりませんでした。
 幸いに大阪にいる長男が仕事で上京、立ちより見てくれ、
 親友のYさんが見てくれて更新できるようになりました。
・・ありがとう!。 




  1. 2018/05/09(水) 17:51:17|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

生きていました

生きていました
生きていました
歩けるようになりました
歩けるようになりました
杖を突いて
少しずつ
少しずつ
歩けるようになりました

有り難う!


5月8日19時47分



  1. 2018/05/08(火) 19:47:24|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

抜糸

11月26日整形外科診察
右目上抜糸
右鎖骨骨折は82歳という年齢なので
手術をしないで自然治癒を選択
2か月かかるとの事
・・日に日に痛みが和らぐ

ご訪問を頂き、コメントまで下さり有り難うございました。





拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください





  1. 2017/11/14(火) 08:54:52|
  2. 日々のできごと|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

骨折

10月26日・・意識障害を起こし転倒
右鎖骨骨折
右目上3針縫合

休養します
有り難うございました





拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください





  1. 2017/11/04(土) 12:22:32|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:5

身近なところに 

 
  身近なところに  いのうえ つとむ

白い雲に夢を乗せれば
その軽ろやかさに
・・心が広がる

野辺には花が咲き乱れ
虫の営みの小さな動きも
そのたくましさに 
・・心が躍る

梢で囀る
小鳥たちのコーラスの
その清々しさに
・・心が和む

遠くばかりに憧れないで
じっくり足元を
・・見つめてみよう

自分の足元の
・・なんと豊かなことか

身近なところが
どんなに素晴らしいことか
・・今また想う

(2017・10・19)



胸を病んで
悲しい日々を
涙に暮れていた
少年時代。

今また
加齢と病で
身体の不自由を感じる
・・でも
少しでも歩けることに
感謝!。 



ご訪問の皆さんに感謝して
有り難う!
ランキング2位(10月18日)
ランキング2位(10月19日)
ランキング2位(10月20日)
ランキング2位(10月21日)
ランキング2位(10月22日)
ランキング2位(10月23日)
ランキング2位(10月24日)
ランキング2位(10月25日)
















拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください








  1. 2017/10/20(金) 11:46:25|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

秋のバラ

撮影・nicoさん)
20071021213835.jpg


 秋のバラ  いのうえ つとむ

柔らかな
秋の日差しに包まれて
バラの花が咲いていた
独り寂しき女人のように
何処か物憂く
揺れていた

僕の心の奥底に潜むもの
それは
・・「孤独」
生れて来るときも一人
去り行くときも一人
何故か人恋しく思う

        
(2017・10・18)


ご訪問の皆さんに感謝して
有り難う!
ランキング2位(10月18日)
ランキング2位(10月19日)





拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください











  1. 2017/10/18(水) 06:53:08|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

思い出の詩・さあ!大空へ

//////////////////////////////////////////////////////

困難を重荷にしてはいけない
 英雄にとって   
  それは羽の重さであるべきだ  
 
                          (ウルガイの格言)

//////////////////////////////////////////////////////

さあ!大空へ   いのうえ つとむ

自分を重くしているのは
何だろう
心を重くしているのは
何だろう

困難という重荷
悩みも 
苦しみも 
悲しみも

それを翼に変えて
鳥の羽のように軽々と
さあ!大空へ
大きく羽ばたこう

二羽のコンドルが
大きな円を描くように
青空を心行くまで
楽しもう

 (2005・11・22)




しとしと
しとしと
秋の長雨が続きます
歩くこともできず
ただ
今日も
薄暗い空を眺めて
晴れ渡る
青い空を待ちながら
一日が暮れました



ご訪問の皆さんに感謝して!
有り難う!
ランキング2位(10月14日)
ランキング2位(10月15日)
ランキング2位(10月16日)
ランキング2位(10月17日) 
ランキング2位(10月18日) 
 
 




拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2017/10/14(土) 17:17:50|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

思い出の詩・木の葉

木の葉(撮影・nicoさん)
20061011114935.jpg


 木の葉  いのうえ つとむ

ふんわり
ふんわり
木の葉が空から舞い降りた
芝生の上に舞い降りた

ふんわり
ふんわり
白い雲が浮くように
芝生の上に浮くように

ふんわり
ふんわり
その身の軽さ
幸せ一杯背中に乗せて

ふんわり
ふんわり
重い心を浮かせてみたい
芝生の上の木の葉のように

 (2006・10・12)




杖を突いて
重い体を
よちよち歩き
いつか心も
ヨチヨチ歩き

そうだ
「唇に歌を」と
少年の頃に
学んだことを
思い出す


🌸 ご訪問の皆さんに感謝して!
    有り難う!
           ランキング3位(10月9日)
           ランキング3位(10月10日)
           ランキング2位(10月11日)
           ランキング2位(10月12日)
           ランキング2位(10月13日)
           ランキング2位(10月14日)


       

       




拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2017/10/09(月) 23:11:41|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

想い出の詩・涙・汗

撮影 かぜくさ・さん)
2120.jpg


(でんちゃん心の引き出し)

    

 涙  いのうえ つとむ

悲しいときも
嬉しいときも
頬に伝はるものは涙

悲しいときは胸を痛めて
嬉しいときは歓喜のあまり
涙 涙 心を洗う


 汗  いのうえ つとむ

額に汗を流して
止めどなく
頬に伝はるものは汗

体を使って
汗を流せば
滴る汗は心を洗う

かぜくささんの「滴」の写真をお借りして
(2007・3・5)




 涙と汗と

齢のせいか
・・涙もろい

かといって
・・少年の時の様な
・・青年時代の様な

胸をときめかし
胸を切り裂くような
激しい感動は無い

無我夢中で
働き
汗がしたたることもない

月夜の海岸で
波打ち際に
足を濡らしている様だ 


ご訪問応援の皆さんに感謝して
有り難う!
ランキング3位(10月5日)
ランキング3位(10月6日)
ランキング3位(10月7日)
ランキング3位(10月8日)
ランキング3位(10月9日)
 




拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2017/10/05(木) 15:16:07|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

想い出の詩・秋の日差し

秋の日差し  (撮影・雨さん)


20060930055833.jpg



 秋の日差し  いのうえ つとむ

木の葉に
木の葉の陰が落ちて
秋の柔らかな日差しが
揺らいでいる

夏の日焼けの肌を
乾いた風が心地よく
爽やかに
通り抜けていく

急いで 急いで
秋は足が速いから
ア ! という間に来るよ
雪の季節が・・

そして
また僕も年を重ねる

(2006・9・30)




一日一日が愛おしい
10年前も
僕は僕であった

そして今後
年齢をどれ程
重ねることが出来るだろうか


🌸 ご訪問の皆さんに感謝して
有り難う!
ランキング4位・・10月4日
ランキング3位・・10月5日 









拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2017/10/02(月) 10:09:45|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6

萩の花


なんとなく萩の花にはセレナーデ 
                     つとむ

杖を突いて
やっとの思いで
バス停まで歩いていると
萩の花が
微かに揺れて
今年も咲いていた。

入院している間に
・・8月は過ぎ
・・今は9月
停止していた僕の時間を
季節は通り過ぎて行く
でも僕は急がない。


ご訪問の皆さんに感謝して!



拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2017/09/28(木) 02:08:17|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

想い出の詩・足跡



🌸想い出の詩

 足跡  いのうえ つとむ
 
春夏秋冬
愛する人と
手をつないで生きていく

春は花や蝶と戯れ
夏は暑さにあえぎながら
秋は小鳥の囀る林を歩き
冬は純白の新雪を踏んで

二人で
愛の足跡を残して行く
人は一人では
生きていけないから

 (2006・3・26) 


・・若き人達の門出を祝いながら
・・自分の足跡を振り返る
・・そして残り少ない命
・・生き生きとした足跡を残したい


ご訪問の皆さんに感謝して!




拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2017/09/23(土) 12:45:40|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

想い出の詩・心の傷


🌸思い出の詩

 心の傷  いのうえ つとむ

満開の桜
ゆらゆら
風に揺れ
ほのぼのと
人肌の温もり

満開の桜
その幹に
昔の傷あり
花に見とれて
誰も気付かず

人もまた
心に傷を背負い
必死に生き
その微笑の陰に
誰も気付かず

(2006・4・4)


・・入院すると
・・ベットの上で
・・いろいろ心の旅をする
・・動けないから


いつも大変お世話になっております。
有り難う。
・・ご訪問の皆さんに感謝して




拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2017/09/20(水) 12:49:11|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

今再び


 今再び  いのうえ つとむ
焼け野原に
新芽が発芽するように
今再び
立ち上がり
歩き
歩き
元気に
生きて行こう
・・・・・
大きく深呼吸して


🌸
8月4日
救急車で運ばれた
そして入院
8月19日退院
・・ファーファリンの
誤飲が原因
・・恐るべし



🌸
パーキンソンとの闘病
そして薬の誤飲による
・・闘病
更新を休んでいる間にも
多くの方のご訪問を受けて
・・心から感謝します
有り難うございました。
これからも
宜しくお付き合いください。




拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください









  1. 2017/09/17(日) 21:17:01|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

若鮎・一句

若鮎の群れて遡上や店の先  つとむ
(わかあゆの むれてそじょうや みせのさき)

 
 若鮎   いのうえ つとむ

魚屋を覗いていると
生きているかと思うほど
綺麗な目をした
6センチほどの稚鮎に
・・僕は足を止めた
琵琶湖産の鮎だ
全国の河川に放流される
・・稚鮎だ
どう間違えてか
川にではなく
・・魚屋の店頭に並んでいた

✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾

清流を遡上する若鮎の姿を目に浮かべた。
・・もう、何年も鮎釣りをしていない。
🌸 運命とは・・河を遡上する鮎、店頭に並ぶ鮎。
         ・・人生もかくのごとし、かも。

俳句は楽しい
心の日記
感動の記録
先ずは
・・5・7・5
 

皆さんの応援に心から感謝して!
有り難う!
ランキング5位 7月6日
ランキング5位 7月7日
ランキング5位 7月11日
ランキング4位 7月12日






拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください













  1. 2017/07/06(木) 18:13:38|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

眼の中で

静かなる笑みこぼるるや濃紫陽花  つとむ
(しずかなる えみこぼるるや こあじさい)

✾ 目が良く見えて喜びに胸躍らせて・・幸せを噛み締める




  眼の中で   いのうえ つとむ

綺麗だ!
心の中で呟いた
ピンク色と
エメラルドグリーン
・・オーロラー中にいるようだ

綺麗だ!
とにかく綺麗だ!
一点の汚れの無い
脳が映し出す世界
・・心の中の色彩

眼球の手術です
白内障の手術です
「あと三分の一ですよ」
と先生の声がする
・・夢のような時が過ぎる


水晶体が剥がされて
そこにレンズが入れられた
スリガラスの視界から
透明な美しい世界に変わった
・・生きていることのこの喜び


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月1日右目
6月8日左目
・・白内障の手術ををしました
・・成功しました
・・時計の長針はわずか30分ほど



俳句は楽しい
心の日記
感動の記録
先ずは
・・5・7・5 

ご訪問応援の皆さんに感謝して!

※ 更新を長く休んでいましたが、
  ・・温かい応援に心から感謝!します。




拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください









  1. 2017/07/01(土) 00:17:22|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:5

ぬり絵・一句

新緑や幼児のぬり絵はみ出して  つとむ
(しんりょくや ようじのぬりえ はみだして)


  ぬり絵  いのうえつとむ 

おじいちやん
こんどくるとき
ぬり絵
かってきてね・・と
孫の栞との約束

約束どおり
ぬり絵とクレヨンを買って行った

一生懸命
ぬり絵に色を塗っても
・・線より
勢いあまって
はみ出してしまう

嬉しそうに
僕を見上げる
黒い瞳が
・・・・・・
何と澄んでいることか

✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾✾

白内障は日に日に悪化して、
文字はダブり人の顔も
目の前に来なくては判別がつかない
・・初夏の日差しに包まれて
緑の木々が生き生きと眩しい


俳句は楽しい
心の日記
感動の記録
先ずは
・・5・7・5 


ご訪問応援の皆さんに感謝して!

※ 更新を休んでいましたが、
  ・・温かい応援に心から感謝!します。

有難う!ランキング9位 5月28日 




拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2017/05/28(日) 13:44:26|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

躑躅・一句

赤きつつじ園児の帽子みな黄色  つとむ
(あかきつつじ えんじのぼうし みなきいろ)


※ 俳句の推敲
つつじ満開園児の帽子みな黄色  
(つつじまんかい えんじのぼうし みなきいろ)
・・赤と黄色を対比して色彩を鮮明にした 
赤きつつじ園児の帽子みな黄色  つとむ
(あかきつつじ えんじのぼうし みなきいろ)



 躑躅の咲く道   いのうえ つとむ

団地の道は
躑躅が咲き乱れている
・・何時も見慣れていると
・・それが当たり前に
・・思う

身近なところに
一杯
見事な花が咲いているのに
気が付かない
幸せに気が付かない


🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸


先日、この団地から
10年前に越されて行かれた友人と食事を共にしたとき
「ツツジが綺麗な団地ですねー」と言われました。
・・見事に手入れをされた躑躅の花を見直した。
そこに黄色い帽子の幼稚園児が列を作り通って行った。
園児たちの元気な声に耳を傾かながら
しばらく躑躅を見ていた。


俳句は楽しい
心の日記
感動の記録
先ずは
・・5・7・5 


ご訪問応援の皆さんに感謝して!

※ 更新を休んでいましたが、
  ・・温かい応援に心から感謝!します。

有難う!ランキング4位 5月10日
有難う!ランキング4位 5月11日  
有難う!ランキング4位 5月13日 
有難う!ランキング4位 5月14日 
有難う!ランキング4位 5月15日 





拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2017/05/10(水) 18:29:28|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:5

五月賛歌

手を伸ばし脚を伸ばして五月晴れ  つとむ
(てをのばし あしをのばして さつきばれ)


  五月賛歌    いのうえ つとむ

背中を丸めて
心を閉じちていては
いけないよ

手を伸ばし
足を延ばして
まず・・歩こう

太陽の光を浴びて
大きく深呼吸しよう
五月が燦々と輝ている



🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸


4月21日の誕生日も
4月25日の35年目の結婚記念日も
するするすると通り過ぎてしまった。
・・テレビに青い花(ネモフィラ)が一面に咲く
・・小高い丘の景色が映し出されて
次男が「行ってみようよ、明日6時出発だよ」と
5月2日の連休前に
茨木県の『ひたち海浜公園』に連れて行ってくれた。
青い五月の空がそのまま青い花の丘に連なり一面の花園。
手に取れば蓮華ほどのひ弱な青い小さな花だ。
それが何百万本も集まり目を奪われるばかりだ。
広い公園は公園バスで一周したが原生林もあって
ストレス解消の一日であった。


俳句は楽しい
心の日記
感動の記録
先ずは
・・5・7・5 

ご訪問応援の皆さんに感謝して!

※ 更新を休んでいましたが、
  ・・温かい応援に心から感謝!します。
有難う!ランキング4位 5月10日





拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2017/05/07(日) 11:10:41|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

パステル画

桜満開見るものすべてパステル画   つとむ
(さくらまんかい みるものすべて ぱすてるが)

  パステル画    いのうえ つとむ
向こうから来る人は誰?
あの歩き方は誰だろう
10メートル
5メートル
3メートル
やっとわかった
桜は満開
見るものすべてが
パステル画

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸
 

白内障が日に日に進んできて
おまけにパーキンソン病
・・元の病は糖尿病
糖尿を甘く見ていたら
この始末
・・病抱えての人生
あれもこれも楽しもう!


俳句は楽しい
心の日記
感動の記録
先ずは
・・5・7・5 


ご訪問応援の皆さんに感謝して!

※ 更新を休んでいましたが、
  ・・温かい応援に心から感謝!します。

有難う!ランキング5位 4月14日
有難う!ランキング5位 4月15日
有難う!ランキング5位 4月16日
有難う!ランキング4位 4月17日
有難う!ランキング5位 4月19日
有難う!ランキング4位 4月21日
有難う!ランキング5位 4月22日
有難う!ランキング5位 4月24日



拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2017/04/14(金) 18:34:22|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:3

桜の俳句

桜さくら瞼閉じても咲きいたり   つとむ
(さくらさくら まぶたとじても さきいたり)
※ 白内障で見事な桜も見ずらく、目を閉じても桜の花が咲き満ちている


満開の桜体温ある如く
(まんかいの さくらたいおん あるごとく) 
夢でしか逢瀬の吾娘や桜山
(ゆめでしか おうせのあこや さくらやま) 
十八の菊の日またず陽子逝く
(じゅうはちの きくのひまたず ようこいく)
※(三句 木語・山田みずえ選) 

末の娘、陽子が高校生の時、交通事故でこの世を去った。
俳句は嬉しい事も悲しい事も心の記録になると思う。


俳句は楽しい
心の日記
感動の記録
先ずは
・・5・7・5 


ご訪問応援の皆さんに感謝して!

※ 更新を休んでいましたが、
  ・・温かい応援に心から感謝!します。

有難う!ランキング12位 4月10日
有難う!ランキング9位 4月11日
有難う!ランキング9位 4月12日
有難う!ランキング6位 4月13日
有難う!ランキング5位 4月14日








拍手喝采!・・パチパチ
←ここをクリックみなさん応援してください




  1. 2017/04/10(月) 11:24:51|
  2. 私のうた|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4
  次のページ >>